晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこ曲がれぇ!

自転車通勤コースはいつも決まってます。環七を横切って、井の頭通りを走って途中で脇道へ、小田急線駅の前を通って北参道を通り、千駄ヶ谷駅前を抜けてから坂を登って新宿通りを四谷駅へ。後はたいがい四谷駅前を抜けて市ヶ谷方面へ向かい、靖国神社の近くにある事務所でゴールとなります。で今日はたまたまロードに乗っていたのですが、四谷駅を通り過ぎて少し進んだ辺りで、

「曲がったら?」

何やら頭の中に響く声。実際に声が聞こえるというよりは無意識の声といったらいいのか、それがいつものコースでない方の道を選択したらどうかと言っているようです。しかし、そちらへ進むといったん下らなくても良い坂を下ってまた坂を上ることになってしまいます。

「曲がった方がいいんじゃない?」

下り坂への入り口が迫ってくると再び声が響きます。いったい何だっていうんでしょう?割と速度が乗る道なので運転に集中している時に気が散ってしまいます。

「曲がれってば!」

3度目のこれにはちょっとびっくりして目の前に迫っていた下り坂の入り口に急遽方向転換。こちらへ進むといったん下ってからまた上らなければならないので普通は駅前に用事がなければ通らない道です。特にどうということはなく、いつもとはちょっとだけ違うルートを通って無事に事務所に到着しました。 果たしてあの「声」を聞き流していたらどうなったのか?分かる術はありません。もしかしたら何かトラブルに合っていたかも知れませんし、何も起こらなかったのかも知れません。潜在意識が何か危険を察知していたのか?、はたまた自分のデムパだったのか?まぁ、考え込んでも分かりませんから今回はラッキーだったんだと思うことにしました。
スポンサーサイト

さよなら、リリー

朝、獣医さんから電話が。やはりリリーの知らせでした。昨日も見舞いに行った際に「もう、あまりもたないと思いますよ。」と言われていました。食事も摂らず、呼吸も苦しそうで限界だったようです。公園から拾われてきて我が家で10数年、宿敵チェーリーとひとつ屋根の下という大問題はありましたが、毎日ご飯も食べられたし、出産も出来たので野良出身としてはとしては幸せな生涯だったと思います。何でも食べちゃう悪癖がありましたが、人懐っこく、プリミティブ(?)なところが魅力的な猫でした。さよなら、リリー。

カネモクさんからの返答

先日「気になる自転車」で取り上げたカネモク工業の木製自転車ですが、ダメ元でメールで問い合わせをしたところ返答がありました。残念ながら諸事情によって現在では製造はしてないようです。

以下カネモク工業の工場長、金子さんからのメールです。

弊社HPを御覧頂きありがとうございます。
お問い合わせ頂いた木製自転車ですが、2001?2003の間に制作いたしました。
現在は、コスト的に又、技術的に製品の継続生産が難しく生産しておりません。

〈参考 下記の物量を制作いたしました〉
高島屋百貨店を通じて販売した車両が20台
東急ハンズさん     〃        1台
町おこしで市町村に  〃         2台
企業体に        〃         8台
弊社で通販にて    〃          2台
             合計33台が走っております。

又、在庫として参考品であれば、弊社、東京工場に6台ございます。
もしご希望があれば見学などしていただければと思います。
(ただ、木製の為、重量増や、しなり、曲がりがあり、
ポタリング車としては良いのですが・・・・・)

メールには写真も添付されていました。写真のモデルは木製リムにスポークという仕様でHPに載っていた物とは違うようですが、なかなか美しいフレームです。見学は出来るそうなので場所も都内ということなので一度言ってみようかなと思います。

kanemoku-1.jpg


kanemoku-2.jpg


kanemoku-3.jpg

グランテック スプロケット交換

リアエンドを削って対応していたグランテックですが、その後もチェーンが伸びてきて完全に緩過ぎ状態となってしまったのでやむを得ずスプロケットを17Tから18Tに変えてみました。ギア比は平均で2.66となり、リアの歯数が1個増えたのでリア軸のポジションはそのまま、チェーンはスッと張った状態に・・・・いや少し張り過ぎ気味かも?クランクを回してみると前と違って少し渋い感じです。まあチェーンリングが非円形なので止むを得ない所があります。また少し伸びることも有るでしょうし、これで妥協することにしました。

さてこの状態で夕方、所用があり立川まで往復。甲州街道->日野橋->立川で約25km。ギヤ比が下がったことでケイデンスは上がりましたが許容範囲内でしょう。しかし下りは前のギア比3.0位がちょうど良かった感じです。用事は30分ほどで済んですぐ帰路へ。空はちょっと怪しげな模様で急いだ方が良さそうです。途中甲州街道に入った所で都合よく兎さん(ロードのおにいさん)を発見して引っ張ってもらいます。しかし途中までは何とか食らいついていったのですが、途中の信号切り替わり時に逃げられてしまいました。帰りは70分かかってアベレージは20.5km。下りでロードの様に飛ばせないのが辛いところです。今後のエンジン調教でケイデンスをもっと上げられるようにしたいですね。チェーンは往復ともノートラブルでしたので当分この組み合わせて乗っていきます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。