FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これで銅だ!?

リンクねたです。
ボウフラ対策に銅が有効という話。
うちの庭も奴らに制空権を取られているので銅メッシュで試してみましょうかね。

10円玉で蚊、撃退
スポンサーサイト

3倍早いバンソウコウ

自転車で遠方に出かける時はパンクに備えてチューブ用パッチを携帯するようにしてますが、同時に怪我に備えて人間用パッチも携帯するようにしています。いわゆるバンド・エイドなんですが最近ジョンソン・エンド・ジョンソンの「キズパワーパッド」という新しいタイプの製品が出てきたのでそれを買ってみました。売り文句は「キズを3倍早く治す」だそうで思わず赤いバンドエイドかと思ってしまいましたがちょっと違ってました。

古都ポタの時にちょいと怪我をして実際「キズパワーパッド」を使う機会があったのですがちょっと普通のバンドエイドと勝手が違ってまごつきました。外観からしてバンドエイドとは全然違いブヨブヨしたプラスチック板の用な感じです。バンド・エイドは応急的な傷覆いですが「キズパワーパッド」は傷の自己治癒を補助するツールなのですね。なので使い方を間違えると全然有効に働かないということになってしまします。

「キズパワーパッド」は傷口を密封して傷口からにじみ出てくる体液(浸出液)を保持し皮膚の自然治癒力を高めるのだそうです。この浸出液には細胞の再生や成長を促進する成分が含まれていてそれらを有効に利用することでより早く皮膚を再生させる助けをするということです。でその使い方ですが、

・傷口は水道水などで洗っておく。
・消毒薬を塗った場合はそれらを残さないように水道水などで洗っておく。
・パッドを取り出し、手の平で約1分暖める。(柔らかくする)
・まず緑色の文字が書かれた方の保護紙を剥がす。(こちらが上側)
・次に白い保護紙を剥がしてパッドを傷口に粘着するように傷口に貼りつける。
・貼り付けたパッドを手の平で約1分抑えて暖める。(より密着させる)

これでそのまま風呂に入ってもOK。最大で5日間交換しなくてよいそうです。傷口を密封して浸出液で傷口を満たしパッドを貼った後、傷口からの浸出液で傷周囲が丸く膨らんできますがそれで良いのです。実際今回特に消毒もせずに負傷後にそのまま貼ってしまいましたが、まるく傷周囲が膨らみ、5日後に剥がしてみるとほとんど傷は治りかけてました。雑菌が入ってなかったから直りも早かったのでしょうね。普通のバンド・エイドとは働きが違うので使用前に取説を熟読してから使った方がよいでしょう。なお製造はコロブラストというデンマークの会社で医療機関用に開発されたもののようです。

 ・キズパワーパッド

自宅サーバー・ダウン

FreeBSD4.6.2で3年ほど安定稼動していたサーバーのドライブがダウン(ブートはすれどファイル・システムのマウントで失敗してしまう)したためブログ、メールを含めて全サービスが停止してしまいました。なんとかサルベージしようと思いますが

う?ん、めんどくさい(爆)

のでとりあえずこちらにブログのみ新設しました。ハード・ディスクのサルベージがうまくいけば以前どおりに復旧する予定ですが今のところ何とも言えません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。