FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリラー!

朝のテレビ番組では毎日のように故マイケル・ジャクソンの特集をしています。死因がどうのこうのとか騒いでいますが、ここでは関係のない話。実は今日の番組の中で有名なミュジック・クリップ「スリラー」を最初から全て観ることが出来ました。今までダンスシーンとかほんの一部しか観たことがなく、全編観たのは今日が初めてです。

最初は真夜中のデート・シーン、突如月の光を浴びて狼に変身するマイケル、でも実はそれは二人が映画館で観ていた映画の中の話、映画を怖がって映画館を出るガールフレンドを追うマイケル、そしてスリラーの歌が始まり有名なゾンビの群舞シーン、ゾンビ達に追われ家の中で追い詰められるガールフレンドの絶叫、しかしハッと目を覚ますとそれは白昼夢だった、しかし最後の最後に実は・・・というヒネリ。

ミュージック・クリップと言ってしまうのは失礼な完成度で立派なショート・ミュージカル・フィルムと言っても良いでしょう。恐怖映画もどきのストーリーと歌とダンスが完璧な完成度でシームレスに繋がり、圧倒されます。隙が全くありません。確かにCGなしでエフェクトの完成度が低い点もありますが、25年前の撮影とは思えません。それに「スリラー」のアルバム販売に合わせて作られたのですからかなり短期間で撮影されたはずです。

マイケルの歌・踊りも素晴らしいですが、ゾンビを躍らせようというアイデアが秀逸です。その振り付けも凄いです。あれはマイケルが考えたのでしょうか?いったいこの凄い作品は誰が作ったんだろうと思っていたらエンドロールにちゃんと出ていました。「ジョン・ランディス」です。確か「狼男アメリカン」を撮った監督ですね。本当にいい仕事をしたものです。この「スリラー」、一番輝いている頃のマイケル・ジャクソンの素晴らしさを堪能出来るフィルムに違いありません。

スリラー


追記
マイケル・ジャクソンが死の前日にステープル・センターで行った英国公演の為の最終リハーサルがマルチ・カメラ、マルチ・トラックで全て収録されていたそうで、彼の最後のアルバムとしてリリースされるかも知れないとのことです。 合掌
追記2
「狼男アメリカン」はリメークされることが決まったそうです。監督はジョン・ランディスではないようです。
スポンサーサイト

干からびた野菜の衝撃

本屋でサラダ関係のレシピ本を漁っていたところ、ふと目に入った本が。表紙は干からびたレンコン、干からびたカブ、干からびたトマト、干からびたカボチャ・・・・裏表紙は干からびたきゅうり・・・・
「?」と思って手に取った本のタイトルは「干し野菜クッキング」。なるほど、それなら表紙の写真は納得ですが、しかし干し野菜って何なんだろう?と思ってパラパラめくってみると、これは面白そう、いや、美味しそうです。今まで固定概念で野菜はフレッシュでみずみずしくあるべきであると思っていましたが、これを思いっきり根元からガラガラと崩壊させてしまう内容でした。

要は干した方が美味しいし、調理もシンプルになり、調理時間も短くなり、保存も長く出来るようになる、と良い事づくめなのだそうです。そういえばイタリアンではドライトマトを使いますが、あれは確かに美味しいのを思い出しました。和食だと切り干し大根もそうですね。野菜だけでなく、根菜、果物、ハーブ、きのこも干して使うレシピがあります。干し方も素材とレシピによって、ちょっと、じっくり、たっぷり、と3段階を使い分けていくようになっています。基本的には素材をスライスしてザルなどに入れて日にあてるだけですから、日が当たる場所さえ確保すれば難しいことはありません。

冒頭のレシピ、干し野菜カレーが見るからに旨そうです。これは早速試してみなければとこの本とさらに同じ著者の「干し野菜のおいしいレシピ」もいっしょに確保してしまいました。これからは干すにはちょうど良い季節ですから、近いうちにカッパ橋に行って干しものに便利な金網バスケットを探そうと思います。


干し野菜クッキング(本谷 惠津子)

チューブレスか?軽量か?

