FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



Bologonの調整(予定)

Bologonのテストシュートでの結果を見て何個所か調整をしてみようと思います。

フード
やはりハレ切りするなら必要です。このBologonは他の方がライカ用に作ったものなどとは違ってレンズむき出しで鏡銅部分がないので余計な入射光を切る何らかの覆いを作ってみようと思います。金属加工なんて無理ですから革細工になるかも知れません。(ちょっと試しにフード状に黒セーム革を巻いて覗いてみたのですがほとんど効果はないような?)

絞り
これは適当にあり合わせで作ったので問題があります。まず絞りの位置。WaiWaiワイドのレンズ構成図をみると絞りはレンズ後玉の直後にあります。しかしこのBologonはスペーサーを噛ませているのでその分だけ絞りが後方に3mmずれた位置にあります。それと絞りの材質。0.5mm厚のボール紙を使ってしまったのですが、これは厚みがありすぎます。ピンホール・カメラの場合ではピンホールの材質の厚みがあるとピンホールのエッジで回折現象が起きて解像度が落ちてしまうそうです。おそらくボール紙の場合も同じような現象が起きている可能性があります。ボール紙をやめてもっと薄い感光したフィルム片を代わりに使ってみようと思います。

色滲み
江ノ島でのテストの1枚目、右上の青空に緑色のゾーンがあります。これが気になるので何とかしたいのですが対策がよく分からず悩んでいます。EVFファインダーを覗くと確かに見えるのですが、レンズを回転させても変わらないし、常に画面上の同じ場所に発生するようです。回転させても変わらないということは、レンズの偏心や傾きではなさそう?(絵によっては気にならないのですが。)



スポンサーサイト