晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボンサドルを作る

タイトルはちょっと大げさです。間違いではないんですが、別に一からカーボンサドルを作ろうという訳ではありません。実は増えすぎた自転車パーツを整理していて以前MC-1で使っていたサドルが発掘されました。2005年のサイクルショーで出展していた台湾のCionlliというメーカーのVaporという穴明きサドルですが、ショー最終日の閉館前にCionlliのブースで投売りされていたものを買ったものです。確か4000円位だった記憶があります。(なぜかおまけにもう1個安いサドルを付けてくれました。)レールはチタン製でけっこう軽量なので買ったのだと思います。MC-1での乗り味はなかなか良好で1年位は使っていたのですが、フィジークのサドルGobiがお尻に非常に良かったので交換してそのままになっていたのでした。で、このサドル、今日まじまじと見てみると裏側はカーボン模様になってます。座面を押えてみるとベースが結構しなります。座面のクッションのせいもありますが、乗り味が良かったのはこのしなりのせいかもしれません。するとひょっとして最近流行りの「カーボン・ベース」なのかも?でもこのレベルのサドルでカーボンを使うとは考え難いのでひょっとしてフェイクカーボン?でも裏面をフェイクしてもしょうがない気がします。しばし熟考してからサドルの皮を剥いでみることにしました。

20080126Curbon.jpg
一気にここまで剥いでしまいましたが・・・


徐々に現れるサドルの黒いベース、表皮を剥ぐのは楽勝でしたがその下の黄色いフォームを剥ぎ取るのがなかなかやっかいでした。それと表皮を固定するためにホッチキス状のもので皮をベースに固定しているのですがそれがベースの素材ににグサグサと刺さっていてそれをラジオペンチで抜き取るのが手間でした。とうとう剥き出しになったベース、その黒いベースを弾いてみるとプラスチックとはちょっと違うやや乾いた響きの音、やはりカーボンベースのようです。カーボンにしては柔らかと気がしますが、カーボンは作り方で柔らかくも固くも出来るようですからわざとしなりを利用するように柔らかに作ったのかも知れません。フォームを剥いだあとはあちこちにホッチキスの針が貫通して出来た表面の盛り上がりを削ってしまえばカーボンサドルの一丁上がりです。果たして乗り心地はどんなものでしょう?


追記
どうもカーボンじゃないです(爆)
トップの出っ張った部分を削ってみて分かりましたが、カーボンがこんなに粘る材質の訳はありません。ということで裏面のカーボン模様はフェイク決定。でもベースのしなり具合はとっても素敵(?)なので実際にこれで走ってみようと思います。作業が完了したところで台所の秤で計ってみると135g!充分に軽量です。さて、実際に使用に耐えるかどうか?

20080126Curbon-2.jpg
作業完了! 見かけはGood! 果たして乗り心地は?


さらに追記
Vaporというサドルはメーカーのページからは消えてしまっています。あまり売れなかったのか、もしくは採算割れか。ショップで売っているのを見たこともありません。ということで恐らく入手は困難です。
スポンサーサイト

はじめてのデュラエース

Venezia用に落札した9速デュラエースのカセット・スプロケットが到着しました。走行500kmほどの12T-27Tの組み合わせです。ロー側3枚がチタン製で持ってみるとなんとも軽いこと。台所の秤で量ってみると280g弱、これがデュラエースの価値かと納得してしまいました。(加えて名前の通り耐久性もあるということでこの名称なんでしょうけど。)デュラエースのパーツで今まで使ったことがあるのはケーブルとブレーキシューとグリースだけ(笑)ですが、この軽さを知ってしまうと他のパーツもデュラエースにしたくなりますねぇ。さて、あとは作業の時間が取れれば早速改造を開始したいところですが天候の都合もあるし、いつ上がるかはまだ見えません。でもこれで確実に100g以上は軽量化できるでしょう。楽しみです。最初から軽いバイクだとこういう楽しみはありませんものね。(と負け惜しみ。)

