FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



飯能買出しツァー 初パンク!

本日は恒例の飯能買出しツァー。毎回遅刻してしまっているので今回は9:30川辺駅に集合ですが6:50に700Cの南米号で出発しました。買出しの場合はMC-1にリクセン・カールのショッパー(大)で行くのが通例ですが南米号でまだ長距離を走ったことがないのでちょうどいい機会です。ちょいと不安要素は前日交換したセラ・イタリアのサドル(バーゲンで2,000円也)。もともと定評のあるロールスが装着されていたのですがどうも相性が悪いようで思い切って交換してみました。

極めて順調でした、途中までは。
20Kmほど走って新青梅街道を東村山まで来た時に西武線と道路が交差する栄町陸橋登り口で自転車に赤バッテンされた標識を発見、その下には軽車両禁止の文字。陸橋を登ろうとして巡航していたので「えっ、だめなのか!」と急遽手前で左の脇道にそれた時でした。

ドガン!


車体に強烈な衝撃。一瞬パニック、同時に何かが落下しました。危うく転倒を免れてフル・ブレーキ!どうも陸橋手前の路面に設置されている菱形の警告ブロックを踏んだようです。振り返ると水ボトルが落下してしていたので回収して走り始めましたが、何かがヘンです。ペダリングがスムーズでなくなり走行音も異常。さてはさっきのショックで走行系にダメージかとブルーになりましたが、次に頭に思い浮かんだのは、
パ ン ク・・・・・
ガビーン! もしかして本当にパンク?だとしたら生まれて初めてのパンク、つまり生まれて初めてのパンク修理。土曜日の朝8時、遅刻しないようにと急いでいるって時になんということか。ともかく車体を橋のたもとに止めて確認すると後輪が完璧にフラット状態です。幸い予備チューブを持っていたので車体をひっくり返して早速交換作業、と思ったら新手が現れました。柴犬を連れたおじさんです。

ホイール外してチューブを取り出そうと作業している脇から興味津々らしく笑顔でいろいろ話し掛けてきます。こちらもパンク修理なんて朝飯前って顔で笑顔で答えていたもんだから次から次へ話が止まりません。
 ・デジカメ(ニコンの最高級を持っているそうです。)
 ・スキャナー(6万円したそうです。)
 ・銀塩カメラ(ハッセルブラッドだそうです。)
 ・テレビ(よくないそうです。)
 ・料理(心のこもったものが一番だそうです。)
 ・年賀状(やっぱり手書きだそうです。)
 ・書道(何かが素晴らしいのだとか。)
 ・水墨画(モノクロ写真の話関連で。)
 ・人生(信用が大切だとかという話だったか。)
頭の中では時計がチクタク、チクタクするわ、タイヤはなかなかはまらないわ、話はどんどん広がっていくわ、こちらはビードがチューブを噛んでたらまたパンクという不安と戦いながら必死になって笑顔で修理を進めます。何とかチューブ交換終わってタイヤをはめるところでようやく自分が犬の散歩中だということに気が付いたのか笑顔で去っていきました。ふひぇー疲れた?。

エアを入れるとちゃんと入るので一安心。Nebulaさんの携帯に伝言してから走行再開です。残り20Kmで約1時間前ですから道さえ間違わなければなんとか間に合いそうです。

ちょいと焦って再び新青梅街道にのって車道で漕いでいると信号待ちで止まっていると隣の歩道を爆走するヘンな自転車に追い越されました。ドライバーはヘルメットとグラスをかけていたので顔は分かりませんでしたが何やらブツブツ呟きながら走り去っていきます。車体の色はビアンキのチェレステ・カラー。チェレステ?ということは「あっ、Nebulaさん?」どうも後ろから見える体格からするとそっくりです。追いかけて確認するとやっぱりNebulaさんでした。これで一安心!例え遅刻したとしてももう一人いますから。(^^;)しばらく漕いで時間ぎりぎりで川辺駅に到着、なんとかセーフです。

20060603-1.jpg


既に拝御さん、GaoYanさんが待っていました。霧雨が降って来ましたが止むであろうと「たまご倶楽部」へ。ここは10時開店ということでちょうど良いタイミングでした。店横手の鶏が歓迎してくれているかのように鳴いてます。柚子ジャム、ダシ醤油、お茶、それにYoshiえ!?さんに頼まれていたスモーク・チーズを購入。早くもバッグは膨らんできました。お次は蒔釜焼きパンの「麦」(むじと読みます)。が途中で「あれは何屋さんだろ?」と立ち寄ってみたのが和菓子の「つつじ屋」。煎餅も旨いらしいがフレッシュ・ドラ焼きに引き寄せられて購入。賞味期限は2日なのでなるべく早くお召し上がり下さいとのこと。よく見ると賞味期限1日のもの(つまり今日中。昨日の売れ残りかな?)はなんと半額でした。貧乏性なので半額の方を4つ購入。ドラ焼きといってもいろいろなバリエーションがあり、餡+苺、餡+キュウイー、餡+チーズなどなど。

