晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら バラードさん

先日夕刊を開いたところ、目に飛び込んできたのはJ・G・バラードが2009年4月19日に亡くなったという記事。特別ファンだったという訳でもありませんが、ちょっとショックを受けました。若かりし頃読む本といえばSF物ばかりでした。そんな時に話題の書、バラードの「結晶世界」を手に取ったのが最初だったと思います。不思議な物語、これがSF?、変な残留感というか虚無感のようなものが強く残った感触を今でも覚えています。引き続いて「狂風世界」、「沈んだ世界」、「燃える世界」、ヴァーミリオン・サンズの短篇集などを読んだものです。

どれもストーリーを全く覚えていませんが、共通する違和感といっても良い独特の感覚は覚えています。面白いかと問われれば否と答えてしまいますが、最近もう一度読んでみたいなと思っていた矢先だったのでした。(一番有名な作品はスピルバーグ監督で映画化された「太陽の帝国」でしょう。)以前に読んだ作品も70年代までのようですからその後の作品も今度は味わってみようかと思います。

J・G・バラード
スポンサーサイト

気になる番組

最近はほとんどテレビ番組は見なくなりました。見るのはニュース、時々ドキュメンタリーとかで以前は毎日一時間以上はみていたと思いますが、最近は10分以下という感じです。そんな中でちょっと気に入って毎回見てしまう番組があります。それはNHKの「世界ふれあい街歩き」という番組。最初に見たときは単に街中でカメラを回しているだけかと思ったのですが、ん?、あれれ?という感じで引きずられてしまい、結局最後まで見てしまったのです。

まずカメラ視線が人が歩く時と同じで全く揺れることなくスムーズに移動していきます。それにレンズが超ワイドを使っているので人の視覚ととても似ているのでカメラ画像を見ているという違和感がありません。(でもパンすると像の歪みでその広角の度合いが分かりますが。)そのためまるで自分が画面の中の街中を歩いているかのような感覚に陥ってしまいます。カメラもズームは使わずほとんどがワイド端で、音もその場所の靴音やら車の音やら環境音が入ってきますからなおさらです。すれ違う人々もほとんどカメラを意識しないので人が歩いているような自然な雰囲気そのままです。得に面白いのがやたら街中の人々に話しかけること。話しかける音声は日本人ナレーターの声にすり替えられていますが、応答する人の音声は現地語で聞こえて字幕が出ます。話かけられた人達の反応も妙な警戒心やカメラに向かった緊張感がなく、自然そのものです。まるで自分が現地の言葉で会話をしているみたいです。番組の構成はこれだけ。ただ街中をぶらぶらと歩き回って現地の人とたわいもないおしゃべりを楽しむだけなのです。

不思議な番組だなと思っていたのですが、どうやってこの番組が作られているのかをプロヂューサーが解説をしているテレビコのページがありました。やはりハリウッド映画でよく使われているステディカムを使っていました。カメラマンは20kgのカメラを腰で支えて歩かねばならないそうで街中を100メートルも歩くとそれだけでどっと腰が疲れるそうです。そのためにロケ地に到着して最初の仕事はマッサージ師を探すことだとか。番組を見てる分には全く分かりませんが、いろいろ裏側では凄い苦労があるようです。CMも入らずにこういうノンビリしたテンポで外国の地を歩いているかのような番組はとても貴重なので出来るだけ長く続けて欲しいものです。

世界ふれあい街歩き

関戸橋のサイクル・フリーマーケット

20090418furima-1.jpg


久しぶりにロードバイクに跨がって多摩川の関戸橋へ。自転車に乗るのは3ヶ月ぶりでさすがに脚が錆びているようで大した距離じゃないのにきついです。10時過ぎに関戸橋に到着すると恒例の自転車フリーマーケットは大盛況でした。目当てのお店(?)を探してうろつきましたが見つからず、携帯でDFR.@XRFさんにかけてみると反対方向にいることが分かりました。場所取りは早い者勝ちなので特定の店を探すのはなかなか難しいです。

ご無沙汰していた拝御さん、toMoさん、DFR.@XRFさん、yumoさんと再会。拝御さんは自著の輪行本シリーズの行商、toMoさんはマンボウ通信局ブランドで出店、DFR.@XRFさんとyumoさんはそれぞれ自分のtikitをお披露目、とそれぞれの目的で来ていました。