新風味ハンドル・ポジション

ドロップハンドルの車体に乗るようになって1年経過しましたが、その99.9%はブラケットを握るポジションでした。いわゆる上ハンドルというのでしょうか。下ハンドルを握ることは余程の坂道か強風でないと使うことはありません。姿勢は窮屈になるし、指の短いNashではブレーキレバーの操作もおぼつかないようになるからです。しかし最近もう一つの別のポジションに気が付きました。坂道で無意識に使っていたのですが、なかなかこのポジションは効果的だと思います。

どんなポジションかと言うと、ポジションなどと言うのもおこがましいものですが利用出来るんですから仕方ありません。それは、「ブラケット部分の左右側面にそれぞれ手の平を密着させる」ポジション。何の事はない、ブラケットを握っていた手を側面に沿って前方に回す感じで、指を前から内側方向に曲げてぎゅっと握っただけです。でもそうすると両手に力が入るようになり、ハンドルと上腕が強固にリンクします。それにつれて上体がハンドルの方へ引き付けられて頭部は前に出て上半身がより前傾します。力が入れ易くなるのでギア半段くらいの効果があるように感じられます。もう一つのメリットは当たり前ですが変更が素早く出来ることです。握りの位置をずらすだけですから瞬間的に変更出来ます。もちろんブレーキレバーの操作も問題ありません。

最近は坂道にかかると手をひょいとずらして意識的にこのポジションを使うようにしていますが、ひょっとしたらこんなのはドロップハンドル使いの常識なのかも知れませんね。

Venezia 9速化プラン

うちの庭にnekonoさんがMarin Veneziaを投棄していったのが去年のちょうど今頃、Venezia君は今では通勤車として大活躍しています。ドライブ関係はシマノのSORAと2200が混じった構成でリアは8速です。SORAは変速もスムーズで親指で操作出来るレバーが使い易くて気に入ってますが、そろそろ変えたくなってきました。通常なら10速化というところでしょうが、予算の都合もあり(笑)9速化するつもりです。9速だとMTBのスプロケットもいっしょに使えるということも狙いの一つです。ロードのパーツだけよりも融通が効く可能性があるからです。

そんな訳でまずは9速用のブレーキ兼変速レバー、これはオークションで中古の9速用Ultegraを入手しました。リアディレーラーはMC-1で使っていた10速用のUltegraを使います。10速用でもワイヤーの引き量が違うだけですから問題ありません。残りはスプロケットですが、出来れば軽いDulaAce 7700系のものを物色中。これが揃ったところで9速化にとりかかります。あとはサドルも気になるサドルがあるので密かに悩んでいます。まぁそれが楽しいんだという説もありますね。

(続々々)お正月はスプロケット削り 原因は・・・・

今日も庭先でクランクを回すNash。チェーンを2リンク短くしてみましたが、依然1段目の11Tは異音、そして歯飛びです。目を凝らして現象を確認してみるとどうもチェーンのインナープレートに歯先が引っかかってそのまま歯が乗り上げてしまっているように見えます。ガイドプリーの位置が適切であれば起こらない現象のはずですが、目の前で現象はいくらでも再現します。11Tのスプロケットの歯先をシゲシゲと眺めると表側の歯の形状は4つの歯を除いて全て垂直になっています。この部分を削ってインナープレートに引っかからないようにすれば解決かも知れません。歯を削るのは耐久性とか錆びの問題がでるのであまりやりたくないのですが、ここまでくると・・・・

どうも変です。前にBikeEで使っていたDeole LXのカセットを取り出して11Tの歯先を確認してみました。あれっ?、歯先の形状が違う、それもちょっとじゃなくてまるで違うとは?Deole LXの方は表から見て垂直な歯先はなくて皆少しづつ形状は違いますが表から見て歯の部分がほんの少し削られて斜めになっています。この形ならチェーンのインナープレートに当たらないはずです!もしやと思って2個の11Tを並べて比べてみました。

