FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nebulaのオイル

久しぶりの自転車ネタです。これは4年ほど前に故Nebulaさんが発案した自転車用チェーン・オイルの話です。当時、Nebulaさんはオランダ製のリカンベントがお気に入りでよく乗っていました。このリカンベントは構造上どうしてもチェーンが長くなり、通常の自転車の2?2.5倍程度長いチェーンを使って駆動します。Nebulaさんが気にしていたのはこの長いチェーンによるエネルギーロスでした。まあ普通はそんなことよりタイヤの転がり抵抗などの方を気にする人が大半だと思いますが、リカンベント乗りとしては塵も積もれば山となるということで何とかしたかったのでしょう。対策として自動車用のGRPスプレーオイルがチェーン用に有効だと分かって利用していました。まわりの自転車乗りにもGRPをさかんに勧めていました。その彼がGRPオイルよりも良いチェーン・オイルとして発案したのが名づけて「Nebulaのオイル」でした。

その作り方を書いておきます。でないとこの情報は永遠に失われてしまいますからせめてここに書き残しておいて必要な人が検索なりで辿り着けばといいなと思います。まず素材ですが、
琥珀
・スクワラン・オイル
この2点だけです。

どうして琥珀なのか?今となってはそれは不明です。Nebulaさんの直感としか言いようがありません。まあ普通思いつく材料でないことは確かですね。私も聞いた時はびっくりしました。早速琥珀を手に入れようとしたのですが、調べてみると漢方で薬として用いられるということが分かり、秋葉原にある大きな漢方薬局まで行って買ってきました。薬として販売されているものですから結構高かったです。(値段は失念。)漢方薬としてではなく、工業素材として入手すれば安く買えるのかも知れません。あとは日本橋の試薬屋さんでスクワラン・オイルを1瓶買いました。あとは琥珀を砕いて細かくするだけです。琥珀は固まった黒砂糖のような感じでそう硬くはありませんが、粉末状にするにはそれなりの根気が要ります。東急ハンズで買った乳鉢で2?3時間ゴリゴリとやった記憶があります。そうしてできた琥珀粉末をスクワラン・オイルと混ぜて出来上がり。混ぜる比率は忘れました(笑)。琥珀自体が油に溶けるということはないと思いますので、多過ぎても問題はないでしょう。逆に少な過ぎると効果が薄れてしまう心配があります。完成したオイルは茶色い液体となっているはずです。この状態で何日か経つと琥珀が沈殿して油と分離してしまいますが、再度攪拌すればOKです。

当然ですが、塗る前にチェーン自体をクリーニングして汚れを落としておきます。以前のオイルを脱脂して落としておくと一番良いです。それから小瓶に小分けにしたオイルをまず振ってから適当な大きさの筆でチェーンに塗っていくだけです。当時私はGRPの効果に惚れていましたが、漕いでみてGRPオイルとはまた違う感触を感じました。一言で言うとシルキー。GRPは純粋にスムーズなのですが、NebulaのオイルはGRPと同等にスムーズでさらに柔らかい・やさしい(?)ような感触が脚から伝わって来ました。たぶん誰でもこの違いは分かると思います。

最初はジャリジャリするんじゃないの?と思いましたが、Nebulaさんによるとオイル中の琥珀成分はチェーンの動きによってどんどん粉砕されてしまうそうです。その効果は2週間程度持続したように思います。ただGRPのような工業オイルではありませんから、耐久性や耐寒性などの問題はあると思います。それほど長い期間に渡ってテストした訳ではないので、その辺は未知数です。コストの問題がありますが、スクワラン・オイルよりも良い油があるかも知れません。

このチェーン・オイルを作ったのは今のところNashただ一人だけです。NebulaさんがどういうつもりでこのオイルをNashに作らせたのか、それは分かりません。でも自転車が大好きだった彼のことですから秘密にしておくつもりはなかっただろうと思います。自転車のチェーン・オイルとしての発案でしたが、何か別の思わぬ応用というのも有るかも知れません。もしそんなことがあったら彼もきっと喜んでくれるに違いないと思います。

スポンサーサイト

日本カメラ5ページぶち抜き記事掲載記念飲み会

20091120-1.jpg


今月号の「日本カメラ」誌12月号に《眠っていた銘玉シネレンズがマイクロフォーサーズで蘇る!!》という題目でシネレンズ特集が掲載されました。なんと5ページぶち抜きです。うん十年以上も前に作られたマニュアルレンズの特集とは日本カメラさんも度胸があります。その記事執筆は5名でされたそうですが、シネレンズ火付け役のlloyd365さんからお誘い頂いて記事掲載記念飲み会に行って来ました。都内のしゃれた飲み屋でレンズマニアがシネレンズを酒の肴にレンズをとっかえひっかえしながら、ねっとりと濃い楽しい時間を過ごすことが出来ました。