20090418furima-4.jpg
yumoさんのtikit(Ssize)    DFR.@XRFさんのtikit(Lsize)


さて前から注目していたバイクフライデーのtikitですが、DFRさんのがLサイズ、yumoさんのがSサイズとフレームサイズが違うのでかなり大きさが違いました。早速yumoさんにお願いして試乗させてもらいましたが、よく走ります。H型のハンドルとバエンドレバーの組み合わせも使い易い印象でした。知らなかったのですが、tikitにはオプションでフレームにワイヤーを仕組んでワンアクションでフレームを展開したり畳んだり出来るようになっています。このいかにもアメリカンな発想にはちょっとびっくりです。バイクフライデーの宣伝動画で見せていたのはこちらのオプション付きの方だったのですね。オプション無しの場合はスリータッチという感じでしょうか。といっても折畳むのは非常に簡単です。このtikit、走行性と輪行性能がバランスしていて素材がスチールという点に心惹かれます。カーボンとかアルミですとあとあとに何とかしたい点が出てきてもお手上げですが、スチール素材ならば何とか出来るからです。

20090418furima-2.jpg


まんぼう通信局では局長自作による外付けポケット、布巾や手拭い素材のサコッシュ、怪しいスポークカード、ANT本が陳列されてました。サコッシュは軽いけどかさばるような物(パンとか)を放り込んで走るのには重宝しそうなので購入させていただきました。次回出店時にはガーゼ素材(!)のおしゃれな自転車用シャツを出したいそうです。当日toMoさんがプロトタイプを着ていましたが、ベンチレーションも考えられていてメッシュのアンダーと組み合わせると快適なんだそうです。これは次回のフリマが楽しみです。

拝御さんは持ってきていたDMC-G1とシネレンズの組み合わせにいたく心惹かれた様子で、もしかしたら悪い病気が感染?かも知れません。カメラを手にすると何やら熱心に周囲を撮りまくっていました。

昼頃には大概の店は畳んで撤退し始めますのでこちらも解散。帰り道はDFR.@XRFさんと一緒に向ヶ丘遊園駅まで走ってDFR.@XRFさんは輪行で帰宅、Nashは真っ直ぐ家へ。例によって自宅前の坂でも懸命にもがきますが、あやうくインナー・ローで脚を付くところでした。 orz
これはちょっと鍛え直さなければ・・・

G1+Zaika Nominar テストシュート

早速Lumix DMC-G1にZaikaレンズを付けて鎌倉を散策してみました。Zaikaの他にもKern Switar 25mmやSoligor 50mmも持っていきましたが結局一度も交換せずにZaikaのみ。大概はF1.4辺り、絞っても3段(それでもF2ですが)で撮っています。日中に開放F0.95だと1/4000秒では間に合わないことが多く、1/8000秒とかISO25が欲しくなります。撮った絵を見て反省したのですが、さすがに開放F0.95だとフォーカスをかなりシビアにしないと単なるボケ写真になってしまいます。開放の場合はフォーカス位置を変えて何枚かブランケット撮影をした方が良さそうです。このようなレンズを使う時はG1のMFアシストが必須です。EVFにこの機能を組み込んでくれたエンジニアに感謝します。

今回もKern Switarで撮った時と設定は同じで4000x3000のJPEGのみで、掲載写真は縦横それぞれ15%に縮小してある以外は無加工です。Nominarは全体に柔らかくホワッとした感じがあり、好印象です。レンズ・コーティングにはこれまで見たことのないイエロー系(?)が使われています。当分はG1にはこのレンズが付けっ放しになりそうです。

20090412kamakura-1.jpg
瑞泉寺:まるで天然のステンドグラス


20090412kamakura-2.jpg
瑞泉寺入り口付近 F0.95



20090412kamakura-3.jpg
F0.95



20090412kamakura-4.jpg
F1.4



20090412kamakura-5.jpg
鎌倉宮 社務所入り口


鎌倉宮は今回初めて行きましたが、鎌倉幕府の倒幕に関したその由緒は興味深いものがあります。実は日本史は嫌いな科目でしたが、長い歴史を歩んできた鎌倉という町の背景にいろいろな人間の物語があったことを知るのは大切なことかも知れませんね。

鎌倉宮HP


Zeiss + Leica = Zaika?

