FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



ペダリングと歩き方

最近自転車で悩んでいるのはペダリングについて。どうも左右のバランスが悪いような気がするし、ひょっとして左右の脚の長さが違うのか?とも思ってしまいます。で意識してバランスを取って回そうとするのですがなかなかうまくいきません。一瞬ならいいのですが継続して続けるのはとてもとても。どうも今の自分は無駄の多いペダリングをしているような気がします。そんな時にふと目にしたサイクル・スポーツ6月号に現状の筋肉を最大限に有効活用するには「なんば歩き」を取り入れたペダリングが有効との記事が。

「なんば歩き」?
なんでもこれは日本古来の歩き方で一口で言えば脚が出る時に脚と同じ側の手が前に出る歩き方。我々が普通に行っている逆側の手が前に出る歩き方は明治以降に入ってきた軍隊行進式の歩き方が学校などで指導されて広まってきたものだとか。アスリート選手の間では有効とされて実際に練習に取り入れられているそうです。なんば歩きの方が筋肉の動きのロスが少なく、動きの方向も俊敏に切替出来るので古武術などもこれを活用しているそうです。

「なんば歩き」を実際やってみると難しいです。凄く不自然な動作のような気がします。調べてみるとどうも同じ側の手が出ると言うのは結果としてそういう動作になるのであってその動作の源は左右の股関節の動かし方ということです。さらに2軸動作とか体幹の使い方とか常歩(とこあし)とか出てきて説明を読めば読むほど分からなくなってきました。分かったのは「なんば歩き」の方が疲労が少なく歩ける、結果としてより長距離を移動出来るということです。昔は移動手段というと徒歩に頼るしかなかった訳でそこから自然と出てきた人体の知恵なんでしょう。これを習得できれば長距離走行もより楽になるはずなんですが。
スポンサーサイト