FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮る道具(デジタル編)

衝動買い(というか衝動落札)したBessa-Tですがやはり銀塩、馴れないとなかなか敷居が高いです。フォーカス、露出を調整しつつ被写体を狙ってなんてやっているうちに被写体はどんどん移動してしまうわ、露出条件は変わってしまうわ、フォーカスも・・・・これじゃなかなかシャッターを切るまで行きません。瞬間的に体が動いて判断していくようになるまでは長?い道のりでしょう。これは数をこなせば自然と身に付くのでしょうが(ブレッソンは1日に15本撮ったとか。何枚撮りかは知りませんが。)そんな悠長なこと言ってもいられません。現像が上がってくるまで結果は分からないし、ブログへの掲載もスキャンしてやらないといけません。それに比べてやはりデジタルはお気楽で便利で早い。当然世の中そちらの方へ流れる訳です。で再び撮る道具としてのデジカメを考えてみました。

目的はメモ・スナップがメインで写真作品を作ろうなんてことはありません。せいぜいブログ掲載用にカッコ良い写真が取れれば良し。持ち歩くので邪魔にならず軽量でズームがあると便利、出来れば広角が使えればなお良し。メディアは手持ちの関係でSDカード使用のもの。絞っていくとリコー、パナソニック、キャノンに該当する機種があります。価格も考えてリコーCaprio R5かGX-8という線が濃厚になって来た時、ふと浮かび上がってきたのがカシオ。デジカメとしては老舗ですが最近は後発メーカーに押され気味というイメージがあって対象となる機種をカシオから探すことはしていませんでしたがウェブで仕様等をチェックしてみると意外とよさげに思えてきました。機種はEXILIMのEX-P600。コンパクトさが売りのカシオの中ではちょっと変わった重厚な作りで2004年春発売の600万画素機です。

仕様で気になったのは画素数よりもレンズがキャノン製なことです。それとこのズームレンズの画角が33mm?132mm(35mm換算)という点。33mmという中途半端なワイドさ(?)が気に入りました。リコーのR5、GX-8などは28mmですからもっとワイドですがいつもいつもそこまで必要な訳ではないでしょう。35mmより一回り広い画角の33mmというのはなかなか実用的で画質としても有利に思えます。巷の評価記事でもこのレンズ、評判はかなり良いです。もう1点レンズで気に入ったのはキャノン製のワイコンが装着可能なことでこれを使えば画角は23mmとすることも出来ます。あと操作系もかなり凝っていてマニュアルで露出・フォーカス・ホワイトバランスがいじれて露出補正も可能とコンパクト機としては非常に充実していて記録フォーマットでは非圧縮のTIFFも可。(その場合TIFFとJPEGの同時記録。)これは実際使うかどうか分かりませんがここぞと言うときには後処理出来る訳です。どうもこの辺の仕様は憶測ですがカシオの技術者達がそれまでのEXILIMシリーズでやりたかったけど出来なかったことを全部ぶちこんだんじゃないかと思います。

脳内での評価は急上昇、しかし外観イメージを見て愕然。実は以前どこかでEX-P600の姿は見ていてその時はデザイン最低という格付けをしていたカメラだったのでした。いろいろ出っ張りが目立って優雅さゼロ、武骨というか昔のカメラ風デザインといった感じでその時はさっさと評価打ち切り。中身は調べもしませんでした。しかしそれが中身優秀、デザイン最悪というかなり悩ましい機種であることが分かりました。さらに調べると後押し要因が浮上します。はっきり言ってEX-P600は不人気機種。当初の価格設定が高めだったせいか、ライバルに押されたせいか分かりませんがこのクラスの機種としては人気はないようです。さらに現在では700万画素の後継機EX-P700が出たので型落ちで中古が狙えます。

旨い、安い、がデザインがペケ・・・・。しかし問題は望むようなイメージが撮れるかと言うことですからこの際デザインへのこだわりはスッパリと切り捨ててしまえば現時点でのベスト・バイかも、と早速ヤフオクで探すと確実に2万以下で落とせそうな気配です。見るとジャンクで7000円台なんてのもありました。もっともジャンク明記ですから要修理の可能性も当然ありますが、ハッと気が付いた時には落札してました。