マサチューセッツ州スプリングフィールドなるところからシネレンズが届きました。Zaika Nominar 25mm/F0.95という16mmムービーカメラ用のレンズでマウントはいわゆるC-mount。例によってパナソニックDMC-G1用です。Zaikaなんて聞いたことはなかったのですが、ネットを漁ったところ国産のレンズ会社、ザイカ光学で8mm用や16mmムービー用のレンズを販売していたということが分かりました。なぜか銀座モーターボート商会(?)が販売代理店で、やはり銀座に事務所があったそうです。Zaikaのカメラというのは聞きませんのでレンズ専業メーカーだったのかも知れません。主力はその当時人気があった8mmムービーカメラ用レンズでした。16mm用レンズもありましたが16mmムービーカメラ自体当時は高価だったはずですから数はそう多くはないとと思います。国内よりも米国などへの輸出用が多かったのかも知れません。

このZaikaレンズ、不明な点が多いです。ザイカ光学の製品ですが、どうも設計・製造は市塚光学という会社のようで、だとするとザイカ光学は自らは製造しない販売会社だったのかも知れません。Zeiss+Leica=Zaika(ツァイカ?)という造語で無理やりネーミングをすることからしてそのようにも感じられます。市塚光学というのもあまりはっきりしたことは分かりませんがどうも8mm関係のレンズを製造・販売していたようです。(イズカスコープという8mmシネスコ用レンズを販売していた。)たぶんいろいろなOEM製品の製造もしていてその一つがこのレンズだったのではないでしょうか。また市塚光学は日本光学会のメンバーであったことからちゃんとしたレンズ設計製造に携わる会社であったと推測されます。(もしかしたらまだ存続しているのかも知れませんが。)F0.95などというトンでもない高速レンズを設計・製造するくらいですから技術力には自信があったのでしょうね。

このNominar、持つとずっしりと重く、仕上げのクロームメッキも非常にきれいです。心配だったG1への装着はレンズ後端の出っぱりもなくて全然問題ありませんでした。F0.95ということで前玉が大きいですが、G1に装着するとボディーとバランスしてそんなに大口径レンズとは見えません。ファインダーを覗くと少し四隅がけられます。どうもレンズ自体が奥まった所にあり、フィルター枠がフードのように長いために隅が欠けてしまっているようです。本来の16mmカメラではこのような問題はないのだと思います。この長めのフィルター枠部分を少しだけカットか、削るかしてしまえば、この欠けはなくなりそうです。

さて、このZaika Nominar、先日テストシュートしたKern Switarと同一焦点距離で口径比が違うだけですが、果たしてどんな撮影結果となるかが非常に楽しみです。


G1テストシュート

新橋の浜離宮庭園です。久しぶり(20年ぶり?)に行きましたが、周りの様相は全く変わってしまっていました。周囲は高層建築ばかりでこれでは風が抜けずヒートアイランド化するのも当然でしょう。浜離宮の緑がなかったらさらにひどくなっていたかも知れません。

今回の撮影ではレンズはKern-Paillard Switer 25mm/f1.4だけ。フォーサーズなので画角は35mm版の50mm相当になります。全てJPEGのラージサイズで撮り4000x3000から400x300に縮小してありますので分かり難いと思いますが、「なんじゃこりゃ?」な描写です(笑)。メーカー純正レンズでは有り得ない世界ですね。絞りは全て1.4?2.8で絞り優先で撮影していますが、対象はキリリと写り、周辺はグッとボケてコーナーは強力に流れて減光します。このレンズで撮ると楽しくてしかたありません。


20090410-1.jpg



20090410-2.jpg



20090410-4.jpg



20090410-5.jpg



20090410-6.jpg



20090410-8.jpg



20090410-9.jpg



20090410-10.jpg







贈るデジカメ

姪っ子が高校受験で第一志望校の県立高校に入りました。いやめでたい、ということでプレゼントをいろいろ考えたのですが、正直今時の女の子って分かりません。本人に聞くのもしゃくなので(笑)、自分の趣味の延長でデジカメを贈ることにしました。女の子だからスタイリッシュでなきゃいけませんし、操作も簡単できれいに写るもの・・・・いろいろ検討してオリンパスのμ1050SWに決定です。

