FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hexar

変わったレンズがやってきました。レンズの銘版からは六櫻社のHexar Serise1 13.5cm/F4.5と読めます。ヘキサーと言えばコニカのブランドですが、実はコニカカメラの原点が六櫻社だったのでした。六櫻社のカメラ事業が発展して小西六になり、最近コニカミノルタになってからカメラ部門はソニーに吸収されてしまいました。このレンズ、光学系は特に問題なくクリアー、絞りはちょっと固いですが動作には問題無し、ヘリコイドもスムーズに動きます。ネットで調べてみると昭和6年に発売されたレンズで当時の4x5判暗箱カメラなどに使用されたもののようです。

20081029hexar-1.jpg


寺崎さんという方が作成された六櫻社に関するページによれば、
「毛利広雄(六櫻社の技師長)はレンズの研究の結果設計にとりかかり1931年(昭和6年)6月 テッサータイプのヘキサー? F4.5が完成する。このヘキサー?はトロピカルリリーに装され(11.5cm大名刺判 13.5cm手札判)、追ってヘキサーSer.? F6.3が昭和7年8月に完成する。」
と書かれています。もしこのレンズがトロピカルリリー(すごい名前のカメラです。)用だとしたらシャッターが組み込まれているはずですから、そうでないということは撮影・引伸ばし両用のレンズとして販売されたものなのではないかと思います。

当時の六櫻社はドイツからいろいろな写真機材やレンズを輸入していたようですが、それらに頼らずにレンズを国産化したいという思いがあったようです。(光学機器に軍事用のニーズが高く、当時の海軍から軍用カメラの製作を命じられていた。)毛利技師長は光学の専門家ではなかったのですが、レンズ設計を独学で学びこのHexarを完成させたということです。海外資料を読み解き、計算(ソロバン?)し、ガラス材を研磨(どんな研磨機があったのでしょうか?)して作られたHexarは当時の輸入品にひけを取らない光学性能を示してHexarの完成に毛利技師長は大変な喜びようだったとのこと。当時国産のガラス材もあったようですが、このHexarのガラス材には輸入したイエナ製のガラスが使われているようです。

なかなか歴史的に貴重なレンズなのかも知れません。なぜ買ったかというとこのレンズがPentax6x7のボディキャップにマウントされていたからです。(穴を開けて接着剤で固定しただけのようです。)Pentax 6x7のボディは持っていますがまともに焦点を合わせるにはPentax 6x7用の中間リングかヘリコイド・エクステンションが必要になります。残念ながらそのようなものは持ち合わせがないので別途探さなければなりません。昭和初期の毛利さんのHexarレンズ、どんな絵を写し出してくれるのかテストが楽しみです。

20081029hexar-2.jpg
ヘリコイドを伸ばしたところ

スポンサーサイト

気になる写真

最近手に入れたレンズを調べるために検索していて衝撃を受けた写真があります。

これです。

怖いですねぇ。あんまり友達にはなりたくない感じです。でも怖くて衝撃を受けた訳ではありません。最初にこれを見た時に写真とは思わず絵画と思ってしまいました。しかしこれはれっきとしたモノクロポートレートなのです。恐らく4x5程度の暗箱カメラでしょう。この撮影に使われたレンズはエミール・ブッシュ社のレンズで通称ニコラ・ペルシャイト(Nicola Perscheid)と呼ばれているソフトポートレイト・レンズだそうです。(詳細はThe Classic Cameraのページをご覧下さい。)