この落札品には充電器がいっしょに付いてきましたが肝心のバッテリーが付属しておらず、急いで別途パチモン格安バッテリー(中国製?)を落札してようやくテストが出来るようになりました。充電したバッテリーを入れて起動すると問題なく液晶画面が表示されてラッキー!と思いましたがどうもメニューの動きが変です。メニュー表示は出るのですが何をやってもメニューの移動が出来ないと言う故障のようです。う?ん、惜しい。悔しさのあまり思わずボディーを拳でひっぱたきました。なんと、

あれ?、直った!(笑)


何回かメニュー操作がおかしくなる現象が出ましたがその度にひっぱたいてOKに。使っているうちにだんだんメニュー操作の不具合は出なくなってしまいました。ちと不安ですがこのまま使ってみるしかなさそうです。ファームも最新版(V1.02)にアップしてからは快調に動作してくれます。ただジャンク出身ということはいつ逝ってもおかしくない訳でなんとか対策はしたいところです。カシオに修理に出すにしても現状正常動作しているので「問題ありませんでした。」で帰って来る可能性も高いでしょう。でもいざ使いたい時にダウンというのも orz ですし。そこで解決策として同じ機種でもう1台落札することにしました。今度はジャンクではない機体です。すぐに適当なものが見つかって本日到着しました。2台目は付属品も全部付いてメーカー保証期間も11ヶ月残っています。計算すると2台分のコストは送料などもろもろ含めて27,400円、1台当たり13,700円。新品ではないですがほぼ必要な要求を満たしてバックアップ機付きでこのコストなら割とリーズナブルじゃないかと思います。万一破損してももう1台で稼動できるし、最悪2台とも逝った場合でもパーツ取りして再生出来る可能性もあります。

使ってみると片手でホールドし易く操作性はまずまずでした。光学4倍ズームのテレ端側は手持ちでは確実に手ブレしそうで3倍で充分じゃないかと思います。動作速度は速くないですが我慢できる範囲内に収まっています。操作設定がマニュアル含めて多岐に渡るので少々慣れが必要ですがそれも楽しみの一つと思えば良い撮る道具になりそうです。

EX-P600x2.jpg
ジャンク出身の壱号機(手前)と新品同様の弐号機(奥)


以下EX-P600で試し撮り。

senryou.jpg
センリョウの実



sumire1231.jpg
我が家で一番好戦的猫スミレ

スポンサーサイト

BikeE軽量化作戦 リアホイール交換

なるべく軽くしようということでまずはリアホイールを交換してみました。ホイール自体は以前にヤフオクで落とした20インチ(406サイズ)ホイールで恐らくKHSの小径車のものだと思います。作りはなかなかよさげですがハブはちょっと渋め。これはG.R.P.グリスでグリスアップしたので何とかなるでしょう。タイヤは今回の目玉、コンチネンタルのグランプリです。現状のシュワルベ製マラソンと比べると重量半分で幅もロード用のタイヤ並みの細さです。触ってみてびっくりしたのはグランプリのサイドの薄さ。指を内側からサイドに当てると外から指が透けて見えます。サイド部分にはゴム(コンパウンド)がないのですね。知らないうちにタイヤサイドを擦ってしまったりとかという可能性はあるので気を付ける必要がありそうです。

bikee-rea1.jpg
左:グランプリと右:マラソン


交換してみて愕然としたのは両方のホイールの重量差がないことです。前のリムはSUNのCR-18で新しい方が細いので軽そうに見えるのですがせいぜい50g程度軽いといった感じで軽量化作戦第一弾としては失敗。でもホイールの最外周部は確実に軽くなっているので走りに影響はあるでしょう。(と期待。)

bikee-rea2.jpg

X01HT見っけ!

実はガジェット物に凄く弱くてすぐに誘惑されてしまいます。使いこなしているかと言えばそれは全然なく、暫くして飽きてくると引き出しの肥やしになるというパターンが多いです。が最近ドコモの携帯がすこぶる不調、加えて電池もへたってきたのかバッテリーの持ちが極端に悪くなってきました。それに気が付いたらMNPなんて物まであるじゃありませんか。これはチャ?ンス(?)ということで早速スマートフォンを物色し始めると浮かび上がったのがソフトバンクの端末、X01HT。