怪しいシネレンズが次から次へと出てくるので大変目に毒ですが、まあしかたありません(笑)。この記事掲載をきっかけにさらにシネレンズが盛り上がれば楽しいと思います。が、最近のマイクロフォーサーズ勢力の勢いを見るとシネレンズ相場の暴騰になるかも。


20091120-2.jpg
E-P1に装着されたド迫力の仏サンベルチオ極太Cマウントズーム


シネレンズの楽しさはまずその描写が第一だと思いますが、オートフォーカスでなくマニュアルフォーカスだということも要因としてあるような気がします。大切な写真の要素であるフォーカシングのコントロールを人間に取り戻して、コントロールすることの楽しさ(苦しさ?)を味わうのも大いに意義があると思います。最近のカメラを向ければ撮れちゃうというデジカメへのアンチテーゼと言ってもいいかも知れません。


いかす自転車

20091017sekido-1.jpg


先週の関戸橋でのフリーマーケットに行った時にイカす自転車を見つけました。実はこれ、ある出店者のバイクでどうもオーナーは外国の方のようです。いろいろなクラシックパーツを出品していました。最新のカーボンバイクもいいですが、こんなクラシックバイクも素敵ですねぇ。スピードは出さずにまったりゆったり街中を走り回ったりとか。まさに大人の自転車と言う雰囲気です。フレームカラーと同じ色のフェンダーもいい感じを出しています。クラシックバイクの知識はありませんが、こういうのには憧れてしまいます。Legnanoというメーカーのようです。(もしかしてイタ車?レニャーノ?)


20091017sekido-2.jpg
ホワイト・タイヤ!


20091017sekido-3.jpg
ギア構成はフロント・シングル、リア4段とシンプル

チューブレスか?軽量か?

久しぶりにシマノのサイトを覗いてみたら色々と新製品情報があって、その中にWH-6700というホイールがありました。クリンチャー用ですがチューブレス対応のホイールです。他サイトで実売価格を調べてみると・・・・前後ペアで36,000円切っているところも!チューブレス仕様でとうとう大衆価格品が出たのですね。これはびっくりです。最近はチューブレス・タイヤも色々と出てきましたからこれはお試しに最適かも知れません。走行抵抗がより低いとか、快適性も向上とか言われていて使ってみたいとは思っていました。チューブレスとはいってもチューブを入れても使える訳でほとんど抵抗感はありません。それにこの価格なら普段使いに投入出来ます。

そして他のホイールも眺めてみると、台湾NovatecのSprintにもびっくりしました。Novatecは旨い・早い・安いで定評がありますが、このアルミホイールは前後で1398gと1.4kgを切っていてさらに実売価格も6万を切っています。ホイール軽けりゃ財布も軽い、というのが業界の長年の習わしですが、このSprintはその常識に真っ向から立ち向かっています。これに軽量タイヤの組み合わせなら自宅前の激坂も楽チンなのかも知れません。さーて、どうしたものか?

南米号復活

ロードバイクを盗まれて以来のロード無し生活、やはりどこかにちょっと走るというのが出来ないのは不便です。で、ベランダに放置してあった南米号を復活させました。南米号の生れは福岡の南米商会で、誰かがツーリング用にオーダーした車体のようです。めぐりめぐってNashの所にやって来たのですが、フレームサイズが2cmほど大き過ぎでVeneziaが有った時はほとんど乗りませんでした。なので2年以上は乗っていませんので各部をチェックしました。

まず前輪、これはVeneziaのオリジナル・ホイールがあったのでそれと交換です。タイヤはパナレーサーCloserで今回初めて20mm幅を使ってみることにしました。重さ190gで値段も安かったので採用です。チューブはミシュランのラテックス・チューブ。ラテックス・チューブは値段高めですが、空気圧をうまく調整するとモチモチ感(?)が出ます。細めの前輪で走行抵抗を低めにしてエアボリュームが少ない分の振動吸収をラテックス・チューブで補えないか、という作戦です。

後輪はエアーを入れてみるとスローパンク状態。パナレーサーのVariant(23mm幅)自体は問題なさそうなのでリムテープ、チューブだけ交換して続投としました。若干振れがありましたので初めて自分で調整してみましたが15分ほどやって何とか実用上問題のないレベルに抑えることが出来ました。

