FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



ビールを買いに尾根道を歩く

今日は午前中はどんよりした曇空。深大寺植物公園に行ってバラでも撮ってこようと思っていたのですがどうもこのライティングでは行く気になれません。午後後半になって雲が切れてきましたが、今日は諦めました。午後4時前にビールを買いに駅まで歩くことにしました。お供にはは珍しくオリンパスE-300と40mmマクロキラー君。(フォサーズなので80mm相当)マンションを出て裏手の階段をハァハァしながら登って尾根道にでます。人がようやくすれ違うことが出来る程の幅しかありませんが、どうもれっきとした道路のようです。(ちゃんと正式な尾根道何号線という名称があるようです。)これは最近になって気が付いた新しいコースでこれを辿っていくと駅の近くまで行けます。雰囲気は里山という感じで日が暮れて来ると真っ暗になってしまいますからライト無しには歩けなくなります。先日は散歩をしていた人からこの付近でフクロウを見たとかコジュケイの親子を踏みそうになったとかの話も聞きました。

20081011-1.jpg


駅に着くまで残念ながらマクロ撮影には暗すぎて1枚も撮れませんでしたが、ビールを買って駅前の歩道橋を登った時にいい感じの雲が撮れました。最近HABUさんの影響でよく雲を被写体にしますがこれが簡単なようでなかなか難しいものです。刻々と被写体は変化するし、撮影条件も変わりますし、それに邪魔が多いのです。邪魔というのは主に電線とか電柱でこれはいい雲だと言うときには必ず視界に電線が入ってしまいがっかりすることが多いのです。なので最近では家の周辺で空が邪魔が入らずに見渡せるポイントを覚えるようにしています。21mmくらいのワイドレンズが欲しいところですが、中望遠で空を切り取るようにしてもけっこういい感じで撮れます。こちらの方が邪魔され難いですしね。

20081011-2.jpg
歩道橋の上からの東側の空


20081011-3.jpg
ほんの数十秒で表情が変わってしまいます


20081011-5.jpg
家の近くでの西側の空



スポンサーサイト