FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小径OFF@皇居

「まったり部屋」経由でganさん主催の小径オフ会が皇居前で開かれるということで行って来ました。祝田橋付近で12時からということでしたので10時50分に出動。アナウンスによると小径オフですがヘンなバイクも可ということなので昨日メンテ完了させたBikeEで出動します。久しぶりに乗るリカンベントは新鮮そのもの。目の前の空間が全開で気持ち良いことこの上ありません。ディレーラーをトップ・ノーマルに交換したおかげで変速も小気味よく決まり快適に漕ぐことが出来ました、途中まではね・・・・246号から三宅坂を脚をふんばりながら上がっている最中、ギアのインデックスが合わずガチャガチャ、ガリガリの連続となってしまい、結局重いギアでヒィヒィ言いながら坂を上がらなければなりませんでした。これってリカ乗りの天国と地獄ですね。

途中寄り道なるしまフレンド店に寄り道したせいで12時ちょい遅れで祝田橋に到着。既に怪しげな車体が数台、それとtoShiさんがお待ちかねでした。ganさんは一目で判りましたので軽くご挨拶。toShiさんはHelios改で来ていました。このHeliosはほとんどオリジナル・パーツは残ってないほどチタン化改造されて激軽仕様となっています。(写真撮影失念。)少し遅れてNebulaさんがM5CMPCTで、xidaさんがMC-1で到着。だべっているうちにyoshiえ!?さんもMC-1で到着です。徐々にいろいろな車体が集まってきました。怪しい車体ばかり集まって集合写真をパチリ。

リカンベント集合


こんだけ色々なリカベントが並ぶと迫力があります。

リカンベント集合2


手前がganさんの愛車。これに乗るのはいろいろな意味で度胸がいりそうです。クイッと曲がったフォークがなんともセクシーです。
後半になってから下ハンドルのリカンベントが3台も突入してきました。やっぱり下ハンドルのリカベントは憧れてしまいます。(怖くて乗れませんが。)オーナーの乗りこなしを見ているとほとんど曲技って感じで車体をコントロールしてます。慣れればあんな風に乗れるんかいなぁ?

アンダーステアリング車


集まった小径車を見ているとけっこう勉強になることがあって参考になります。お互いに情報交換が出来るのがオフ会の醍醐味ですね。参加されてたうち唯一人の女性ライダーのDahonもいろいろ工夫されていて印象的でした。Nebulaさん、toShiさんはあちこちで油を売って、いやGRPオイルをアチコチの車体に噴霧しては「ほらね!」としたり顔です。

MC-1の輪行スタイル


xidaさんはMC-1の輪行方法をデモストレーション。畳んだ状態で自在に転がせてそのまま荷台にも座れちゃうMC-1は小径オーナーから注目を浴びてました。Yoshi?!さんのMC-1は後ろのサイド・バッグが注目です。なんとスエーデンかスイス軍の防毒マスク入れだそうで換え着などが入っているそうです。

防毒マスク用ケース


試乗や歓談しているうちに腹も限界に近くなってきたため皆さんにお別れを告げ、Nebulaさん、toShiさん、Xidaさん、Yoshiえ?!さんの5人で東京駅南口のインデアン・カレーを目指して出発。インデアン・カレーは今回で3回目となりますが、だんだんその正体が見えてきたような気がします。本体はかなり辛いカレーですがそれにオブラートをかけるようにして何かの果汁系で甘味付けをしているようです。この2色の味付けであのような巧みな感触ならぬ味触を作り出しているのでしょう。

食べ終わった後で「次はどこへ?」との話になり、どういう訳か一向は神保町の「エチオピア」へ向かうことに。Yoshiえ?!さんは「もう満杯なので勘弁・・・」ということで途中で分かれましたが残り4名は約10分ほどでお店に到着。エチオピアは以前よく行ったこじんまりした学生街のカレー屋さん。薬膳風カレーでなかなか美味しいと思います。Nashも1年ぶりくらいなので久しぶりに味わいたいところですが15分ほど前に食べたばかりのインデアンがかなり効いてます。

「エチオピア」は注文時に辛さが0倍(?)?70倍(!)まで指定できます。今回1倍で頼んで見ましたが妥当な辛さでした。結局Nash以外は皆さん完食!さすがです。体が低重心になった状態で店を出ました。これ以上は無理ということで本日はこちらで解散です。あぁぁ、ペダルが重?い。特に帰りの坂道が辛いことよ。今日は特にこれといったテーマのないまったりとしたオフ会でしたがたまにはこういうのも良いですね。
【“小径OFF@皇居”の続きを読む】
スポンサーサイト

