FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



パーティー

wada90-1.jpg


「とめどなく・・・」の拝御さんにお誘いをいただいて和田サイクル90周年記念パーティーに行ってきました。街の小さな(失礼!)自転車屋さんが90年とは凄いことです。初代はおじいさん、2代目がお父さんで、現在の和田さんが3代目という堂々たる伝統が受け継がれてきた訳です。

当日は会場のホテルが通勤路のすぐそばだったのでいつものようにウールジャージを着てPistaで乗りつけましたが、会場に入るとさすがに場違いな雰囲気。当然和田さんもスーツ姿、周りもスーツでビシッと決めた方々が大勢です。しかし中にはクリート付きのシューズにレーシングジャージで来ていらっしゃるかたも見かけたのでちょっと安心しました。

周りは和田サイクルの取引先関係の方々や常連のお客さんで考えてみればNashは和田サイクルの常連でも上客でもない、言って見れば外野のファンというような立場なので知り合いの方が多くいる訳でもなく少々肩身が狭い思いをしているところに拝御さんがやって来ました。拝御さんは名刺代わりに自作の輪行本を配って大受け、上々の評判でした。ゲストのスピーチが始まると和田さんの秘密(謎)が暴露されたり、BD-1秘話とか店舗改装の話など興味深い話がいろいろ飛び出してきてパーティーは盛り上がりました。ここまで人の輪(人の和)が広がったのはひとえに和田さんの人格の賜物以外の何者でもないでしょう。和田さんが凄いと思うのはどんな要求であっても決して「ノー」とは言わないことじゃないかと思います。そして問題がはっきりすれば「やってみましょう。」と言ってやってしまうという懐の深さ、これが他のショップにはない凄いところでそれ故にこんな大勢のファンがいるのでしょうね。


wada90-2.jpg
90周年の感慨をスピーチする和田さん


wada90-3.jpg
MC-1設計者の村山社長も登場


MCコーポレーションの村山社長と話したところではサイクルモードに出展してそこでは試乗車を用意するという話でした。マグネシューム・トライクも出すそうでこれも試乗出来るかも知れません。

しばし歓談の後で恒例(?)のビンゴ大会の始まり始まり。各種賞品は当然ながら自転車関連品なので出席者は皆殺気立ってビンゴカードとにらめっこです。
1等は自転車そのもの。
2等はオルトリーブのバッグ。
早い者勝ちですから1等、2等とビンゴッ!の声とともに消えていきます。3等以下は各種小物ですが、その中にキラリと光る品物を発見、それはリクセン・カールのショッパー・ミニでした。実はショッパーは大変実用的で既に持ってますが、うちの誰かさんがショッパーにマーキングをしてしまって臭いが落ちなくて困っていたのです。たぶん次に持っていかれるのはあのショッパーでしょう。なんとかリーチまで到達、あと1個だけBの19番が来れば1列揃ってビンゴなのですが・・・・

司会者:「Bの19番ッ!」

思わずガッツ・ポーズが出ました。

wada90-4.jpg
見事射止めたショッパー・ミニ


拝御さんが描いた輪行本2冊セットはビンゴの賞品にもなりました。コミケ向けの限定出版ですから発行部数は多くなく、今日入手出来た人は凄くラッキーでしょうね。

wada90-5.jpg
せがまれて輪行本に懸命にサインする拝御先生


こんな感じで90周年パーティーは終わり。最後に背中に大きく「」と描かれた90周年記念Tシャツをいただきました。次回は100周年記念ということで果たして10年後はどうなっているでしょうか。また楽しく皆さん揃って祝うことが出来ることを祈ってます。

スポンサーサイト