FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画 ラ・ジュテ(La Jetee)

ちょっと気になる映画があり、どうしても観たくなってきました。タイトルはLa Jetee(ラ・ジュテ:送迎台の意)というフランス映画、新作ではなく1962年に製作された30分弱のショート・フィルムです。今から45年も前の作品ですが調べてみるとなかなか興味深いことが分かってきました。テリー・ギリアムはこの作品にインスパイアされて12 Monkeysを製作したのだそうです。インスパイアというよりは再映画化といった方が良さそうです。12 Monkeysの元ネタになったことから分かるようにラ・ジュテはSF映画ですが、映画とは言ってもほとんどモノクロ写真のスライド・ショーで構成されており、それにナレーションを組み合わせて作られています。手法からすると12 Monkiesとは全く異なるもので、いわゆる商業的ヒットを狙って作られたものではなさそうです。今回気になった原因はこの映画のレビューをIMDBで調べてみると異様に評価が高いことです。いくつか引用して見ると、

・Timeless work of art.
・One of the most powerful short films ever made.
・Perfect form, perfect story, perfect film.
・What an extraordinary film!
・A movie that changed my film-watching life.
・Still one of the greatest science fiction films ever made.
・The most heartbreakingly despairingly romantic science fiction film ever made.

辛口なIMDBのユーザーズ・コメント、それも古いフランス産SF映画にしては異常な高評価です。(もちろん中には「眠くなったよ」なんてコメントもありますが。)画面が動いてこそ映画なのにあえてモノクロ写真を並べた展開でこんな高い評価を得ているのか、全く不思議です。中でも最も気になったコメントは次のようなものです。

But when the film ended, there was about 30 seconds of stone-silence before the murmuring began.

murmuringとは上映後のざわめきのことですが、むぅ、30秒のストーン・サイレンスって何でしょう!?
これは絶対観てみたいですね。

追記:
監督はクリス・マルケルという人。Wikipediaで調べるとハリウッドなんかとは無縁な随分と硬派な映像作家のようです。Wikipediaにも書いてありますが、お茶目なところもあるようで、「現在パリ在住、インタビューは受けず、彼の写真を頼まれると彼の猫ギヨムの写真を代わりに提供する。」のだそうです。
スポンサーサイト

右足痛てて

先週の水曜日頃から右足裏に違和感が・・・・
もしやと思っていたら案の定翌日から始まりました、痛風発作。毎度の健康診断でも高尿酸血症とか書かれて要注意となっていましたが、今年の暑さ故に飲まない訳にはいきません。でコンスタントに毎日ビールを飲んでいましたから自業自得ではあります。歩くとびっこを引いてしまうので会社でも「また自転車事故ったの?」とか言われる始末です。

金曜日あたりはまだ自転車に乗れたので問題ありませんでしたが、土日はモウダメポ状態で歩くのも辛く、せっかくの連休に何も出来ませんでした。右足だけがボワッと膨れて靴もなかなか履けない状態で、年中行事化しているとは言え辛いものは辛いです。解決策は体質改善と食事を変えるしかないらしいのですが、それはダイエット以上に難しいんじゃないかと思っています。薬で尿酸値を下げることも出来ますが、それって無理やり体内のバランスを崩すことなのであまりやりたくはありません。思い切って大好きなビールを止めるか、それとも・・・・う?む、とっても悩ましい。

アンダルシアの夏

今年も熱いヴェルタ・ア・エスパーニャ、その中で最近注目しているのがサミュエル・サンチェスです。下りのエキスパートと紹介されてましたが、いやはや芸術的と言ってしまっても良いくらい彼の下りでの走りは素晴らしいです。

ハンドル・ステムの辺りを握ってトップチューブに座り込むようにしてとるエアロ・フォーム。先日彼がステージ優勝を飾った時にも30数秒差で先行するトップ走者を下り坂でぶっちぎって見事そのままゴールしました。テレビで見ているとエアロ・フォームをとって脚を止めて下っているサミュエル・サンチャスの後ろにトップでギリギリ踏み込んでいる走者がいるのに彼に追いつけないのです。このレベルの速度だと風圧の方が問題になって加速出来ないのでしょうね。おまけにメーターが90km超えてる状態で彼は前を見ずに真下の路面と対話(?)しているではないですか。ひぇ?、恐ろしや?。

