FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



とってもダークなダークナイト

久しぶりに映画館へ。いろいろと巷の噂に聞こえて来るダークナイトの評判がやけにいいので気になっていた映画です。いまさらヒーローものかよ、という感じもありますが監督があの眩暈映画メメントのクリストファー・ノーランということでもしやという期待があって観てきました

延々と流れるエンドロール・・・・・・場内シーン・・・・・・
とうとうエンドロールが全て流れ終わるまで誰も動けませんでした。平日で観客が少なかったせいもありますが、あまりに内容が濃すぎて軽いショック状態。さすがノーラン監督、ハリウッドの縛りの中で良くやったというしかありません。タイトルに偽り無し、全くダークな物語になっています。ダーク過ぎてヒーローものだからと言って家族で観るにはちょっと適さない映画になってしまいましたが、大人のエンターテイメントとしては文句ありません。キャスティングも皆最高の割り当てですし、何より敵役ジョーカーの描き方が素晴らしい。亡くなってしまったヒース・レージャーのジョーカーを越える演技というのは恐らく無理でしょう。勿論何でもかんでも素晴らしい訳ではなく、ストーリー展開が難解になり過ぎたきらいがありますが(ついていくのがやっと!)、ノーラン監督としてはこれが妥協の限界だったのでしょう。時間があるならDVDではなくて映画館で陰謀と疑惑と裏切りの街・ゴッサムシティーを訪れることをお勧めします。
スポンサーサイト