晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末読書

いつもは慌しい年末、いろいろな行事に追われてあたふたしていることが多い季節ですが今年はやけに時間があって落ちついています。なので久しぶりに本など読んでいます。

養老孟司著 「うちのまる」
本というよりビジュアル・ムックといったものですが、養老先生のお宅の住人、猫の「まる」の本。耳垂れ猫(スコティッシュフォールド)の「まる」が主人公で、いかにして先生の仕事を手伝っている(?)のかが詳細に紹介されています。養老先生曰く「まるがいると労働意欲がなくなります。」ということです。このまる君、なかなか巨猫でちょっと猫とは思えないくらい態度がデカいのです。そのふてぶてしいポーズの写真が面白くてたまりません。先生と一緒に写っている写真では先生の顔は緩みっぱなしなのでまる君がどの位溺愛されているのか容易に想像がつきます。猫好きには堪らない本です。

福岡正信著 「自然農法」
「藁一本の革命」が有名だそうですがまだ読んだことはありません。以前テレビでちょっとだけ何かの特集番組で名前を拝見したことがある程度の予備知識ほとんど無しの状態で読んだのですが、これは凄い人だと思いました。自分がフィールドで体験したことと自然の観察から導き出された哲学から現代科学をバッサリと否定してしまいます。(全て否定という訳ではなくその根底の方法論をです。)自然は自然のままで既に完全に調整されているからそこに人間が浅はかな知識で干渉すれば自然の流れをぶち壊してずたずたにしてしまう。さらに人間は自分のしたことも理解していないというのが氏の主張です。そしてその主張の裏付けが25年間不耕起の田んぼや畑でそこから充分な量の収穫を得ている現実。まったく凄いスケールの人がいたものです。サラッと読む本ではなく、何度も読み返す必要がある本です。

副島隆彦著 「やがてアメリカ発の大恐慌が襲いくる」
何とも恐怖を煽るような題名ですが最近の経済動向が気になって読んでみました。(実はアマゾンの古本で安かったというのもありますが)読んでびっくり。引用すると「その原因となるものはアメリカの金融・与信システム自体が内部に巨額の不良債権を抱えていることである。アメリカの大銀行群やファニー・メイとかフレディイマックという日本の住宅金融公庫に相当する政府系の銀行が抱える巨額の不良債権が露呈して破裂する形での金融危機がやがて起きるだろう。」まさにその通りになっているのですが、この本がかかれたのが2004年の春なのです。(サブプライム・ローンの問題が発覚したのが2007年夏)この時期にここまで公言することの出来る人はいなかったと思います。分かっている人はいたと思いますが、公言してもしそれが外れたら命取りになってしまいますから余程の覚悟・自信がなければこうは書けないでしょう。意外だったのが氏がコンドラチェフ・サイクルを重視する点で同様に陰陽道や四柱推命学にも意味があるとする柔軟な姿勢も意外でした。未来を予測出来ない経済学ではその対策も立てられないからそんな経済学は不要と言い切る氏の姿勢は痛快です。ただその歯に衣着せない発言故にマスコミからは敬遠されているようで残念です。この本によって資本主義がサープラス病とも言うべき不治の病を自身の内に宿していることが分かりました。問題の根はとても深いところにあるのですね。
スポンサーサイト

2008 クリスマス・ラン

20081223xmas-3.jpg
Beware of hawksだそうです(@江ノ島)


いつの間にやら年末恒例になってしまったクリスマス・ラン。米国発の経済テロに端を発した不況になんか負けないぞ!最近のスレたガキ子供達に夢と希望を!と今年も怪しいサンタと怪しいトナカイが自転車で走るのでした。コースは例年どおり府中<--->江ノ島の往復です。

そのサンタ・チームは朝8時に府中駅に集合だったのですが、Nashは最近目覚し猫が習得した凶暴な新技に抵抗していたために不覚にも寝過ごしてしまい、飛び起きてロードで全速疾走するはめになり、スタート前からいささか消耗気味となってしまいました。

府中から拝御サンタさん、toMoトナカイさんと3名で走り出し、鎌倉街道を抜けて町田でDFR.サンタさん、KIMIさんと合流して計5名で境川沿いのサイクリングロードを下って藤沢経由の江の島を目指します。途中で鉄ロードに乗ったおじさんも賛同していただいて一緒に走ったりしていつものように飯田牧場で休憩。うっかり忘れてしまいましたが裏手の牛舎で牛の写真を撮っておけばアケオメ用に使えたかも知れませんが後の祭り。