彼は子供時代にポケバイに乗ってレースに出ていたそうでその頃にこのようなフォームで走ることを習得したそうです。平地で強い選手や上りで強い選手がいるというのは理解していましたが、こういう選手がいるとは知りませんでした。総合優勝する選手以外にも彼のようなキラリと光る選手がいるということにワクワクしてしまいます。

そうそう、「アンダルシアの夏」と言えばパオパオ・ビールのペペを思い出しますが、確か続編を製作中のはずでした。ペペが今度はどんな走りを見せてくれるのか?、これも楽しみにしています。

(調べたら今度ペペが走るのはUtsunomiyaだそうです!)

開けてよ?

優雅に縁側でこの暑いのに日向ぼっこを楽しむチェリー。
そこに散歩から帰って来たスージーがやってきましたが、網戸が閉まっていて入れません。
スージーが「ニャオゥ?」(意訳:開けてよ?)を連発している所をパチリ。

20070914Cherry.jpg


スージーの表情はなかなか切実そうです。最近雄の野良がよく通るので早く入りたいのでしょうね。スージーは食い過ぎで他の兄弟のようにヒラリとジャンプして2階の窓から入ってくるというようなことが出来ないのでひたすらお願い作戦となります。

20070914Cherry-2.jpg
何とも切実そうな表情のスージー

パン屋へ

パンとおいしいパンとの間には埋めがたい溝があります。これは「麦」のパンを食べたことで分かりました。おいしいパンなら何も付けずともパンだけで充分においしいのです。空腹なら何でもおいしいという話もありますが、それとは全く別の話。舌は正直者です。このところ「麦」のパンとご無沙汰していましたので禁断症状が発生、スーパーで「超ナントカ」というパンが売られているのを見るとなぜかなおさら症状が激しくなります。

そこで今日は飯能の「麦」へ行くことにしました。ミッションは3つ。
(1)パンの確保
(2)Nebulaさんのお見舞い
(3)先日交換したMC-1のタイヤ、Big Appleの走行テスト
といったところです。久しぶりにMC-1にショッパーをセットして11時に出発。途中まで順調でしたが相変わらず暑いこと、暑いこと。体温の調整が効かなくなりつつあるのを感じたので田無を過ぎた辺りでファミレスに寄って30分ほど休憩しました。冷房の効いた店内にいても汗が後から後から噴出して収まるのに20分もかかりました。東飯能駅に着いてコンビニで水補給しますが、周囲の景色のコントラストが変なので駅前のベンチでそれが収まるまで休憩。この症状は去年の8月にも経験したのと全く同様で日の当たっている部分がハレーションを起こしたように見えます。この状態で無理すると気を失いそうになるので要注意です。(つまり熱中症?)

クールダウンしてから「麦」へ向かいますが、今度は右足に変な感触がしてふくらはぎがツリそうに。しばらく右足をかばうように左足中心で漕いでいたら今度は左足が本当につってしまい、あまりの激痛に路肩に停車してしまいました。今までもツーリング中に片足がつったのは経験してますが、両足は初めてで参りました。今日はソロなのでこれが頻発したらアウトということで、何とか速度を落としてとにかく脚に負荷をかけないよう誤魔化しながらやっと「麦」に到着。ちょっと冷や汗でした。おばちゃんにいつものようにハーブ・ティーをご馳走になったのですが、ハーブが入った紅茶を飲んでほっとすると体の方も回復して来たような気がしてちょっと不思議です。

