FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



Under The Tuscan Sun (2003)

他のDVDを観た時に冒頭のトレーラーを観て興味をそそられて観てみました。邦題は「トスカーナの休日」で主演はダイアン・レイン。彼女を記憶しているのは「Street of Fire」くらいでその時はネエちゃんって感じだったのですが本作では円熟した女性でなかなか魅力的です。軽いラブコメかなと思ったのですがなかなかどうして渋い作品でよくあるアメリカ映画の枠からはみ出したような感覚があって楽しめました。

恐らく撮影の大部分をイタリア人スタッフでイタリアで撮影されたことが強く影響してしているんだと思います。それから監督が女性であることで演出が細やかなことも関係がありそうです。(この監督は本作の次に「Shall We Dance」をやってます。)美しいトスカーナの景色や何ともイタリアっぽさ(?)のあるストーリーでニヤリとする処も多いのですが、主人公フランシスが友人から言われて自分がここで何をしたのかに気が付く最後のシーンに本作のメッセージがこめられているようです。人生に挫折したことのある人には男女関わらず是非お勧めしたい映画です。

Under The Tuscan Sun
スポンサーサイト