この状態で近所をちょこっと試走してみると、どうもポジションが前のめり過ぎのようです。これではリラックスした姿勢で走行が出来ませんので要調整です。幸いLOOKの可変ステムなので調整はレンチ1本で自由に調整出来ます。この車体、フレームサイズが大き過ぎなのですが、乗ってみると一種の安定感を感じます。この安定感というのはクロモリのフレームから来る特性なのかも知れません。逆に言えばとんがった特性が無いとも言えます。でもレースに出る訳でもないのでこの特性の方が望ましそうです。これでもっと軽ければ理想的なのですが。

自転車泥棒

「自転車泥棒」というイタリア映画の名作がありました。仕事で使う自分の自転車を盗まれてこのままでは仕事が出来なくてクビにされてしまう、さてどうしましょう、という物語です。主人公の気持ちがよく分かります。というのもNashの自転車が盗まれてしまったから・・・・

火曜日の夜7時、渋谷の事務所から帰ろうとしてすぐ近くにロックしておいたロードバイクのところまで歩いて行きます。が、バイクの姿が見えません。「アレ? もう少し先だっけ? あれ? ア、アァーッ!」見事に歩道から消えていました。ガードレールのパイプに繋いでおいたのに。

Marin製のロード、Veneziaは確か2007年1月にnekonoさんがサイズが合わないので廃棄処分するというのをNashの家の庭先に廃棄してもらったものです。ちょうどよいフレームサイズでいろいろといじくった結果非常に自分の体に馴染むようになりました。特にクランクを短くしたのがとても気に入っていたのですごく残念です。特別高価とか有名なバイクという訳でもないので普通アマチュアだったら手を出さないでしょう。となるとプロか?真相は分かりませんが、渋谷駅近くの246号線沿いの歩道ですから人通りも少なくないはずで、犯人は非常に大胆です。たぶんもうVeneziaと再会することはないと思います。

でも、もしかするとこれは不幸中のラッキー?ひょっとしてあの日、乗っていたら事故っていたかも知れない。事故らないまでもろくでもないトラブルに巻き込まれたかも知れない。その為に神様が誰かに盗ませた、そんな風に考えるようにしましょう。日本経済のために新しいのを買えという天の啓示かも知れませんし(笑)。乗ってみたいのはいろいろあるので暫くは煩悩三昧というところです。


関戸橋のサイクル・フリーマーケット

20090418furima-1.jpg


久しぶりにロードバイクに跨がって多摩川の関戸橋へ。自転車に乗るのは3ヶ月ぶりでさすがに脚が錆びているようで大した距離じゃないのにきついです。10時過ぎに関戸橋に到着すると恒例の自転車フリーマーケットは大盛況でした。目当てのお店(?)を探してうろつきましたが見つからず、携帯でDFR.@XRFさんにかけてみると反対方向にいることが分かりました。場所取りは早い者勝ちなので特定の店を探すのはなかなか難しいです。

ご無沙汰していた拝御さん、toMoさん、DFR.@XRFさん、yumoさんと再会。拝御さんは自著の輪行本シリーズの行商、toMoさんはマンボウ通信局ブランドで出店、DFR.@XRFさんとyumoさんはそれぞれ自分のtikitをお披露目、とそれぞれの目的で来ていました。

20090418furima-4.jpg
yumoさんのtikit(Ssize)    DFR.@XRFさんのtikit(Lsize)


さて前から注目していたバイクフライデーのtikitですが、DFRさんのがLサイズ、yumoさんのがSサイズとフレームサイズが違うのでかなり大きさが違いました。早速yumoさんにお願いして試乗させてもらいましたが、よく走ります。H型のハンドルとバエンドレバーの組み合わせも使い易い印象でした。知らなかったのですが、tikitにはオプションでフレームにワイヤーを仕組んでワンアクションでフレームを展開したり畳んだり出来るようになっています。このいかにもアメリカンな発想にはちょっとびっくりです。バイクフライデーの宣伝動画で見せていたのはこちらのオプション付きの方だったのですね。オプション無しの場合はスリータッチという感じでしょうか。といっても折畳むのは非常に簡単です。このtikit、走行性と輪行性能がバランスしていて素材がスチールという点に心惹かれます。カーボンとかアルミですとあとあとに何とかしたい点が出てきてもお手上げですが、スチール素材ならば何とか出来るからです。

20090418furima-2.jpg


まんぼう通信局では局長自作による外付けポケット、布巾や手拭い素材のサコッシュ、怪しいスポークカード、ANT本が陳列されてました。サコッシュは軽いけどかさばるような物(パンとか)を放り込んで走るのには重宝しそうなので購入させていただきました。次回出店時にはガーゼ素材(!)のおしゃれな自転車用シャツを出したいそうです。当日toMoさんがプロトタイプを着ていましたが、ベンチレーションも考えられていてメッシュのアンダーと組み合わせると快適なんだそうです。これは次回のフリマが楽しみです。

