FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



(続)ボディー沼

今日はオリンパスE-300のボディーが到着しました。開けてびっくり。オリンパスって小型軽量というイメージが頭の中で先行していたので案外デカくて重量もあるのですね。そういえばE-300の現物もよく見たことがなかったのでした。でもこのデジイチらしくない出っ張りのないスタイリングは好みです。しかしボディーだけではさすがに写りません。ひとまずマウントアダプターで手持ちのM42系のレンズで試してみようと思います。35mm位がちょうどいいのですが持ってないのでタクマーの50mmか、Domiplan50mmのどちらかです。デジイチは初めてなので楽しみです。

楽しみと言えば分解(?)ですが、先日届いたジャンクなニコンAF600の殻割をしているのですが、小皿に入れておいたネジをなんとお袋がゴミと勘違いして生ゴミの中に投入してしまったのでした。慌てて生ゴミさらい開始。ネジは極小サイズで真っ黒なので黒ゴマのように見えますが、生ゴミに本物の黒ゴマが混じっていたりしてもう途中で諦めました。なんとか半分は回収しましたが・・・・ orz
スポンサーサイト



ボディー沼

最近よくボディーが増えます。それもやたらと。

αSweet?がなかなか良かったので予備用に1台追加、そしたら旨そうなα360siが見つかってしまって格安ゲット。この頃のボディーはエンジニアリング・プラスチックが多用されるようになった時期でそういうカメラはコレクションの対象にならないせいか申し訳ないぐらい安く手に入ります。確かに金属性ボディーと比べると質感の違いは明らかですが、別にコレクションの対象ではなく実用品が欲しいだけなのでこれはありがたい限りです。それに安いとは言え集約された露出やフォーカシングのテクノロジーは大した物です。

で気が付くといつの間にかキャノンEOS Kissが2台も。コンパクトではニコン・ピカイチAD3とRD2がやってきました。どちらも広角35mm。昨日はジャンクなCONTAX TVSがやって来ました。午後に新宿に出かけた折りに「新宿中古カメラ市場」に寄ったらジャンク箱にどこかで見たような子を発見しました。よく見るとニコンの初代ピカイチ(型番L35AF、1983年発売)。これは後のピカイチとレンズ構成が違っていて4群5枚構成でなかなかの写りだとか言われてます。札にはカビとかコメントされてますが、レンズを覗いてもどこにカビが?状態でしたので即行保護しました。税込1,050円也。家に帰って電池を入れると巻き上げOK、AFもOK、フラッシュもOKでファインダーに多少埃がある程度です。これでジャンク呼ばわりとはピカイチに失礼な気もします。(まあ実写しないと本当は分かりませんけども。)

で今日はジャンクなニコンAF600が2台やって来ました。1台はレンズ出っ放しで裏蓋のツメが折れた状態、もう1台は外見正常なれど電源を入れるといつまでもモーターが回りっぱなしで巻き上げが止まりません。AF600はちょっとクセがありますが素敵な写りをするカメラですから直す価値は充分あります。TVSは実に悩ましい状態なことが分かりました。時々気が向いたときだけ電源が入るという現象です。このTVSは裏蓋開けて見てびっくり。電源オフ時はズームレンズが沈胴して格納されるのですがその後玉のデカイこと。とてもコンパクトカメラのものとは思えません。それにチタン製外装の感触がなんとも良いのです。さっきは質感なんてと言っておきながらやっぱりそういうのも大事かなぁと思ってしまうぐらい良いです。これは是非直したいですが、分解は出来るかも知れませんがパーツ交換が必要な自体になったら本物のジャンク品一丁上がりということになります。ここはプロに任せるべきかも・・・、う?ん。