軟調なレンズとはいえモノクロだとこんな表現も出来るのかとビックリしました。時代としては大正の頃、レンズ構成も非常にシンプルでそんなに高性能なガラス材があったとも思えません。それなのにこの強力な表現力は何なんでしょうね。時代は進んでカメラはカラー化し、小型化し、高速化し、さらにデジタル化して便利な道具として進歩してきましたが、表現と言う点では果たしてどうなんでしょうか。勿論昔の機材では撮れなかった表現もいろいろとありますが、逆にそれが表現をあるパターンに閉じ込めてしまっているということはないでしょうか。これは針穴写真を観た時にも感じました。針穴写真なんていかにもローテクですが、表現と言う点ではフォーマットに束縛されない自由さがあって凄くあこがれてしまいます。テクノロジーの進歩イコール良いことなはずですが、その進化の道筋の脇には何か重要な物が捨て去られてしまっている、そういう感じがどうも拭えないのです。

ちなみにこのNicola Perscheidレンズを探して見ると大体3,000ドル以上の値段が付いています。使いこなせるかどうか分かりませんが、いつかトライしてみたいものです。

マイクロフォーサーズへの期待

以前にマイクロフォーサーズのフランジバックが非常に短いことからアダプターさえ出れば今まで使用が難しかったレンズも使えるようになるはずと書きましたが、早速出てきそうです。日本カメラの最新号に載っていましたがRayqualブランドの宮本製作所が既に各種アダプターを試作しているそうです。やはり思った通りライカマウントが近日出るそうです。

ライカのフランジバック長が短いことから他機種でのライカレンズ利用は無限遠が出ないなど問題がありましたがこれでライカ本家とその互換機種の過去の膨大な資産が生かせるようになる訳です。Mマウントが使えるようになればさらにアダプターをかましてLマウントも使えるので戦前物から最新鋭のレンズまで使い放題という(一部の人にとって)夢のようなデジカメになります。もちろん絞りは連動しませんが絞り優先AEで使えれば通常は問題ないでしょう。フィルムカメラの場合と比べて画角が半分になってしまいますが、一つのレンズを銀塩でもデジタルでも使えるようになれば機材の運用という点でも助かります。

もう一つ助かるのはEVFファインダーとなるのでレンジファインダーカメラでは難しかった接写が出来るようになることです。EVF経由ですから当然パララックスもなくなります。ヘリコイド繰出し量が想定外となるので中間リングが必要でしょうけど今まで撮影出来なかったマクロ領域まで写せるようになります。50mmのレンズなら35mm版の100mm相当、35mmなら70mm相当になりますからマクロ撮影が楽しめるのではないかと思います。

ライカ系レンズが使えるだけでも凄いのに宮本製作所ではキャノンFD用も試作しているようです。FDレンズはライカと同様にフランジバックの問題で他機種での利用が難しかったために冷遇されてましたがこれが出れば中古相場が上がるかも知れません。さらにオリンパスPEN用(!)とかの話もあるようで非常に楽しみです。

マイクロフォーサーズは既にパナソニックからG1が出ていますが、肝心のオリンパスはまだモックアップの発表のみ。かなり小型のボディーになりそうですが、サードパーティー・レンズが使いやすいような仕様になってくれるように願ってます。(オリンパスもどうもこの辺を狙っているような気もするのですが。)あ、もちろんオリンパス純正のレンズ(恐らくズーム)もとても期待してます。これはこれで現代レンズとして楽しみたいですから。

追記:
日本カメラをよく読んだらオリンパスの方はコンパクト機と同様で背面液晶だけのように見えます。小型化優先でEVF無しならちょっと残念です。ならせめて光学ファインダーだけは付けられるようにしておいて欲しいところです。オプションでズーム式の外付けファインダーなんて出ると嬉しいんですが。

やっぱりポジは凄かった

ようやくEnsign Autorangeで6本ほど撮ったポジがあがり、結果をみてみるとヒット率は50%?60%強といったところでしょうか。けっこう失敗があります。シャッターがレンズに付いているので左手で押さなければならないのですがまだ慣れてないのでホールドする前にパシャと切れてしまったり、フォーカスレバーに触ってしまってピンボケになってしまったり、巻上げ忘れて二重露出してしまったり。露出も主に単独の反射式露出計に頼ってますが、補正が足りずにアンダーになってしまったのも多いです。

