FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



マイクロフォーサーズへの期待

以前にマイクロフォーサーズのフランジバックが非常に短いことからアダプターさえ出れば今まで使用が難しかったレンズも使えるようになるはずと書きましたが、早速出てきそうです。日本カメラの最新号に載っていましたがRayqualブランドの宮本製作所が既に各種アダプターを試作しているそうです。やはり思った通りライカマウントが近日出るそうです。

ライカのフランジバック長が短いことから他機種でのライカレンズ利用は無限遠が出ないなど問題がありましたがこれでライカ本家とその互換機種の過去の膨大な資産が生かせるようになる訳です。Mマウントが使えるようになればさらにアダプターをかましてLマウントも使えるので戦前物から最新鋭のレンズまで使い放題という(一部の人にとって)夢のようなデジカメになります。もちろん絞りは連動しませんが絞り優先AEで使えれば通常は問題ないでしょう。フィルムカメラの場合と比べて画角が半分になってしまいますが、一つのレンズを銀塩でもデジタルでも使えるようになれば機材の運用という点でも助かります。

もう一つ助かるのはEVFファインダーとなるのでレンジファインダーカメラでは難しかった接写が出来るようになることです。EVF経由ですから当然パララックスもなくなります。ヘリコイド繰出し量が想定外となるので中間リングが必要でしょうけど今まで撮影出来なかったマクロ領域まで写せるようになります。50mmのレンズなら35mm版の100mm相当、35mmなら70mm相当になりますからマクロ撮影が楽しめるのではないかと思います。

ライカ系レンズが使えるだけでも凄いのに宮本製作所ではキャノンFD用も試作しているようです。FDレンズはライカと同様にフランジバックの問題で他機種での利用が難しかったために冷遇されてましたがこれが出れば中古相場が上がるかも知れません。さらにオリンパスPEN用(!)とかの話もあるようで非常に楽しみです。

マイクロフォーサーズは既にパナソニックからG1が出ていますが、肝心のオリンパスはまだモックアップの発表のみ。かなり小型のボディーになりそうですが、サードパーティー・レンズが使いやすいような仕様になってくれるように願ってます。(オリンパスもどうもこの辺を狙っているような気もするのですが。)あ、もちろんオリンパス純正のレンズ(恐らくズーム)もとても期待してます。これはこれで現代レンズとして楽しみたいですから。

追記:
日本カメラをよく読んだらオリンパスの方はコンパクト機と同様で背面液晶だけのように見えます。小型化優先でEVF無しならちょっと残念です。ならせめて光学ファインダーだけは付けられるようにしておいて欲しいところです。オプションでズーム式の外付けファインダーなんて出ると嬉しいんですが。
スポンサーサイト