FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



怪しき世界へ

真剣にピンホールを検討中です。まだどうやったらいいのかよく分からないところが多分にありますけど。まあ馴れが解決してくれるでしょう。フィルムは懐が深い世界ですし。失敗なければ成功もなし。とは言うもののNashなりには考えてみました。まずフォーマット、これを決めなければ先には進めません。どうせとるならリバーサルで撮りたいのでそれが前提です。

まず4x5インチ・サイズ、でかいですが作品としてそのままでも鑑賞に堪える大きさでしょう。ただしフィルムの交換ではダークボックスを持ち歩く必要があります。あと大きさに比例してコストも大きいです。でも空き缶だったらこれが一番あってそうです。ポラロイドパックが使える可能性も有利ですね。

お次のブローニーフィルムは6x6、6x4.5、6x7、6x9と自由度がある程度あってロール状ですから扱い易く経済的でもあります。サイズは4x5には負けますが35mmに比べればダントツの大きさ。フィルムの入手も容易ですしハンドリングも楽、なので思い切って使えそうです。

あとは一番一般的な35mmサイズ。気安く使えますが作品のサイズがなんとも小さいのが辛いところです。リバーサルから引き伸ばすとコストがかかりそうで経済性もあまり良くないような気がします。

いろいろ考えてブローニーで行こうと思いました。4x5はそれからでも遅くはないでしょう。となると使いやすそうなブローニー版のボディーが必要です。ピンホールだと自作という手段もあり得ますがまずは作品を撮りたいということでPentax 6x7のボディーを落札しました。これならフレーミングを直接確認出来ます。(本当に出来るの?)ディジタル全盛のせいかブローニー版は人気がないようで格安でした。あとはレンズ、というか針穴を用意すればOK。この辺りはいろいろと工夫の余地がありそうです。

あぁ、なんか加速度的に症状が進行しているような気がします。気のせい?
スポンサーサイト



ジャンク、ジャンク、ジャンク

本日の獲物
・ミノルタ HI-MATIC(ROKKOR-PF 45mm F2)
・ミノルタ UNIOMAT(ROKKOR 45mm F2.8)
・ヤシカ ELECTRO 35(COLOR YASHINON DX 35mm F1.7)
・京セラ T-AFD(Carl Zwiss Tessar T* 35mm F3.5)
4台ともジャンク品で計1900円でした。(送料は別)

バッテリーを入れ替えれば動く可能性もありますが、かなりの手入れが必要でしょう。でも全く構いません、レンズさえ良ければ。メカは経年変化に弱いですがレンズはクリーニングさえちゃんとすればいつまでも使えますし、コンバージョンして別機体で使用することも可能です。この頃のレンズは非常に評価の高いものが多いのでレンズだけでも先行して確保しておこうということです。