FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



デカリンゴ到着

ミネアポリスのCalhorn CycleからSchwalbe Big Appleが届きました。なぜか20インチ(406)は売っているのですが16x2.0インチ(305)は国内では販売していないようなので取り寄せたものです。トレッドはマラソンよりも細かくて重さはマラソンより少し重いくらい。早速MC-1のマラソン(16x1.5インチ)と交換してみました。チューブもいっしょに取り寄せたスペシャライズドの米式バルブのものへ交換します。前後ともクリアランスは全く問題ありません。エアを入れようと思ってBig Appleの推奨空気圧を見たら2?5気圧!凄い低めです。試しに2気圧にしてみると確かにこれでも良さそうな感じでエア・ボリュームがあるのでリム打ちなんか到底しそうにありません。ただグイッと押すと凹むので前後とも2.5気圧にしてみました。


早速家の周りを試走。おぉ、こりゃサスペンションが付いたような感じです。それもけっこう上等なサスペンションという感触で確実にマラソンとは違います。路面からのショックが丸く伝わってきます。ロードノイズも独特でマラソンよりも抵抗感があります。(マラソンの時は5.5?6気圧入れてましたから違って当然ですが。)SchwalbeはBig Appleを装着した自転車をBaloon Bikeって呼んでますが、確かに言い得てますね。変な言い方ですがアスファルトが少しソフトになったように感じられるのです。MC-1はかなり後ろ荷重気味なので、前を2.5気圧、後ろを3.5気圧にしてしばらく乗ってみるつもりです。

BigApple.jpg


追記:
台所の秤で測ると、
Marathon: 360g
Big Apple:400g
タイヤで40g、さらにチューブも太いので20g重くなり、計60gホイールの最外周で重くなりました。口径の大きいホイールですと最外周が重くなるのは嫌われるので60gなんてとんでもないということになりますが、16インチの場合は逆に慣性力がより働くようになるので走りが安定するんじゃないかと思います。

スポンサーサイト