FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



ギャラクティカ!

今年1月から放映が始まった「バトルスター・ギャラクティカ」、なかなか面白くてはまっています。最初のオリジナル番組「宇宙空母ギャラクティカ」が1978年放映(30年前!)、その頃の大ヒット作「スターウォーズ」にあやかった柳の下のドジョウを狙うような作品でしたが、新シリーズはかなり感触が違います。基本的な舞台設定はほぼ同じで、機械化種族サイロン帝国との戦争で生き残った人類5万人と共に宇宙空母ギャラクティカがサイロンの追っ手をかわしながら新天地「地球」を目指すというもの。

全然同じじゃないかと言われればそれまでですが(笑)、この新シリーズでは敵サイロンがかなりパワーアップしており、ロボット型だけではなくて人間そっくりのサイロンとか自分を人間だと思っているサイロンというのが登場します。そして人間型サイロンが艦内に紛れ込んでいるかもというシチュエーションが話を面白くしています。そのサイロンがえらく露出度の高いおネエさんで人間の頭の中に妄想として現われたりしてかなり演出が大人向け仕様。サイロンの戦闘機を操縦しているのもオリジナルではメカっぽいロボットでしたが、新シリーズでは有機生命体(サイボーグ?)というように面白い道具立てになっています。また人間ドラマという要素もたっぷりで各話いろいろな謎や疑問を含みながら展開していくという連続ドラマの王道を行く作り込み。CGも丁寧な作りだし、俳優も味のある人が出ているのでついつい見てしまうのですね。米国ではその人気に押されて現在シーズン4(最終?)が放映されているようです。

宇宙空母ギャラクティカ(Wikipedia)
スポンサーサイト