調べてみると機能てんこ盛りで特に気に入ったのがフルキーボード、Bluetooth、無線LANが使えてWindowsCEベースなのでソフトも豊富にありそうです。おまけに2メガ画素のカメラと電話機能まで(?)付いているとことで機種は決定。早速ドコモ・ショップで転出手続きをすませていざ転入とソフトバンクのお店に入ってみると肝心かなめのX01HTの端末在庫がありません。どのショップに聞いてもどこにもありませんでした。MNPの手続き期間は2週間以内ですから取り合えずいったん諦めて1週間後に再度下北沢のショップにダメ元で問い合わせてみると「1台だけございます。」との解答。早速Pistaで駆けつけて転入処理を行いました。

まだあまりよく分かっていませんがこれは完璧にPDAです。携帯電話と思って購入したら確実に不幸になりそうですね。一方ガジェット・マニアには堪らないオモチャでしょう。よくここまで実装したと関心します。少々重たいですが今まで使ってきた端末が皆重いものばかりだったので問題ありません。足りないのはGPSくらいですがBluetoothで外付け出来ますからこれも問題ありません。問題があるとすればソフトバンクということでしょうか。郊外に出ると繋がりにくいでしょうがこれはPDAだからと思えば問題なし。(爆)

早速WifiFoFum(WiFi Scanner)を入れて家の中でスキャンしてみると我が家のアクセスポイント以外に3つもアクセスポイントが見つかりました。(内2個は暗号化されてません。)X01HTをポケットに入れて外出すると時々無線LANネットワークを検出してピポッと鳴って教えてくれます。四谷で昼飯に寄った店でチェックしてみたらアクセスポイントがウジャウジャ。う?ん、これは面白いです。


X01HT.jpg

黒猫リリーの帰還

12日間の入院治療を終えて黒猫リリーがペットクリニックから帰ってきました。側面の傷周辺は見事に剃られてそこだけ白くなっているので物凄く目立ちます。傷はキレイに縫合されて抜糸も終わったのでもう心配はありません。さすが腕の良い獣医と評判のI先生の仕事です。しかし引き取りに行った時、クリニックに長居したせいか看護婦さんにちやほやされたせいかケージに入ろうとせずに抵抗する始末。今までの入院した猫の場合はケージに飛び込んで入って帰りたがるっていうのに。

今回長居しましたので気になるのは治療費代です。リリーが咥えてきた請求書を恐る恐る開いてみると、11万でお釣りが来るですか、はぁ?・・・・ orz
という訳でひたすら忍耐の年末になりそうな予感がします。

lily1221.jpg
久しぶりにお気に入りのファンヒーターでくつろぐリリー

今、横から来る危機

自転車通勤しているといろんな危険と出会う機会があります。急にドアを開ける配送トラック。すぐ前方で急停車するタクシー。暗い夜道でノーライトで逆送する自転車。猛スピードで飛び出してくるママチャリ。ツルリンと滑る雨上がりのマンホールの鉄蓋。が先日出くわしたのは新手の危機。明るい昼間でしたので何とか事故らずに済みましたが夜だったらどうなっていたことか。

いつもと同じ通勤路、最寄駅のごちゃごちゃした商店街を通り抜けてようやくスピードを出せるなだらかな一方通行路に来て漕ぎ始めた時のことでした。突然直前の左側路地からいろいろな毛並みのミニチュア・ダックスフンドの集団が脱兎のごとく暴走して車道に!その後ろには犬達のリードに引きずられて慌てているおばはんの姿。止まれるマージンは既になく一瞬パニックしましたが幸い対向車両がいなかったので車道右側に寄って難を避けることができましたがあとコンマ1秒早かったらミニチュア・ダックスフンドを巻き込んで派手に転倒していたでしょう。集団といってもよく見ると5匹でしたが散歩で嬉しいのかお互いに興奮している様子でした。いやはやビックリ。走行中にいきなり生き物に超低空からアタックされるとは想定外事態。まあ事故なんてのは想定外自体の積み重ねで起こることが多いですから常にマージンを確保して走るしかありませんね。

猫カレンダー2007

毎年この時期になると怒涛の様に現れる来年度のカレンダーや手帳。我が家では毎年カレンダーは猫カレンダーと決まってますがその銘柄も決まってます。猫カレンダーの最高峰(?)、米Workman Publishing社製の「The 365 Kittens A Year」です。

月変わりの普通のカレンダーですが1日に1匹の子猫の写真が割り当てられたものです。これらの猫写真は実は買主からの投稿によるもので世界中から寄せられた親馬鹿買主達の撮った写真から厳選されたものだけが掲載されます。で写真の下には小さく名前と住所が載ります。今年の分には日本からのものも1匹載っていました。これらの写真が魅力的なのは買主と猫のリラックスした関係が写っていて思わず微笑んでしまうような写真が多いことです。スタジオの中でプロによって撮影されたものとは全く違う雰囲気でフラッシュ1発風の写真が多いのですがそこには買主と猫との個人的な関係が見え隠れしています。

365kittens-s.jpg
かわいいのが365匹集合!!


