FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



お正月はスプロケット削り

お正月は特に予定無し、とは言うものの恒例の妹夫婦の強襲受けたり、親父の墓参りとかありましたのでそれなりに忙しかったのです。で余った時間で去年の大晦日、寝ながら考えついたことを実現すべく作業に取り掛かりました。それはMC-1への11Tスプロケット装着です。

MC-1は9速のDeoreスプロケットを使っていますがチェーン跳ね上げ機構にトップギアが干渉するために11Tのギアを外して8速で使用しています。なので通常は2速目の12Tがトップギアという状態です。でもしまなみや江ノ島往復などで走っていると12Tでは足りないということが往々にしてありました。11Tが使えればもっと快適に走れるはずです。前にも検討はしたのですが切削作業にめげて諦めていたのです。今年の正月休みは長めということで再度チャレンジしてみようと思いました。

トップギア以外のスプロケットはフリーボディ部にスッと嵌るようになっていますが、トップの11Tだけはフリーボディ部の先端部に冠のようにかぶさってその状態で固定されるようになっています。これがシマノの仕様です。しかしMC-1の場合はその状態だと干渉が発生する訳です。これを避けるのにはトップギアの内径にある9本の溝を切削しなければなりません。(つまり内側の溝がギア厚みの半分の所で終わっているので、この溝をさらにギアの厚み半分だけ広げないと嵌ってくれません。)素材は鉄なので手持ちの細い丸ヤスリと角ヤスリを使って少しづつ削っていくしか方法がありません。おまけに小さいので手で固定するのがひと苦労です。削っていると抑えている方の手が痛くなってくるのでせいぜい1日に溝2本といった按配なので完成するのは5日目でしょうか。11Tで走っているところを思い浮かべながらゴリゴリガリガリと作業しています。
スポンサーサイト