FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



怖いの見てきた

まずは訂正から。第30回ではなく今年は第31回目の世界の中古カメラ市なのでした。検索に引っかかった去年の案内を見てしまったようです。従って撒き餌の話も去年の話、訂正してお詫び申し上げます。

で見てきたのです、怖いものを。しかし長年の修行の成果で欲望の炎を見事に押さえ込み何も拾わずに無事帰ることが出来ました。いや、嘘です。本当は目を皿のようにして会場くまなく歩き回りシネレンズを探したのでした。Cマウントは5、6本ありましたが、長さが長過ぎたり短すぎたりでちょうどよいサイズのものは皆無でした。確かにタイトルが「カメラ市」ですからわざわざシネ用のレンズを持って行こうというお店はない訳ですね。

中にはグッとくるブツも確かにありましたが、結局そのブツにかける時間が取れないことは明らかで、それだったら他の同好の士に楽しんでもらった方がよっぽど良いということです。思わず大人になったなぁ、と溜め息をついてみたり(笑)。
スポンサーサイト



怖いの大好き

はっと気が付いてみれば、明日18日10時から銀座松屋にて一部方面では国民的行事(?)とされる「第30回 世界の中古カメラ市」だそうです。なぜか絶妙なタイミングで明日は時間があることが判明してしまいました。もしかして呼ばれているのかなぁ。今回は不況の折、価格安めの設定とか言う恐ろしい噂も聞こえてきます。

撒き餌としてフォクトレンダー・ノクトン35mm F1.4 VMマウント 真鍮鏡銅ブラックペイント 前後ニッケル仕上げ ノーマルコーティング 限定100本 68,000円(お一人様1本限り)なんていうのが用意されるそうです。

本当は無視したいところだけど、怖いもの見たさで行ってみるかも知れません。