しかし、うまく撮れたものはグレート!6cmx9cmの1コマの中に世界が切り取られたごとくの絵があります。これこそ写真の醍醐味じゃないでしょうか。青空にたなびく雲を撮っただけのショットでも感動してしまいます。プロが大判や中判を使う理由がよ?く分かりました。ポジフィルムの中の被写体に存在感が感じられるのですね。それから色の再現性の良さが素晴らしいです。自分が見た通りの色が再現されてます。記憶の中の色と一致するのです。ネガフィルムだとこの色の再現性がうまくいかずちょっと悩んでいたのですがこれで解決と思いました。ネガだとプリントの段階で変わってしまいますし、それを調整するにしても他人に頼まなければならないので非常に再現が困難です。(自分でプリント出来れば別ですが。)ポジだと撮影した段階で終わり、決定、それまでよということでそのポジフィルム自体が作品となりますから撮影者に全責任があって第三者が関わってくることがありません。(後処理でデジタル化して補正するとかはあるんでしょうが。)デジカメの場合でもホワイトバランスが同じ時間帯の撮影でも変わってしまってどれが本当の色だったのか分からなくなったりすることがありますからネガフィルムの場合と同様です。(撮影の度にWB調整するのも非現実的ですし。)

ポジでの撮影は撮影時の緊張感プラス現像上がりのドキドキ感が加わって最高です。これはデジタルでは味わえない世界です。仕事で失敗出来ないプロはこういう選択は難しいでしょうけどアマチュアは冒険し放題ですからこれを楽しまない手はないと思います。ただ残念ながら現状まだスキャナーがないのでブログにアップ出来ません。それにアップしたとしてもブラウザー上で見てポジの素晴らしさというのは分からないような気がします。

最も大きな問題は120フィルムで8カットしか撮れないことです。フィルム代と現像代で1000円強ですから1枚当たり130円ほどかかります。パシャッで130円です。パシャ、パシャで260円也。ということでデジカメのようにはお気軽には撮れません。同じ被写体で露出条件を変えて撮るもの貧乏性故つい控えてしまいます。なので撮る時は1発勝負、どうしても気合が入ります。当面はリスク分散ということでコンデジもいっしょに持って行って状況によってコンデジと使い分けて撮るようにするのが良いかなと思います。

し、しまった

先日新聞をみたら三越日本橋本店の広告が載っていてそこに大きくロベール・ドアノーの写真展を開催すると案内が出ていたのです。ドアノーと言えば有名なのはパリ市庁舎前でカップルがブチュッとキスしている写真。多分どこかで見たことがあると思います。恐らく一瞬の出来事だったはずでよくぞあの瞬間を切り撮れたものです。そのオリジナルが見れるはずだったのですが、なんとたったの1週間で終わりとはねぇ・・・・がっくりです。せめて2週間くらいやってくれればと思うのですが、次の機会があるかどうか。どこか他の支店でやってくれれば観に行くのですが。

薔薇を撮りに

日曜は午前中に深大寺植物公園へ薔薇を撮りに行きました。カメラはEnsign Autorange。いつものサコッシュに予備フィルムといっしょに放り込んでロードで出発、場所は前回把握していたはずなのですが例によって通り過ぎてしまい、Uターンして無事到着です。入園してみると昨日からバラフェスティバルとなっているようでバラ園は人で一杯。目立つのは黒いデジイチを持ったお年寄りです。皆さんバラを目当てに集まってきたようです。園内放送で「混みあってきたので三脚使用はご遠慮ください。」とアナウンスしてました。邪魔で肝心の薔薇が見えないとか、足を三脚に引っ掛けてカメラを壊したとかそういうトラブル防止のようです。(なら一脚はOKでしょうか?)花の開花具合は場所によって違いますが6割くらいでしょうか。まあいろいろな種類があります。花となるといきおい接写したくなりますが、Autorangeでは無理なので邪魔物を避けて撮影するのはなかなか難しいところです。次回はマクロ体制でこようと思います。出来れば雨上がりに撮れれば最高なんですが。