壁掛けのカレンダーとは別に日めくり式カレンダーも買いました。今年はちょっと趣向を変えて「Bad Cat 365」にしました。これまた買主投稿式ですが選抜基準がカワイイとか、キレイとは違っていて「あんまりかわいくない猫達」となっています。これは写真はモノクロですが猫好きは思わずニヤリとしたり絶句したりするような写真で物凄く楽しめます。値段は安くはありませんが来年1年間楽しめるのですから安いものだと思います。

badcat-s.jpg
チョイ悪そうな猫達が365匹も!


(最近はAmazonでも買えるんですね。知りませんでした。)

入院、入院

我が家では最近入院ブーム。もう2週間前になりますが親父が朝突然テーブルに突っ伏して応答しなくなり救急車を呼んで救急病院へ。診断は脳梗塞。発病3時間以内なら血栓溶解剤を処置して血栓を溶かすこともできますが副作用も強いので高齢の方にはおすすめしかねますがどうしますか?とか聞かれてしまって返答に窮してしまったりしました。だいたい判断する為の情報が全く足りないですし、病態の状況もよく分からない素人に尋ねられてもまともに返答出来る訳がありません。制限時間が迫っているので10分後にはご回答をと言い残して緊急担当の医師はまた治療室へ。

こういうシチュエーション、よく医療ドラマなどで出てきますがまさか自分がこんな状況に合うとは夢にも思いませんでした。結局リスクをどう計るか次第です。家族の者としては脳梗塞の結果で体に麻痺が残ってしまって例えば一人で食事やトイレに行けないような状態が一番怖いです。重度であれば施設に入ることも考えなければなりません。副作用は体に弱い部分があるとそこから出血してしまうということだそうです。体の内部だと簡単には処置できないということになります。ですので場合によってはお陀仏も有り得ます。

結論として血栓溶解剤を使うチャンスがあるならチャンスを生かそうと言うことになりました。後になって使えば良かったと後悔もしたくありませんでしたし、親父は体は頑丈な方ということも知ってはいたので強気方針で行くことに決定しました。
結果は当初血栓溶解剤は効果がなかったといことでしたが懸念された半身の麻痺もなく口も自由にきけるようになり、脳梗塞自体は大きなダメージとはならずにすみました。まだ入院はしていますが家族としてはホッと一安心です。

ところが次は黒猫リリー(スージー、スミレ、スパッツの母親)が外傷で入院。恐らくケンカでできたのか大きな傷が横腹に。いったん塞がって治ったと思ったら自分で引っ掻いたのかまた傷口が開いてしまったのです。自分で舐められる所なので傷口が化膿してさらに悪化。ついに近所のペットクリニックへケージで緊急搬送。主治医の先生によると即手術してその後入院10日間とのこと。やれやれ、猫にも保険が欲しいです。(ペット保険はありますが5匹なんてとても無理。)

縁の鈴

Bianchi Pistaのハンドルには登山用具店で買った小さな熊よけ用の鈴がついています。Nebulaさんが付けているのを真似したのです。フリーギアのラチェット音がしない固定ギア車はかすかにチェーンの音が聞こえる程度で走行時は静寂そのもの。周囲の環境音の方が大きいためにほとんどの通行人はPistaの存在に気が付いてくれません。ベルを鳴らせばいいじゃないかという話もありますが「そこどけ!どけよっ、どけどけ!」とがなりたてているようであまり使いたくはありません。その点鈴は適度に揺れてチリンチリンと鳴ってくれるので具合が良いのです。特に夜は後ろから近づいてくる鈴の音を不審に思ってか振り向いてくれる人が多いので助かります。(中には全然気が付いてくれない人もいますが。)

