FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



マホガニーの誘惑

前に竹製バイクの記事で日本のメーカーもチャレンジして欲しいものだと書いたのですが、日本にもいました。トトさんからいただいたコメントで知ったSANOMAGICというメーカーです。いやメーカーというよりも一人の船大工がチャレンジしていました。佐野さんという方なのですが、本職はヨット・ビルダー、それも木製ヨットを作っているそうです。ヨットのことはさっぱり分かりませんが、木製にこだわる理由があるようです。その佐野さんが2007年から自転車の製造にもチャレンジを始め、現在何人かの方がそのバイクを所有しているようです。(イタリア在住の日本人の方も木製バイクを作ってらっしゃるようですが、海外なので実車を見ることができません。)

びっくりしたのはその造りの美しさ!積層マホガニーを加工して作られたフレームやリムは見事です。美しいだけではなく充分に軽量なことも凄いところです。(木製リムはアルミ製リムより軽量。)シートチューブのみ金属パイプを使い(マホガニーでカバーされているので外見上分からない)、駆動メカ以外は徹底的に木製ですが充分な強度を確保しているとのこと。このマホガニーという素材は時間が経つと赤味がかってますます美しくなるのだそうです。写真をみるとほれぼれしてしまいます。パーツのみの販売も可能という話なので俄然興味が出てきました。木製完成車となるとかなり高価ではないかと思いますが、パーツレベルで購入できるならば今乗っているバイクをハイブリッド化することが出来ます。以前から木製リムの良さは聞いていましたのでこのリムとチュブラータイヤの組み合わせは素晴らしいでしょうね。対抗馬として考えられるのはカーボン・リム+チュブラーか、チューブレスといったところでしょうか。脳内が悶々としてきました(笑)。

SANOMAGIC
Wooden Bycycle
スポンサーサイト