気になるトレーラー Monoporter

自転車で移動する時よく問題になるのは荷物をどう運ぶか?じゃないでしょうか。一番よく見かけるのはバックパックを背中にというスタイル。自転車側は何もいじらないので確かに簡単である程度の量は運べます。が背中に荷物しょって漕ぐのは快適とは言えないですね。汗の問題もあってなるべく避けたい方法です。なので自転車側にバッグを固定する方法を好んで採用しています。主にリクセン・カールのものを使っていますがアダプターさえ車体に付けておけば用途に応じて複数の自転車で自由に付け替え出来るのでとても便利。ドイツ製ということで作りもしっかりしています。アダプターの耐荷重も7Kgまであるので普通の買い物程度なら充分です。

しかしそれ以上となると何か他の手段を考えなければなりません。で気になるのは同じくドイツ製のMonoporterというもの。1輪方式のトレーラーです。

Monoporter


ホームページはドイツ語だけなので読みにくいですがスペックは、
 ・重量 5.75Kg
 ・ホイール 20インチ
 ・長さ 1.5m
 ・最大荷重 25Kg
となっています。

この手のものとしては軽い方じゃないでしょうか。(国産のトレーラーを調べたら10Kg超えてました。)それに1輪車方式というのも気に入りました。幅が狭いので取り回しもし易そうに思えます。価格は52,000円位のようです。果たして荷物を積んで坂道なんか上がれるのかしらん?

明日は小径オフ会

明日は12時頃から皇居前の祝田橋付近でganさん主催の小径オフ会に行ってきます。という訳で準備、準備と。

小径車もしくはリカンベントな人が集まるらしいので久しぶりにPurple BikeEで出動することに。しかし、うっかりしていましたがディレーラーを交換しなければいけないのでした。今使っているのはDeore LXですがロー・ノーマル仕様。しかしシフターがCaplioのものなのでこちらはトップ・ノーマル仕様となってます。シフターとして動作には問題ありませんが、
 ・シフト・アップするとシフト・ダウン
 ・シフト・ダウンするとシフト・アップ
という具合で走行中いつもの慣れで無意識に操作すると「?!」ってことになります。特に坂道なんかで逆に切り替えてしまうとツライことになります。

対策としてディレーラーもトップ・ノーマル仕様のものに交換すれば解決なので物だけはヤフオクでゲットしてあったのですがそのまま放置されてました。今日の午後、重い腰を上げて交換作業です。交換するのはトップ・ノーマル仕様のDeore XT。最近まで知らなかったのですが、ロードバイクはトップ・ノーマル(ケーブルを引かない時トップになる)、MTBはロー・ノーマル(ケーブルを引かない時に最もロー側になる)なんだそうです。走行する条件の違いでそれぞれ都合が良いようになっているらしいのですが、シマノはMTB用にトップ・ノマル仕様のディレーラーを出していました。どうしてこういう製品が必要とされるのかはよく分かりませんがなんらかの必然性があるのでしょうね。

ディレーラーの交換ついでに2個のプーリーも外してGRPグリースを吹き付けておきました。本当は2個ともXTR用のベアリング入りプーリーに交換すればベストなんですが。とりあえずこれで準備OK。明日は久しぶりにリカンベントを楽しむつもりです。

MC-1通勤復活

度重なるチェーン外れで嫌気がさしてしばらく代車(Brompton)で通勤していましたが、ようやくチェーン・リングとチェーンを交換してみたところ、嘘の様にどんなにしてもチェーン外れしなくなりました。楕円ギアのせいで外れ易かったのかも知れませんが、主な原因はチェーンの伸びだったようですね。

まったく同じリンク数(98リンク)でデュラエースのチェーンに変えたのですがどんなに変速しても問題なし。嘘の様にチェーン外れ現象は消えてしまいました。前のチェーンは3500Kmは走りましたからやはり交換時期に来ていたんでしょうか。MC-1での通勤は体がMC-1に適合してしまっているせいか、Bromptonと比較するとなんともラクです。しかし、別の問題が。

暑?い、それもとっても。(^^:)
何時の間にかもうそういう季節なのですねぇ。

自転車通勤を再開

ひさしぶりに自転車通勤を再開。2週間もブランクが空いてしまいました。天候が良くなかったせいもありますが突然両足の太ももが激痛に襲われるようになり、自転車通勤を止めてました。1?2分歩いただけで太ももに違和感が出て、その後どんどん筋肉がビリビリと痛み始め硬直したようになってしまう症状が繰り返して発生した為です。これが出るとほとんど這うような速度でしか歩くことが出来なくなってしまいます。

最初は去年起きた痛風の発作かと思いました。去年は左足の親指の付け根が痛むという典型的な症状で明らかに痛風でした。前から健康診断で尿酸値が高いとの指摘もされていました。しかし今回どうも変だなと思ったのは筋肉痛だったからです。痛風は関節部分に堆積された尿酸塩結晶が痛みを発する原因ですが、筋肉中に堆積するっていう話は聞いたことがありません。