20081223xmas-1.jpg
飯田牧場で自転車論議中のサンタ・チーム


走っていてやはり反応が良いのは小さな子、おばさん、女子高生。「サンタさん、頑張って?!」と声援をいただくと素直にうれしいです。一方ひねた男子中高生なんかは「何かくれよ?」で可愛げがありません。機会があるとやさしいDFR.サンタさんは持ってきたお菓子を子供にプレゼントしたりするのですが、予期しなかったお菓子に子供たちが浮かべる満面の笑みがとっても心地よいです。

江の島に渡る橋の手前でたどたどしい日本語を喋る女性陣に囲まれて記念撮影。

20081223xmas-2.jpg
きっとへんな日本人と思われたことでしょう(笑)


毎度お馴染みの「いのうえ」で昼食。シラスは残念ながら禁漁期間中(3月中旬まで)でしたが刺し身・煮魚が旨いです。トコブシも絶品。やはり産地の強みがあります。

20081223xmas-4.jpg
折り返し地点兼休憩ポイントの「いのうえ」


20081223xmas.jpg
店内でくつろぐサンタクロースたち



食事の後は海岸沿いに鎌倉へ走り、toMoトナカイさんご贔屓のユニークなバッグ類を製作しているSETOというお店(というか工房)へ。入り組んだ道の奥で前は川が流れるという素晴らしい環境にあります。生き物の形態を取り入れたバッグは奇妙なかわいさを持っているので女性に受けそうな気がします。

江の島にとんぼ返りして次はいつものように鵠沼海岸駅前の「パルテア」にお邪魔してから天然かき氷の「埜庵」で休憩。後から「パルテア」のナナちゃんも加わってサンタさん達はかき氷を楽しんでましたが体が冷えそうなのでおしるこをいただきました。さすがにシーズンオフということもあって店内はサンタ・チームだけで独占状態でした.。去年は暖冬で氷の仕入れに苦労したようですが、今年の天然氷はどうでしょうね。

20081223xmas-6.jpg
疲れた脚に暖かいおしるこで充電


帰りは日が落ちて真っ暗になった境川沿いに走って町田へ戻ります。サイクリングロードは街灯がないのですが、DFR.サンタ号のライトの明るさは素晴らしいです。DFR.サンタさん曰く、これ位でないとキャノンボールはやっとれませんよ、ということです。(町田ー岐阜のキャノンボール走行のこと)町田に到着してこれまた恒例の「モコモコ」で食事、と思ったら当日はライブ演奏の日だったのでした。既にライブ開演の直前でしたが何とか座って旨いカレーにありつくことが出来ました。ここでKIMIさんとNashは諸事情により帰宅、残りのサンタとトナカイはライブを楽しんでいくことになり解散となりました。

トータルで走行距離は120kmプラスくらいでしょうか。朝方以外は思ったより寒くはなく風もなかったのでサイクリングには好適な1日でした。走行中左膝に軽い違和感があって痛くなるようなこともなくおさまったのですが、今までこういう感触はなかったのでちょっと気になります。また朝から乗っていたのでさすがに帰ってから首筋が痛みましたが、久しぶりの長距離ではしかたありません。最初は小恥ずかしいクリスマス・ランですが街中で注目されながら走るのは一種独特の楽しさというか快感があります。来年は自転車に乗ったサンタが各地でもっと増えるといいですね。

明日はクリスマス・ラン

例によって恒例のクリスマス・ラン。境川に沿って江の島までサンタさんが走るそうです。そのサンタさんのアシスト役で走ります。

そういえば一昨年の時は雪が降って非常に寒かったのを思い出します。確かBikeeで走りました。エンジンが錆びているのでちょっと不安ですが、まあ何とかなるでしょう。それよりも不安なのは帰ったら体重が増えてたって線ですね。

新宿で紅葉狩り

土曜日の午後、良い天気に恵まれて新宿御苑は家族連れや紅葉を撮影しようとするアマチュアカメラマンでにぎやかでした。三脚を持ち歩いている人の多いこと。やはり日本人は写真が好きなんですね。すれ違うカメラマンさんを拝見するとほとんどの人がデジイチのようです。気が付いた限りではフィルム派の方には出会いませんでした。きれいに紅葉した樹木の下はカメラマンのパーティー会場かと思うような状態でしたが、そこでカッシャと撮った後手動でジョリジョリとフィルムを巻き上げる音にちょっと気後れしてしまいます。

今日はBessa Rに届いたばかりのSuper Wide Heriarの組み合わせで撮影。15mmの焦点距離は圧倒的でまるで次元が違います。28mmの広角はどうも苦手なのに15mmの世界はとても気に入りました。何でもかんでも入ってしまうのでフレーミングが難しいですが、広い空間がある場所では自在に風景を切り取れて快感至極です。