あ、厚みが違う?・・・・ orz


Deore LXの方が厚みがあります。その差0.3mm。目の前に突き付けられた現実、どうもDeoleの11Tスプロケットと思って一生懸命お正月に削っていたのはSRAMの11Tスプロケットだったようです。最初にBikeEについてきたもので、一応フリーボディーの仕様はシマノ・コンパチ仕様なのですんなり嵌りますが、同じ9速でもチェーンの幅は違うようです。(なのでスプロケットの厚みが違う。)
はぁぁ、やっと解決してすっきりさっぱり・・・・ orz

(続々)正月はスプロケット削り

歯飛びを解決すべくKMC製の新品9速用チェーンに変えてみました。現状のリンク数と同じ98リンクにしてこれでOKのはずです。クランクを回してみると、

相変わらず歯飛びが・・・ orz


くじけそうです。
もう一度現象を確認して見ます。どうも11Tの場合のみチェーンのテンションが不足しているようにも見えます。試しにチェーンをドライバーの先に引っ掛けてチェーンを引っ張りながら回してみると歯飛びせずに回ります。一番径の小さい11Tの時がチェーン・テンションも一番緩い状態のはずですからこれが原因かも知れません。というよりこれ以外が原因だったらもうお手上げです。現状98リンクですから2リンク間引いて96リンクにしてみれば解決するかも知れません。(まだ続く)

(続)正月はスプロケット削り

しつこく続きます・・・・
さてやっとこさで切削作業の終わった11TスプロケットをMC-1に装着しました。

装着前:12T-26T (これから26Tを外す)
装着後:11T-23T (そして11Tを追加)

26Tはほとんど使うこともないのでこれでリア8速としては理想的な組み合わせとなります。早速クランクを回して変速を確認して見ると・・・・ヘンです。
11Tの場合のみなぜか歯飛びする現象が頻発。ディレーラーをいくら調整しても直りません。他のスプロケットでは全く問題無しで11Tだけで発生します。チェーンラインの問題?、ディレーラーが曲がっている?、MC-1で11Tは無理なのか?
問題が分からずとりあえず放置です。 orz

翌日再度調整にトライするもやはりうまくいきません。ネットで検索しても特にそれらしきものは見当たりませんでした。あぁ、あの正月の日々は無駄だったのでしょうか。 orz

しかし、ちょっと引っかかる記事がありました。「チェーンが伸びるとスムーズな変速が出来なくなる」のだそうです。ん?ひょっとしたら・・・。そう言えばMC-1のチェーンを交換してからどの位走ったかしらん?

再度よ?くチェーンと11Tスプロケットの動きを見てみると、本来ギアの谷間にチェーンのコマがはまらなければいけないのに微妙に山にぶつかってしまっているようです。11Tだとかなり小さくチェーンは曲がりますから、メカとして動作条件はより厳しいのでしょう。そこでチェーンのコマ間が規定よりも伸びているとしたら谷にはまらずに山にぶつかってしまうのかも知れません。ならチェーンを交換すればひょっとして解決?

ということでまだ続きます。

貧脚を助けるは

最近Topolinoを通勤時に使っていて気がついたことがあります。最初は期待していたしなやかさなんてキャラはほとんど感じさせない剛性感に驚かされましたが、その軽さに助けられて走るのは非常に楽チンです。あまりに楽チンなので逆に通勤距離くらいでは全くトレーニングになりません。登りの場合でもギアを逆に重くして上がりきってしまうことが可能ですし、漕がずにいるとどこまでも転がって行く感じです。

そういう意味で貧脚にはとてもいいホイールで手に入れて正解でした。ただTopolinoのホイールとしての性能を出し切ることはNashのエンジンでは無理のようです。というのは中高速域で走っている時にもっと行けるよとTopolino君は言うのですが、残念ながら現状の脚力ではその速度を維持できそうもありません。まあ街中ではリスクも高いのでこれでいいのですが、Topolinoの性能の片鱗を垣間見たような気がします。そして性能を出し切れないことに少々もったいないとも思います。まさに猫に小判ならぬ貧脚に小判、いやTopolino。でもいつの日かという可能性もなくはない(本当か?)ので長く付き合っていくつもりです。

