FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



そこ曲がれぇ!

自転車通勤コースはいつも決まってます。環七を横切って、井の頭通りを走って途中で脇道へ、小田急線駅の前を通って北参道を通り、千駄ヶ谷駅前を抜けてから坂を登って新宿通りを四谷駅へ。後はたいがい四谷駅前を抜けて市ヶ谷方面へ向かい、靖国神社の近くにある事務所でゴールとなります。で今日はたまたまロードに乗っていたのですが、四谷駅を通り過ぎて少し進んだ辺りで、

「曲がったら?」

何やら頭の中に響く声。実際に声が聞こえるというよりは無意識の声といったらいいのか、それがいつものコースでない方の道を選択したらどうかと言っているようです。しかし、そちらへ進むといったん下らなくても良い坂を下ってまた坂を上ることになってしまいます。

「曲がった方がいいんじゃない?」

下り坂への入り口が迫ってくると再び声が響きます。いったい何だっていうんでしょう?割と速度が乗る道なので運転に集中している時に気が散ってしまいます。

「曲がれってば!」

3度目のこれにはちょっとびっくりして目の前に迫っていた下り坂の入り口に急遽方向転換。こちらへ進むといったん下ってからまた上らなければならないので普通は駅前に用事がなければ通らない道です。特にどうということはなく、いつもとはちょっとだけ違うルートを通って無事に事務所に到着しました。 果たしてあの「声」を聞き流していたらどうなったのか?分かる術はありません。もしかしたら何かトラブルに合っていたかも知れませんし、何も起こらなかったのかも知れません。潜在意識が何か危険を察知していたのか?、はたまた自分のデムパだったのか?まぁ、考え込んでも分かりませんから今回はラッキーだったんだと思うことにしました。
スポンサーサイト