2本(といっても16カット)撮ってひとまず撤収。その後は新宿ヨドバシまで走り、試し撮りと合わせて4本のブローニーを現像依頼して今度は四谷へ走ります。お目当ては「針穴魂」写真展。針穴写真はやはり面白いです。レンズ無しであれだけの表現が出来るのだから撮らない手はないですね。フォーマットの制限も少ないですし、ローテクでOKですから自分専用の針穴写真機を作らねばと思いました。そこでまたフィルムスキャナーの問題が出てきますがなかなか悩ましいです。一気にニコン製をローンで? う?ん・・・

中華で昼飯を取ってから再び甲州街道を下って帰宅しましたが、自宅前の坂はもう登れないかと思いました。下ハンドル握ってなんとかかんとか。50km走った直後でこの坂はやはりきついです。そろそろフロントダブル化するべきかも知れません。(実は左シフトレバーにはインナーワイヤーが入っていないのでした。)

ビールを買いに尾根道を歩く

今日は午前中はどんよりした曇空。深大寺植物公園に行ってバラでも撮ってこようと思っていたのですがどうもこのライティングでは行く気になれません。午後後半になって雲が切れてきましたが、今日は諦めました。午後4時前にビールを買いに駅まで歩くことにしました。お供にはは珍しくオリンパスE-300と40mmマクロキラー君。(フォサーズなので80mm相当)マンションを出て裏手の階段をハァハァしながら登って尾根道にでます。人がようやくすれ違うことが出来る程の幅しかありませんが、どうもれっきとした道路のようです。(ちゃんと正式な尾根道何号線という名称があるようです。)これは最近になって気が付いた新しいコースでこれを辿っていくと駅の近くまで行けます。雰囲気は里山という感じで日が暮れて来ると真っ暗になってしまいますからライト無しには歩けなくなります。先日は散歩をしていた人からこの付近でフクロウを見たとかコジュケイの親子を踏みそうになったとかの話も聞きました。

20081011-1.jpg


駅に着くまで残念ながらマクロ撮影には暗すぎて1枚も撮れませんでしたが、ビールを買って駅前の歩道橋を登った時にいい感じの雲が撮れました。最近HABUさんの影響でよく雲を被写体にしますがこれが簡単なようでなかなか難しいものです。刻々と被写体は変化するし、撮影条件も変わりますし、それに邪魔が多いのです。邪魔というのは主に電線とか電柱でこれはいい雲だと言うときには必ず視界に電線が入ってしまいがっかりすることが多いのです。なので最近では家の周辺で空が邪魔が入らずに見渡せるポイントを覚えるようにしています。21mmくらいのワイドレンズが欲しいところですが、中望遠で空を切り取るようにしてもけっこういい感じで撮れます。こちらの方が邪魔され難いですしね。

20081011-2.jpg
歩道橋の上からの東側の空


20081011-3.jpg
ほんの数十秒で表情が変わってしまいます


20081011-5.jpg
家の近くでの西側の空



本屋へ寄り道

事務所からの帰り道に久しぶりに本屋へ寄り道してみました。自転車雑誌の前で一時停止、「ダンシング特集」というのが目に止まって立ち読み。なるほどねぇ、しかし山岳で(丘陵でも)ダンシングする余裕はないなぁとちょっと溜息をついてカメラ関係の棚へ移動します。目に止まったのはPhat Photoの増刊号。表紙に大きく「心がうつるフィルムの写真」と書いてありました。「なんと!、心で写るとはつまりは念写!心霊写真特集か、写真雑誌もとうとう学研ムー並になったのか!」とビックリして手に取って見てみるとまあそういうキワドイ特集ではなく最近の銀塩フィルム事情を紹介した特集でした。ちょっと知りたいと思っていた現像処理やプロラボでのプリントなどについて書いてあり参考になりそうな内容です。あと驚いたのは明らかに女性向けの写真雑誌があることですね。それも複数。やはり感性の違いからか男性が撮った作品とはキャラが違っていてなかなか興味深いです。やはり男性と女性とでは視点が違いますね。過去の写真家は男性ばっかりだったので新鮮に感じられます。男性側もこれにインスパイアされてまた少し違った視点が出てきたりすると面白くなりそうです。

