FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



G1テストシュート

新橋の浜離宮庭園です。久しぶり(20年ぶり?)に行きましたが、周りの様相は全く変わってしまっていました。周囲は高層建築ばかりでこれでは風が抜けずヒートアイランド化するのも当然でしょう。浜離宮の緑がなかったらさらにひどくなっていたかも知れません。

今回の撮影ではレンズはKern-Paillard Switer 25mm/f1.4だけ。フォーサーズなので画角は35mm版の50mm相当になります。全てJPEGのラージサイズで撮り4000x3000から400x300に縮小してありますので分かり難いと思いますが、「なんじゃこりゃ?」な描写です(笑)。メーカー純正レンズでは有り得ない世界ですね。絞りは全て1.4?2.8で絞り優先で撮影していますが、対象はキリリと写り、周辺はグッとボケてコーナーは強力に流れて減光します。このレンズで撮ると楽しくてしかたありません。


20090410-1.jpg



20090410-2.jpg



20090410-4.jpg



20090410-5.jpg



20090410-6.jpg



20090410-8.jpg



20090410-9.jpg



20090410-10.jpg







スポンサーサイト



贈るデジカメ

姪っ子が高校受験で第一志望校の県立高校に入りました。いやめでたい、ということでプレゼントをいろいろ考えたのですが、正直今時の女の子って分かりません。本人に聞くのもしゃくなので(笑)、自分の趣味の延長でデジカメを贈ることにしました。女の子だからスタイリッシュでなきゃいけませんし、操作も簡単できれいに写るもの・・・・いろいろ検討してオリンパスのμ1050SWに決定です。

3mまでの防水、1.5mからの落下に耐えるショックプルーフ、トントンとボディを叩くだけで操作できるトントン機能、それにちょっと前のモデルなので安いということが選定理由。高校生が使い回すのには最適なモデルに思えました。それにデザインも女性ユーザーを意識しているようです。色はゴールド(金ピカではなく渋い金色)にして彼女へ贈りました。これで楽しい青春生活の一瞬一瞬を記録してくれれば嬉しいですね。

DMC-G1復活

3月20日にメーカーに修理に出したLumix DMC-G1が昨日帰って来ました。いや?、待ち遠しかったです。桜も散りはじめて今年はだめかと諦めていましたが、何とかぎりぎりというところです。早速Kern PaillardのSwitar 25mm/F1.4を付けて試写してみると結果は以前と全然違っていて適正露出で普通に写ります。ということは修理前はかなりヘンだったのですね。修理伝票によると、
・メイン基盤交換
・マウントボックス交換
・各部点検調整
ということだそうでこれはもしかして中身総取り替え?で生まれ変わったという感じかも知れません。

今日は時間が取れたので、午後新橋の浜離宮でテストシュートを行いました。天気も良く、桜、八重桜、桃などボリュームは多くありませんが、きれいに咲いている木々を撮ることが出来ました。撮っている間はあまり分からなかったのですが、このシネレンズ、恐るべき癖玉のようです。設計時の想定を越えた使用なので描写が破綻する部分もあるのですが、結果から言うと破綻した方が好き!ということで全く問題はありません。コンパクトでレンズ交換が出来て各種オールドレンズが使い放題のDMC-G1は個人的には最高のデジカメです。今日はほぼデフォルトでJPEGで撮っただけですが、慣れてきたらRAWで撮っていくつもりです。RAWはハンドリングは手間ですが、その方がフィルムで撮っているのと似た感覚で撮れるんじゃないかと思います。