スプロケット削り完了

先ほどようやっと9本の溝削りが終わり、フリーボディに被せて現物合わせをしてみました。予想通り一発で行く訳がありません。木槌で叩けば入るような気もしますがそれでは後で交換出来なくなるし、破損の可能性もあります。スプロケットを被せた状態でよく隙間を観察して怪しい部分を少しづつ削り、また合わせてよく観察して・・・・繰り返すこと6回ほど。とうとうスルッとフリーボディにスプロケットが通りました。

20080106mc-1gear.jpg
当然ながら1ヶ所でも溝が合わないとスプロケットははまらない


指がかなり痛くなりましたが、念願の11T化がこれで実現です。しかし日はとうに暮れて外は真っ暗で組み込みは明日のお楽しみとなりました。でもこれでフロントチェーンリングの歯数を10%弱上げて56Tにすればケイデンス90で時速33km、ケイデンス100で36.5kmですからMC-1としては充分満足出来る値です。おまけに一番大きなローギアを1枚外すことになるのでちょっぴり軽量化にもなります。いやはや、年明けそうそう、目出度い、目出度い。
とか言っているNashが一番目出度いかも?

お正月はスプロケット削り(2)

毎日の日課となりつつあるスプロケット削りですが、やっと、やっと全9本のスプラインの内、残り3つまできました。削っていると押えてる左手が痺れてきます。あぁ、しんどい。でもここまで来たら最後までやり通すしかありません。頑張れ! >自分

お正月はスプロケット削り

お正月は特に予定無し、とは言うものの恒例の妹夫婦の強襲受けたり、親父の墓参りとかありましたのでそれなりに忙しかったのです。で余った時間で去年の大晦日、寝ながら考えついたことを実現すべく作業に取り掛かりました。それはMC-1への11Tスプロケット装着です。

MC-1は9速のDeoreスプロケットを使っていますがチェーン跳ね上げ機構にトップギアが干渉するために11Tのギアを外して8速で使用しています。なので通常は2速目の12Tがトップギアという状態です。でもしまなみや江ノ島往復などで走っていると12Tでは足りないということが往々にしてありました。11Tが使えればもっと快適に走れるはずです。前にも検討はしたのですが切削作業にめげて諦めていたのです。今年の正月休みは長めということで再度チャレンジしてみようと思いました。

トップギア以外のスプロケットはフリーボディ部にスッと嵌るようになっていますが、トップの11Tだけはフリーボディ部の先端部に冠のようにかぶさってその状態で固定されるようになっています。これがシマノの仕様です。しかしMC-1の場合はその状態だと干渉が発生する訳です。これを避けるのにはトップギアの内径にある9本の溝を切削しなければなりません。(つまり内側の溝がギア厚みの半分の所で終わっているので、この溝をさらにギアの厚み半分だけ広げないと嵌ってくれません。)素材は鉄なので手持ちの細い丸ヤスリと角ヤスリを使って少しづつ削っていくしか方法がありません。おまけに小さいので手で固定するのがひと苦労です。削っていると抑えている方の手が痛くなってくるのでせいぜい1日に溝2本といった按配なので完成するのは5日目でしょうか。11Tで走っているところを思い浮かべながらゴリゴリガリガリと作業しています。

2008年開始

あっと言う間に2008年になってしまいました。2007年は結構激しい年でした。ちょうど1年前のブログの記事を見ると1月1日には親父が入院していた慶応病院に見舞いに行ったことが書いてあります。その親父も4月に亡くなり、Nebulaさんの事故、黒猫リリーの病死と暗いことが続いた年でした。

そして今年の3月にはいよいよ自宅の引越しの予定です。なんせ生まれて初めての引越しですから大騒ぎになること間違いありません。幸い引越し先は直線で約10kmほどの多摩丘陵地帯。周囲はアップダウンが豊富で多摩川までは2kmほど、緑も豊富な環境とサイクリストにはありがたい環境です。ということでまあバタバタするには違いありませんが、いろいろと楽しみにしていることもあって変化に富んだ良い年になりそうな気がします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。