もう一冊面白そうな本がありました。「ライカ物語」(光文社刊)です。9月の新刊のようでチラッと見ただけですが、バルナック・ライカの頃からライツ社の技術者は人間の目の構造を意識してカメラを設計していたりすることとか、高精度な板金の打ち抜きにかけた職人の心意気とか(プロジェクトX?)ライカにまつわる歴史や逸話が当時を知る人間達からの証言といった形で述べられています。副題は「誰も知らなかったライカの秘密」で、確かに当時のライツ社は世界の最先端を走っていたということがよく分かります。この本は買うかも知れません。

期待のカメラ

現時点で最も期待している新作カメラ、それはM9ではなく、一眼レフでもなく、マイクロフォーサーズでもありません。デジタルではなく銀塩カメラです。フォトキナ2008で参考出品されていたフジフィルムのGF670が期待のカメラです。名称のごとく6x7版のフォールディング(蛇腹)カメラで6x6、6x7の切替が可能だそうです。今の時点でブローニー判のカメラを出すというのはフィルムメーカーのフジだからこそ出来ることでしょう。現状のカメラ会社でそのような製品企画が通るとは思えません。このカメラの製品化によってブローニーフィルムの需要が喚起されると言う大義名分があったからこそ企画が通ったんじゃないかなと推測します。(実際にそうなるかどうかは別問題でしょうけど。)

20081005gf670-1.jpg


興味深いのはこのGF670の製造はコシナが行うことです。フジ社内のリソースを使うよりも合理的・経済的なのでしょう。(もしかしたら逆にコシナ側ががフジに持ちかけたのかも?)コシナとしては始めての中判カメラということになります。日本国内ではフジフィルムGF670として販売され、日本以外の諸外国ではフォクトレンダー・ベッサ667として販売されるそうです。レンズ名はFujinonとなっていますのでフジフィルム側がが供給するのでしょうが、フォクトレンダーブランドの場合はどうなるのか不明です。簡単なスペックは以下の通り。

・6x7 cm (120-10枚. / 220-20枚.)
・6x6 cm (120-12枚 / 220-24枚.)
・レンズ 80 mm/f3.5 (4群6枚構成))
・ブライトフレーム・ファインダー(自動視差補正)
・LED表示の露出メーター
・電子制御レンズシャッター 4-1/500 sec, B
・露光素子 SPDセンサー
・中央重点平均測光
・絞り優先AEもしくはマニュアル露出
・露出補正 1/3EV単位で最大2EVまで
・感度設定 ISO25-3200
・手動巻上げ方式
・CR2 (3v) リチウム電池使用

重量が分からないのが気になりますがまさか総金属製ということはないでしょうから軽量なことが期待出来そうです。発売予定は来春だそうでまずは貯金ですね。

20081005gf670-2.jpg

奴が戻ってくる

奴というのはランス・アームストロング。ツール7連覇の栄光を手にして引退したはずでしたが・・・・
いきなり復活するそうです。参加チームはアスタナ。強すぎるということと外国人(フランスから見て)ということで現役時代からいろいろ言われていたドーピングに関する噂に対する潔白を証明してみせるという気持ちも復帰動機の一つのようです。最近のドーピング事件が続く事情に思うところがあったんではないでしょうか。何にせよまたあの高速回転ケイデンスがライブ中継で見られる訳でいやぁー良かった良かった。出るからには当然狙って来るはずで、アームストロング復活となればライバル達も黙ってはいられないでしょうね。彼に勝てば一段とハクが付きますから。自転車レース界もぐっと盛り上がるんじゃないかと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。