3mまでの防水、1.5mからの落下に耐えるショックプルーフ、トントンとボディを叩くだけで操作できるトントン機能、それにちょっと前のモデルなので安いということが選定理由。高校生が使い回すのには最適なモデルに思えました。それにデザインも女性ユーザーを意識しているようです。色はゴールド(金ピカではなく渋い金色)にして彼女へ贈りました。これで楽しい青春生活の一瞬一瞬を記録してくれれば嬉しいですね。

DMC-G1復活

3月20日にメーカーに修理に出したLumix DMC-G1が昨日帰って来ました。いや?、待ち遠しかったです。桜も散りはじめて今年はだめかと諦めていましたが、何とかぎりぎりというところです。早速Kern PaillardのSwitar 25mm/F1.4を付けて試写してみると結果は以前と全然違っていて適正露出で普通に写ります。ということは修理前はかなりヘンだったのですね。修理伝票によると、
・メイン基盤交換
・マウントボックス交換
・各部点検調整
ということだそうでこれはもしかして中身総取り替え?で生まれ変わったという感じかも知れません。

今日は時間が取れたので、午後新橋の浜離宮でテストシュートを行いました。天気も良く、桜、八重桜、桃などボリュームは多くありませんが、きれいに咲いている木々を撮ることが出来ました。撮っている間はあまり分からなかったのですが、このシネレンズ、恐るべき癖玉のようです。設計時の想定を越えた使用なので描写が破綻する部分もあるのですが、結果から言うと破綻した方が好き!ということで全く問題はありません。コンパクトでレンズ交換が出来て各種オールドレンズが使い放題のDMC-G1は個人的には最高のデジカメです。今日はほぼデフォルトでJPEGで撮っただけですが、慣れてきたらRAWで撮っていくつもりです。RAWはハンドリングは手間ですが、その方がフィルムで撮っているのと似た感覚で撮れるんじゃないかと思います。

新宿の桜、そしてロシアンルーレット

今年も例によって新宿御苑の桜を撮ってきました。この公園の良いところは有料なこと、それに園内飲酒禁止、それ故に酔っ払いやブルーシートとは無縁で静かに桜を楽しめることです。そのかわりにカメラマンがやたら多いです。つまりライバル多数という訳で良いポジションにはたいてい既に三脚が立っています。まあ皆さん礼儀正しく撮っているので問題にはなりませんが。

今日はカメラ3台(Super Bessa, Bessa-R, Bessa-R3A)、レンズ4本(15mm, 40mm, 50mm, 75mm)といつになく豪華編成となってしまいました。全てレンジファインダーなので機材としてはコンパクトなのですが、さすがに歩き回ると重くなってきます。ボディーを1台減らすべきでした。そうなるとMマウントとLマウントのレンズが混在するのでボディー側にM-L変換リングをかませたりしなければならないので煩わしいことになるのが辛い点。よく使うLマウントレンズは皆変換リングを付けてMマウント化してしまえばいいかも知れません。

桜の咲き具合はおおよそ75%程度。天気も良いせいでなんで平日なのにこんなに人がいるのかと思うぐらい人が多く、迷子のお子さんを預かってますというアナウンスを何回も耳にしました。カメラを持ち歩いていたせいかシャッターを押してくれませんかのリクエストも3回ありました。(ちゃんと写ってればいいんですが。)フィルムは全てリバーサルでブローニー1本、35mmを3本撮って本日は終了。荷物が重いのでそうそうに退却することにしました。それにここは高層ビル街が近いせいか日が陰るのが意外に早いのです。

家に帰ってからフィルムを回収して「ハッ」としました。Bessa-Rのフィルム感度設定が200になっていたのです。既にフィルムは出し終わって机の上に。使ったフィルムの感度は全てISO100。Bessa-Rでは2本撮りましたから、35mmフィルム3本の内2本はプラス1段増感現像を指定しなければなりません。でないと1段分露光不足になってしまいますからラティチュードの狭いリバーサルでは致命的。3本の内1本だけはノーマル現像なのですが、さて、いったいどのフィルム?

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。