20060603-2.jpg
バラエティーに富んだドラ焼き。全部食べてみたくなる (^^;)


店内には無料でセルフサービスのコーヒー・サーバーもあり、ゆったりと休憩させていただきました。(ちなみにこのフレッシュ・ドラ焼きは美味しかったです。ふわっとしていて甘味はしつこくなく、いくらでも食べられそうです。)

さてようやく「麦」に向かって出発。霧雨の中15分程で到着しました。ベランダには先に来ていたYoshiえ?!さん。いつものようにおばちゃんに挨拶してから特製ハーブティーとかぼちゃのケーキをご馳走になりました。(いつもいつもすみません。)

20060603-3.jpg


20060603-4.jpg
焼きあがったばかりの暖かい葡萄パンをカット。そのままで美味しい。


ベランダで一服しながらカメラ談義に花が咲きます。拝御さんはレンジ・ファインダーのR-D1でレンズ沼にズボズボとはまっている様子。一方Yoshiえ!?さんはプロの写真家。GaoYanさんもキャノンのデジ一ではまっているし、NebulaさんはKodakのV570(2眼デジカメ)にはまっている様子。Nashだけ携帯カメラなのでちょいと検討しなけりゃいけないかも。スナップ主体だと23mm相当のワイドが使えるV570は非常に良さそうで心惹かれます。

すっかり落ち着いてしまって予定が遅れ気味となってしまいましたが今度は山王峠を越えて「赤沢スイーツ」へ。予定ではYoshiえ?!さんは辛党なのでスイーツには興味ないということでうどん屋に向かうことになっていましたがそそのかされてなぜかいっしょに峠超えをすることに。こちら側から登るのは久しぶりですがやはりきついです。ダラ坂のように長くてピーク手前の傾斜では心臓バクバク状態です。39Tx27Tでぎりぎりでした。驚いたことにYoshiえ!?さんも含めて誰も脚を着かずに登りきりました。

20060603-5.jpg
MC-1で山王峠を登り切ったYoshiえ?!さん


一気に峠のピークから下って川沿いの緩い登りを漕いで「赤沢スイーツ」へ到着。ここも久しぶりであれもこれもと買いたくなってしまいますがバッグ容量の関係でセーブ。こちらでも美味しいお茶とケーキをご馳走になりました。(いつもすみません。)
20060603-6.jpg



本格的に腹も減ってきたということで本日のメイン、うどんの「古久や」を目指して川沿いに下ります。いや?、楽チン。雨も完全に上がって暑からず寒からずでサイクリングにちょうど良い感じでした。「古久や」に到着すると2時だというのに外で待っている状態でしたがほどなく入ることができ、全員が「肉汁つけうどん」を注文します。

20060603-7.jpg
これは並。あと大と特盛りがあります。

濃厚なつけ汁がうどんとマッチして箸が止まらない、止まらない。こりゃ遠くから来た甲斐があるというものです。全員が絶賛を惜しみません。飯能恐るべしというか、懐が深いです。店を出ると満腹で漕ぐ気になれず、近所の和菓子屋でだんごを食って休憩してから高麗駅近くの「むささび亭」へ。

前回はここでカレーを食したのですが今回は無理ということで近所の高麗豆腐へ。ここの豆腐やゆばを試食させていただきましたがどれも甘味があってグッド。たぶん素材の豆が良いのだと思いますが何もつけなくても美味しいのです。ここでは味噌付け豆腐(Yoshiえ?!さん曰く日本酒にバッチリとか。)とふきのとう入り味噌を購入しました。ここで背中に担いでいたバックパックがないことに気が付きました。今日の買出し品のほとんどが入ったままさっきの和菓子屋に置き忘れてしまったようです。(血液がみんな胃袋にまわっていたのでしょう。)あわてて飯能まで戻ります。GaoYanさんは自走帰宅ということで高麗で離脱、Yoshiえ?!さんも高麗駅から輪行で帰るということでお別れです。残り3名は飯能まで戻りバックパックを回収したあとで現地解散と言うことになりました。

所沢街道を抜けて吉祥寺通り、井の頭通りのルートで無事帰宅しました。ちょいと心配だった南米号のサドルは何とかOKのようでしたが帰りはユニクロの綿トランクスが擦れて股がひりひりして来ました。やはり綿トランクスでは無理がありそうです。あと背中にピリピリと痛みが。これはポジションの問題かも知れませんね。

本日の走行距離:128.5km
スポンサーサイト