そんな訳でハンドルのバッグホルダーの所に鈴の紐を引っ掛けてぶら下げてしばらく使っていました。ところがある日、参宮橋駅を通り過ぎた辺りでギャップのショックで鈴が落下。気が付きましたがこちらもスピードが乗った状態ですぐに止まれずにまぁいいかと諦めてそのまま走り去ってしまいました。その翌週にまた同じコースを走ることになってひょっとして落ちていたりしないかと落とした付近を遅めに走っていると「!」。ありました、あの鈴が。何かに轢かれたのか形が歪んでしまっていますが音はちゃんと鳴ります。再びPistaのハンドルにの定位置に引っ掛けてそのまま仕事場へ。夕方、打ち合わせも終わって渋谷から井の頭通りを走っている時、路面のギャップのせいでまた鈴が落下してしまいました。交通量も多くて道も狭いので拾わずに走り去ってしまいました。せっかく戻ってきてくれたのに約半日の短い付き合いとなってしまいました。ちゃんと縛っておけば良かったと後悔することしきり。

翌週再び渋谷での打ち合わせが終わってPistaで井の頭通りを走っている時に先週落としてしまった鈴のことが頭をよぎりました。あれを落としたのはどの辺だったか?この先、あの辺だったかな?と路肩を注視していると「!」、縁石の横に何かが落ちていました。思わず急ブレーキで自転車を降りて確認してみる間違えようも無いあの鈴でした。今度はなくさないようにポケットへ入れて帰宅、帰ってから今度はちゃんとナイロン製ベルトタイで紐を結んでハンドルに固定してあげました。形は少々いびつになってしまいましたがこれも何かの縁なのでしょう。今日もPistaのハンドルで鈴はチリンチリンと元気に鳴っています。

BikeE軽量化作戦

ケーブルTVのディスカバリー・チャネルを観ていたら「Extreme Machine」という番組で自転車特集をやっていました。自転車で時速250kmを越えるとか物凄い所を走るMTBとかBMXのスーパーアクロバットとかなかなか面白い内容でしたが番組最後の部分でリカンベントで時速120km越えにチャレンジすると言うのがありました。(前述の250km越えはドラッグカーみたいな車で引っ張ってもらっての話なので単独ではありません。)リカンベントの方は純粋に人間の脚力だけで平地で時速120kmを越えたら数万ドルの賞金が出るというものです。これが凄まじいスピードで走ります。空気抵抗を減らす為に扁平な魚雷のような形をしていて下り坂を走るのは自殺行為だそうです。(ブレーキ装備はしてない)多分平地での時速120kmを越えるのは十分可能だろうと言う話でした。

番組を観終ってやはりリカンベントというのは可能性のある自転車だと再認識しましたが、そういえば久しくBikeEには乗っていません。飽きたという訳ではないのですがアップライト車のイージーさに負けて最近はそちらの方ばかり。リカンベントはどうしても重装備車という気持ちがあるようでどうも乗るのに身構えてしまうのですね。最近特に気になるのは車体の重さ。もう少し軽ければもっと気軽(?)に乗れるのではないかと妄想してしまいます。BikeEはあの手のリカンベントにしてはそう重い方ではないと思いますが街中などでもう少し漕ぎ出しが軽ければ、また郊外での登りも楽になればと考えてしまいます。

いろいろ考えてみると、
・ホイール
前16インチ、後20インチでそれぞれシュワルベのマラソンを履いてますがこのタイヤ自体が非常に重め。(そのかわりパンク知らず)多少耐久性に目をつぶり軽量なタイヤを採用して回転する最外周部分を軽量化。

・チェーン
リカンベント構造上のチェーンリングと駆動輪を繋ぐチェーンは普通の自転車の2倍以上あります。これをロード用の軽量なチェーンに交換。(ただしお値段4倍ほど)

・パニアバッグとそのフレーム
これも重いのですが機能的・見た目にも気に入っているので悩ましいところ。いずれにしても何らかのバッグ類は必要ですし。

・クランク
中空構造のクランクにすれば軽くなりますがBBも交換が必要となりコスト的には辛いところ。

ざっと思いつくのはこんな処ですが全て対応すればかなり走りは違ってくるだろうと思います。取りあえず手元に在庫があったホイールからぼちぼち取り掛かっています。目標10%カット!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。