20070908mugi-1.jpg
ほんとにありがたいハーブ・ティー


「麦」には何時の間にか猫の家族が住み着いていて親猫に子供3匹の計4匹が周囲で遊んでいました。ここは猫にとっては天国ですね。ハーブ・ティーをいただきながら暫くぼ?っと猫を眺めて過ごします。体格は一人前ですが、まだ子供なのでじゃれ合ったり、ハントしたりと見ていて飽きません。そういえば「麦」自体が傾斜地にあるので昨日通過した台風の影響が心配だったのですが、この辺りも物凄い雨だったとのことですが幸い被害はなかったようです。

20070908mugi-2.jpg
ここは猫の天国



ゆっくり寛いで4時を回ったので帰ることにしましたが、この脚で岩倉街道の峠が上れるかどうか心配でしたが、ハーブ・ティーのお陰か何とか上ることができました。新青梅街道を通って立川の病院でNebulaさんをお見舞い。「麦」特製ブルーベリーのケーキを手に握ってくれましたが、残念ながら本人は食べられないのでちょっと不満そうです。日も暮れてきたのでNebulaさんにお別れして帰りは日野橋から甲州街道へ出てゆっくり真っ直ぐ帰りました。

心配した脚は軽いツリはあったものの何とか動いてくれました。脚の不調は最近あまり乗れてないせいか、今日の暑さのせいなのか分かりませんが帰ると腕は塩でザラザラ。9月ならそう暑くないだろうと思っていましたが完全な誤算でした。

今日の走行距離は94kmでしたが、Big Appleはなかなか良い感じです。空気圧によって調整出来る範囲が広いのでフカフカからMarathon並みのコチコチ状態までコンディションを選べます。前3気圧、後ろ4気圧弱で走りましたが、ちょっとビョンビョン跳ねる印象があってもう少し調整が必要なようです。Marathonはタフなタイヤですが、Big Appleはさらに幅広な2インチ幅ということもあって路面のギャップがあっても全く意に介しません。路面状態を気にせず走れるので操舵に神経を使わずに済み、非常に安心感があります。耐久性はどうなのかこれから走りこんでみないと分かりませんが、MC-1で長めの距離を走る時にはベストマッチじゃないかと思います。

Scorcher到着

ウィスコンシン州のHostel ShoppeにオーダーしたGreenspeed社製のタイヤ、Scorcherが到着しました。20インチ(406)と16インチ(349)の各1本でケブラーベルト内蔵でどちらも$36。(ケブラー無しタイプは$32)Greenspeed社はオーストラリアのトライク専門メーカで、トライクの為に転がり抵抗の低いタイヤを開発してScorcherとして販売しています。外観はただの太めのスリックタイヤという感じでどこかで見たような感じがすると思ったらTioga製Comp Poolというタイヤにそっくりです。タイヤサイドにもMade in Taiwanと書いてあるので台湾の同じタイヤ会社でOEM製作されているのかも知れません。

20070906-Scorcher-1.jpg


20070906-Scorcher-2.jpg
磨耗チェック用の丸穴が一定間隔で並んでいる


早速和田サイクルで組んでもらったホイールに履かせてみるとどうもうまくいきません。ビートの一部分が上がらないでタイヤ外周がきれいに円形にならないのです。原因はシュワルベのBrompton用チューブを使ったのですが、これだとチューブ径が細すぎてScorcherに対してはエアボリュームが不足だったようです。そのために一部のビートが上がってこないのでタイヤ外周がきれいに円形にならなかったのです。試しに古いBrompton用の太目のチューブで試してみるとうまい具合に円形になってくれました。

しかし、この状態でBikeEのフロントにセットしてみるとクリアランスが確保出来ず、フォークの根元部分でタイヤが引っかかってしまします。同サイズのMarathonだとぎりぎりOKだったのですが、Scorcherはエア・ボリュームがある分太目なのでクリアランスが確保出来ないのでした。ある程度予想していた事態なので対策は考えてあります。ただこれが解決してもブレーキの問題があります。今付いているカンチ・ブレーキをキャリパー・ブレーキに付け替えるつもりでしたが、すぐ近くでクランクが回転しているためケーブルの取り回しなど意外と厄介そうです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。