拝御さんは持ってきていたDMC-G1とシネレンズの組み合わせにいたく心惹かれた様子で、もしかしたら悪い病気が感染?かも知れません。カメラを手にすると何やら熱心に周囲を撮りまくっていました。

昼頃には大概の店は畳んで撤退し始めますのでこちらも解散。帰り道はDFR.@XRFさんと一緒に向ヶ丘遊園駅まで走ってDFR.@XRFさんは輪行で帰宅、Nashは真っ直ぐ家へ。例によって自宅前の坂でも懸命にもがきますが、あやうくインナー・ローで脚を付くところでした。 orz
これはちょっと鍛え直さなければ・・・

G1テストシュート

新橋の浜離宮庭園です。久しぶり(20年ぶり?)に行きましたが、周りの様相は全く変わってしまっていました。周囲は高層建築ばかりでこれでは風が抜けずヒートアイランド化するのも当然でしょう。浜離宮の緑がなかったらさらにひどくなっていたかも知れません。

今回の撮影ではレンズはKern-Paillard Switer 25mm/f1.4だけ。フォーサーズなので画角は35mm版の50mm相当になります。全てJPEGのラージサイズで撮り4000x3000から400x300に縮小してありますので分かり難いと思いますが、「なんじゃこりゃ?」な描写です(笑)。メーカー純正レンズでは有り得ない世界ですね。絞りは全て1.4?2.8で絞り優先で撮影していますが、対象はキリリと写り、周辺はグッとボケてコーナーは強力に流れて減光します。このレンズで撮ると楽しくてしかたありません。


20090410-1.jpg



20090410-2.jpg



20090410-4.jpg



20090410-5.jpg



20090410-6.jpg



20090410-8.jpg



20090410-9.jpg



20090410-10.jpg







マホガニーの誘惑

前に竹製バイクの記事で日本のメーカーもチャレンジして欲しいものだと書いたのですが、日本にもいました。トトさんからいただいたコメントで知ったSANOMAGICというメーカーです。いやメーカーというよりも一人の船大工がチャレンジしていました。佐野さんという方なのですが、本職はヨット・ビルダー、それも木製ヨットを作っているそうです。ヨットのことはさっぱり分かりませんが、木製にこだわる理由があるようです。その佐野さんが2007年から自転車の製造にもチャレンジを始め、現在何人かの方がそのバイクを所有しているようです。(イタリア在住の日本人の方も木製バイクを作ってらっしゃるようですが、海外なので実車を見ることができません。)

びっくりしたのはその造りの美しさ!積層マホガニーを加工して作られたフレームやリムは見事です。美しいだけではなく充分に軽量なことも凄いところです。(木製リムはアルミ製リムより軽量。)シートチューブのみ金属パイプを使い(マホガニーでカバーされているので外見上分からない)、駆動メカ以外は徹底的に木製ですが充分な強度を確保しているとのこと。このマホガニーという素材は時間が経つと赤味がかってますます美しくなるのだそうです。写真をみるとほれぼれしてしまいます。パーツのみの販売も可能という話なので俄然興味が出てきました。木製完成車となるとかなり高価ではないかと思いますが、パーツレベルで購入できるならば今乗っているバイクをハイブリッド化することが出来ます。以前から木製リムの良さは聞いていましたのでこのリムとチュブラータイヤの組み合わせは素晴らしいでしょうね。対抗馬として考えられるのはカーボン・リム+チュブラーか、チューブレスといったところでしょうか。脳内が悶々としてきました(笑)。

SANOMAGIC
Wooden Bycycle

気になるバイク

バイクといってもロードバイクですが、気になるのがあります。それはCalfee DesignのBambooというモデル。素材はなんと竹!最初はエイプリルフールねたか?と思ってしまいましたがマジなのでした。竹のしなりがどんな感触になるのか乗ってみたいです。素晴らしいのは試作品とかそういうレベルではなく、ちゃんとプロダクトとしてカタログに載っていて誰でも注文出来ることです。お値段も作りを考えればそう無茶苦茶には高くありません。それに余程自信があるのか10年保証となっています。こんなフレームにチューブレスタイヤで走ったら快適でしょうね。でも乗るのがもったいなくて床の間バイクになってしまう可能性も高そうです。

bamboosmall.jpg


Calfee Designはガーナでも竹バイクを作っているようです。こちらは実用車という感じで学生達が竹で作っています。日本のメーカーも新素材の追求だけでなく、このようなチャレンジもして欲しいものです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。