20081206shinjyuku-3.jpg


20081206shinjyuku-6.jpg


20081206shinjyuku-8.jpg


20081206shinjyuku-5.jpg


20081206shinjyuku-7.jpg


20081206shinjyuku-2.jpg


20081206shinjyuku-1.jpg


20081206shinjyuku-4.jpg
いいのが撮れた!、と思ったら Oh! my finger・・・・ orz
こういうのが6枚もあったとか



気になるペン

ポメラに軽いショックを受けてからちょっと調べてみました。するとどこでも開いて使えるキーボートと似たコンセプトなものがありました。似たといっても形はかなり違いますが、原稿入力とかメモといった用途を想定すればやっていることは同じと言って良いかも知れません。それは電子ペン。デジタルペンとかアノートペンとか呼ばれているものです。

電子ペンにもいろいろな形式の物があって専用のノートを使うものとか、ペンの他にレシーバーを紙に取り付けて使うものとかがあります。また最近の電子ペンはかなり小型化されて使い勝手も良くなっているようです。原稿入力はOCRでデータ化すれば出来ますし、イメージのまま保存してもOK。図やマインドマップのようなグラフィックなものもJPEG化して保存出来ます。文字データとグラフィックをいっしょに使えるというのは個人的にかなりポイント高いです。おまけに形態はペンですからモペラよりもコンパクトで電車の中で立ちながらでも使えます。最悪電池切れでもボールペンとして使える(笑)訳です。モペラだとこうはいきませんね。ということでこのへんにどんどんと傾きつつあります。

気になる隣の人

昨日電車で通勤時、座れたので「世界のライカレンズ Part4」なんてムックを広げて眺めていました。隣に座った女性が何やらごそごそとカバンから取り出しているのが分かりました。特に意識していた訳ではありませんが、その内眼鏡の端っこに何か白い物が反射しているのが分かります。真っ白で横長で真ん中に何かがくっついている物体?隣の女性はしきりに手を動かしています。気になってチラッと視線を向けるとカバンの上に取り出されていたのはポメラ!初めて見ました。その女性、しばし何か入力(編集?)するとパタンと畳んでカバンへ入れてその次の駅で降りていきました。軽いショック状態(笑)。

よく電車の中でノートPCを広げて一生懸命作業しているのを見かけます。大き過ぎてあんまりスマートではありません。(まあ忙しいからでしょうが。)しかしポメラはとてもスマートですね。勿論出来ることは限られますが、その割り切り方が素晴らしいです。どこでも広げて使えるキーボードというコンセプトを考えて企画を通した人は偉いです。安くはありませんが、あれなら有効に利用出来るかも・・・

Foveon初現像

ようやくFoveonセンサーで撮ったRAW画像を現像しました。実はデジタル現像は今回初めて。RAWで撮れるカメラはありましたが、特にメリットが感じられずやったことがありませんでした。しかし今度のシグマSD14だとやらざるを得ません。シグマのサイトから専用ソフトのPhotoPro V2.5というのをダウンロードしてインストール。早速CFに溜まった60枚ほどのRAW画像をオート設定で現像してみると3?40分かかりました。使ったマシンがCeleron1.7GHzなせいもありますが、数百枚だったらえらい時間がかかりそうです。

そして結果のJPEG画像を見てみると・・・・へ?これはなかなかいい感じではないですか。自然な解像度の高さがあって独特のムードを感じます。無理やりキリキリッとした解像感ではなくて一見するとややソフトタッチ、でも細かいところもキッチリ写っているという感じです。これがFoveonの特徴なのでしょうか。

20081201sumire-1.jpg
SD14 + Mamiya Macro Sekor 60mm/F2.8(現像オート設定)


しかしRAWデータの大きさは少々不便です。最近はメディア価格も下がってきたのでそう気にすることもないのかも知れませんが、バックアップとか管理方法とかを従来のデジカメとは別に考えなければならないようです。RAWデータは銀塩で言えばネガに当たる訳ですからこれをちゃんとオリジナルとして管理してやらないとせっかくFoveonで撮った意味がなくなります。そういう所のサポートはシグマの方ではまだないようでその辺はユーザーまかせのようです。

まあデジタル現像もどういう風にパラメータをいじったら良いのやらさっぱりですから気長に取り組んでみます。それから試してみたいのはモノクロです。せっかくの3層構造のFoveonでモノクロなんてセンサーの持ち腐れ、と思われるでしょうがモノクロ表現の大事なところで意味がありそうです。

20081201sumire-2.jpg
新聞の文字がちゃんと読めるのにびっくり

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。