FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



レンズの一瞥

自転車通勤の時は四谷の稲草園で昼飯とパターンが決まっているんですが、その一本裏通りにあるポートレートギャラリーという所で横木安良夫氏の写真展「GLANCE OF LENS ?レンズの一瞥?」が開かれていることを知って早速拝見してきました。(28日が最終日)

スナップ中心の作品でオリジナルプリントはとても階調が豊かで画像から気品(と言ったらいいのか?)を感じます。鑑賞に耐えるプリントとはこういうものなのですね。

特にどうということのない日常風景も切り出し方によってこういう作品にすることが出来るというのはなかなか凄いことかも知れません。あと気が付いたのはブレた作品が多い事でした。ブレていることで瞬間の記憶のようなイメージが表現されているような感じです。こういう作品はブレッソンを思い起こさせます。この手のスナップを撮るカメラはレンジファインダーかコンパクトでないとだめでしょうね。いちいちファインダーを確認する事が前提の一眼はお呼びではありません。

プロが機材にこだわるのも頷けます。やはり画像を見せて何かを感じてもらうのには作品にそれなりの裏付けとなるものが必要になるのですね。よい勉強兼刺激になりました。スナップって簡単そうで実はかなり難しいジャンルなのかも知れません。
スポンサーサイト