FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



エストニア料理

テレビでたまたま見かけた番組(ぶらり各駅停車の旅)で各国の留学生が母国の料理を振舞うというものをやっていました。まあ大体どの国の料理もそれなりに美味しそうですが、一つだけびっくりしたのがありました。それはエストニアの留学生が披露した料理で、やおら炊飯器からアツアツのご飯をお皿によそうとその上に「これ、かけます。」といって瓶から何やらペースト状のものをかけます。これだけで出来上がりだそうで、実はこれは苺ジャムかけご飯(!)。

どうも現地では本当にこうやって食べているようです。番組の取材担当者もこれにはビビッてました。やはり米に対する発想が全く異なる上に味覚(嗜好?)も違っているようです。興味のある人はお試しください。案外病みつきになるかも知れません。(^^;)

追記:
まあ、これは特殊なケースなのかも知れません。主食はおもに黒パンでレシピとしてはドイツ料理に似たものが多いようです。バルト海に面していることもあって魚もよく使われるようです。
スポンサーサイト