もう一つ気になったのはこの半年の自転車通勤のせいか左右の太ももがかなり成育して筋肉がついていたことです。どうもこの新たに付いた筋肉が硬直を起こしているようなのです。若い時に筋肉がつくのは問題にならないでしょうが、この歳でこんだけ筋肉がつくと今まであまり運動してなかったこともあり体が整合しきれないのかも知れません。

ちょっと心配になってスポーツ医学に詳しい知り合いの元アスリートに相談するとストレッチが有効とのアドバイスをいただき、それをやっています。徐々に歩いても違和感が出なくなったのでようやく自転車通勤を再開することが出来ました。やっぱり気持ちいい。新入社員のせいか電車はメチャ混みでうんざりしていました。会社に着くと「ハァ、ハァ、ハァ」ですがこれも気持ちいいです。やはり体は使わないと錆びてしまいますからね。

新潟から来た黒い奴

小田急線梅ヶ丘駅の駅前にある酒屋さん、品揃えが豊富でワイン、チーズ類も充実してるので最近よく利用してます。ここで試してみて感動したビールが2種類あります。

・Oval
ベルギー製。修道院で製造されているビール。高い(小瓶で600円!)が凄い!泡立ちからしていかにも高級そう(?)な泡立ち。そしてなんとも高貴な香りにクラっときます。

・Espresso Beer
新潟麦酒製。「?」なネーミングなので試しに買ってみたところこれは凄い。最近飲んだオーストラリア産のクーパーズに似たスタウト系。かなり黒く、比較するとエビス黒が薄く思えてしまいます。味も濃厚で名前はこれのせいですね。国産とは思えない作りですが価格もリーズナブルなので当分これを飲むことになりそう。

他にも新潟麦酒は今までの国産ビールにない個性的なビールを出していますので飲み比べてみると面白いです。メジャーなメーカーからは絶対に出てこないようなビールが飲めます。こういう地方ブランド、応援しますよ!是非作り続けて欲しいものです。

新潟麦酒

南米号バーコン取り付けと10速化

先日南米号で走り回った時に手元で変速できる便利さを痛感して何とか手元で変速出来るようにしようと悩んでいました。Paul ComponentsのThambieを使おうとオーダーしてはみましたがいざブルホーン・ハンドルにマウントしようとするとなかなかうまい具合にいかず、Thambieは採用中止。フラットバー用のラピッド・ファイアーも検討しましたが最終的には伝統的なバーコンをブルホーンのトップ部分にマウントすることになりました。

同時に7速だったギアを10速化。以下のようなパーツを交換しました。
・前後ホイールをMavicチュブラーから105ハブのAmblosioクリンチャーに変更。
・リア・コグをシマノ105の10速コグ12T-27Tに変更。
・リア・ディレーラーを105の10速用に変更。
・チェーンを105の10速用に変更。

リア・ディレーラー周辺


10速化は意外とすんなり出来てしまいましたがフロント・インナーでロー・ギアの場合は変な音がしてまだ調整が必要なようです。がフロント・アウターでは全段問題なし。右手側にマウントした10速用バーコンで気持ち良く変速出来ます。

ブレーキ・レバーもバーコンが角の部分にマウントされるのでCaan Creekのトップ・マウント・レバーが使えなくなり、シマノのR400というドロップ用のものに変更しました。意外とてこずったのはケーブルのルーティングとバーテープの処理。この辺はブルホーン使っている人はみんな悩むようですね。ブルホーンの標準というのがないのでパーツの現物合わせとなってしまい、みんなそれぞれで工夫しているようです。

リア切替用のバーコンだけ。フロント切替はダウン・チューブ!


これで一応走れるようになったのですが終わったのが既に夕方5時近く。どこかに行くには遅すぎます。仕方なく近所の酒屋にビールの買出しへ。

Amblosiaリムにおまけで付いてきたユッチンソン・サクセス(700Cx23)との組み合わせは滑らかな乗り心地で気に入りました。右手バーコンでの変速も思いのほかやり易く、しかも手元で切り替えられるので感激。MC-1やBromptonでは当たり前と思っていたものがこんなにありがたいものとは。7速の時と違って状況にあったギアが選択出来るので脚で無理をしなくていいのでありがたいです。これでようやく南米号のポテンシャルを発揮出来るようになりました。結果かなりヘンチョコな構成になりましたがNashが乗り易くなればOK!あとは乗れる時間があればねぇ。

改装後の南米号

自宅サーバー・ダウン

FreeBSD4.6.2で3年ほど安定稼動していたサーバーのドライブがダウン(ブートはすれどファイル・システムのマウントで失敗してしまう)したためブログ、メールを含めて全サービスが停止してしまいました。なんとかサルベージしようと思いますが

う?ん、めんどくさい(爆)

のでとりあえずこちらにブログのみ新設しました。ハード・ディスクのサルベージがうまくいけば以前どおりに復旧する予定ですが今のところ何とも言えません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。