FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



衝撃の松田聖子

久しぶりにオーディオ仲間のtoShiさん宅を訪問しました。前に訪問した時と比べて音は大きく進展したそうで音源はCDからほとんどLPオンリーになってしまったそうです。日夜中古レコード屋を彷徨ってお宝を探し回っているとか。で早速アナログ・サウンドを聴かせてもらいます。一言でいうと熱く、かつ厚いサウンドと言ったらいいのか。特にライブ録音物などはまさにピッタリの感じです。鳴っているスピーカーはB&W社のSS25(2way)ですがこのスピーカーを知っている人が聴いたらびっくり仰天でしょう。とてもSS25が鳴っているとは信じられません。一般的にSS25は銀線を多用しているせいか少し細めで繊細な音で鳴っていることがほとんどですがそんな気配は微塵もありません。ここまで来るには部屋を含めて徹底したシステムのチューニングがあったからでその努力には頭が下がります。

家から持って来たCDを聴かせてもらった後でひょいとtoShiさんが持ち出したのはソニーが何十年も前に出した松田聖子の高音質録音版LP。ジャケット写真は若かりし頃のアップ写真でNashだったら死んでも手を出さない類のレコードです。音が出始めて、

圧倒されました!!


フレッシュでよく伸びる歌声、凝りに凝ったオケ・アレンジとバックバンドの熱演が目の前にまさに展開されます。そしてCDとの決定的な違いはそれぞれの音が相互に関連しあって一体となって鳴り響いていることです。まさに音が楽しい状態。CDの場合はどうしてか音が関連し合わずにバラバラに鳴ってしまっている印象が強いのです。松田聖子を聴いて素晴らしいと思ったのは今回が初めてですが(というかちゃんと聴いたのが今回初めて)これは日本の文化遺産ですね。たかが1枚のレコードですがこの中には何人もの音楽家や技術者のエッセンスがギュッと詰まっています。なのに旧式のメディアだということで見捨てられてしまっている状態というのは寂しいものがあります。LPなら何でもかんでもお宝とは思いませんが既に随分貴重なものが失われてしまっているんじゃないでしょうか。その辺り、作る方も聴く方ももう少し考えるべきじゃないかと思いました。
スポンサーサイト



気になるアンダーウェア

渋谷のワイズ・データ店に寄った際に何気なくウェア類を見ていて気になるアンダーウェアを見つけました。サンプルが吊るされていたので触ってみるとピンッ!と来るものが。名称は「Vari-Thermo」というもので半袖と袖無しの2種類があります。説明によると「繊維に練りこまれた蓄熱素材による体温保持システム」だそうでどこかで聞いたことがあるウタイ文句。

あれ?今着ている「Outlast」と同じじゃないかと説明文を読んでみるとまさしく同じです。でも「Outlast」の文字はありません。また違う技術なのかビジネス上の都合でその言葉を使えないのかは分かりません。ワイズとどこかの衣類メーカーの提携で開発された商品のようです。この手の機能性ウェアはけっこうなお値段が普通ですが半袖タイプで1,951円也。これはキャンペーン価格らしく本来は3,990円だそうです。これが「Outlast」と同様な機能性ウェアならお買い得かも知れない、と早速試してみるべく1着購入してみました。

実はNebulaさんから教えてもらったフェニックス製の「Outlast」ウェアは日頃の自転車通勤用ウェアとして手放せないものになっています。冬場でもある程度漕げばそれなりに汗はかきますがその後のスーッと汗が引いていく快適さが段違いなので手放せません。今は薄手の半袖に厚手の長袖を重ねてその上にペラペラな風よけのジャンパーを羽織って快適に通勤しています。難点はお安くないことですがこの「Vari-Thermo」が「Outlast」と同じように快適なウェアなら大人買いに走るかも知れません。