FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スージーで危機一髪

「ゥナ??オ、ゥナ??オ、ゥナ??オゥゥ」


熱帯夜の夜、家の中にこだまするスージー(雌、10歳)の雄叫び。なぜか最近になって彼女はこんな叫び声をあげるようになりました。深夜に突然叫び始めるのですが、なんで叫ぶのかは皆目不明です。まぁきっと彼女なりに理由はあるのでしょう。その雄叫びがNashの寝ている2階の部屋まで来ましたが、こちらも眠いのでスージーのことは無視してそのまま寝ていると突然停電!

深夜真っ暗なのになぜ停電か分かったかというと、静かになったからです。この5年ほど寝室に同居しているサーバー君のファンノイズがいきなり掻き消えたかと思うと「シ・・・・・ン」。久しぶりの静寂が訪れたのです。いつもはファンノイズといっしょに眠っているので慣れてしまっているのですが、この静けさには感動です。しかし電力不足となる昼間に停電ならば分かりますが、深夜に停電とは奇妙です。時間をみると3時50分。起き上がって窓から外を見てみると街灯は点いています。ということは停電は我が家だけ?

台所に行って配電盤を調べてみると、各個別のブレーカーは全てオンで漏電ブレーカーだけが落ちてました。原因が全く分かりませんが、このままでは冷蔵庫類も止まったままになってしまうので漏電ブレーカーを戻しました。電流が復帰して冷蔵庫は小さなノイズを立て始めます。2階の部屋に戻ると何やらヘンな音が・・・・

「ジジジジジジ・・・」

聴いたことのない音です。何だろうと思って懐中電灯で音の出所を照らすとタコ足配線となった電源タップのあたりから微かに白煙が!よく見るとその周囲が濡れてるように見えます。これは猫のスプレー!(つまりオシッコ)慌てて電源タップの元栓を引き抜くとジジジジも白煙も止まりました。犯人はスージー。そういえば彼女が部屋に入って来た時に水音のような音がした気がしたのですが、眠かったので無視してそのまま寝てしまったのです。

停電に気が付いて起きたからいいようなものの、そのまま寝てたら電源タップが加熱して火を吹いたでしょう。この部屋には消火器など置いてませんから燃え広がった可能性も大いにあります。いやはや、危ない、危ない。漏電ブレーカー様々です。それにしてもスージーの奴、なんでわざわざ2階まで来て電源タップにスプレーを?

20070811suzi.jpg

スージー、反省の色は全く無し

スポンサーサイト