久しぶりにシマノのサイトを覗いてみたら色々と新製品情報があって、その中にWH-6700というホイールがありました。クリンチャー用ですがチューブレス対応のホイールです。他サイトで実売価格を調べてみると・・・・前後ペアで36,000円切っているところも!チューブレス仕様でとうとう大衆価格品が出たのですね。これはびっくりです。最近はチューブレス・タイヤも色々と出てきましたからこれはお試しに最適かも知れません。走行抵抗がより低いとか、快適性も向上とか言われていて使ってみたいとは思っていました。チューブレスとはいってもチューブを入れても使える訳でほとんど抵抗感はありません。それにこの価格なら普段使いに投入出来ます。

そして他のホイールも眺めてみると、台湾NovatecのSprintにもびっくりしました。Novatecは旨い・早い・安いで定評がありますが、このアルミホイールは前後で1398gと1.4kgを切っていてさらに実売価格も6万を切っています。ホイール軽けりゃ財布も軽い、というのが業界の長年の習わしですが、このSprintはその常識に真っ向から立ち向かっています。これに軽量タイヤの組み合わせなら自宅前の激坂も楽チンなのかも知れません。さーて、どうしたものか?

こんなカメラが欲しい

オリンパスのE-P1が発表されました。予約が順調に入っているようでフォーサーズ陣営はホッとしていることでしょう。E-P1はシネレンズが使えてコンパクトで実に魅力的なカメラです。早いところ実機を触って感触を確かめたいところですが、多分購入するまで行かないかなぁと思います。一番の要因はEVFがないから。外付けEVFでもあったら恐らく予約に走っていたと思います。E-P1は高級コンデジというコンセプトなのでしょうが、EVF使うぐらいならデジイチ使ったら?ということなのかも知れません。しかし、マニュアルレンズを使う身にとってはEVFは是非欲しいのです。特にF0.95で撮るような場合はEVFでないと意図した通りには撮れません。

それじゃいったいどんなカメラが欲しいのか?自分にとって理想的なカメラを考えてみましょう。
まずシネレンズありき、なのでマイクロフォーサーズの仕様がベースになります。フルサイズには拘りません。ボディーはずばり、バルナック・ライカのサイズと質感。あの手に馴染む感覚が好きです。センサーはベイヤー型ではなく、Foveonを使って当然EVFファインダー。液晶は無しでも可。その分、薄く軽くして欲しいです。(画像確認はEVFを覗けばいいし。)あとはボディー内手振れ防止機構を内蔵。そしてNDフィルターを付けられないレンズが多いので1/8000秒のシャッター速度とISO25までのサポート。それから・・・・あれ?後はないですね。これだけで自分の理想のカメラが出来上がりです。なんだ、実に簡単(?)ではないですか。

こんなカメラを出すとしたらセンサーの関係でシグマかな?

今週末から10000人の写真展

今週末の26日(金)から7月2日(木)までミッドタウンでフジフィルム主催の「10000人の写真展」があります。Nashも恥ずかしげもなく正々堂々(?)とボケ写真を応募してみたら無事展示する旨の通知が来たので神奈川地区応募のスペースで観ることが出来るはずです。

もしお暇がありましたら10000枚(実際はもっと多い)の中から1枚を探し出してみてください。ヒントは「ボケ」と「黄色」と「水」。ただし、見つけ出したとしても特にご褒美は出ません(笑)。まあ、あれだけ大量の写真を一度に観るという機会はそうないと思います。力作も多いですし、良い刺激になるかも知れませんよ。

10000人の写真展

煩悩鏡玉

都内某所の居酒屋、怪しい3名のオッサンが店の隅っこの席でしきりに小さな物体をいくつも取りだし、眺めたり、覗き込んだり、撫で回したり(?)しています。時々カメラを構えては何事かブツブツと呟いています。はたから見たらまことに怪しい人達、あまり関わりにはならない方が良さそうだ、そう思われたに違いありません。

20090620.jpg


実はこれは「C-mountレンズを愛でる会」とでも言うか、お互いのシネレンズを持ち寄って見せっこしましょうという集まりなのでした。lloyd356さんとCさん、それに私も相乗りさせてもらい、珍しいシネレンズが色々と集合。テーブルの上にはキノプティック、ダルメア、ツァイス、ライカ、メイヤー・ゴルリッツといったシネレンズの名品が無造作に並べられ、それらをとっかえひっかえ吟味してはカメラに付けては試飲(?)したりといったことを繰り返していたのでした。

しかし、シネレンズって実際覗いてみると1本1本それぞれが個性的です。現代のレンズに比べてしまうとキッチリカッキリ写るレンズがなんとも詰まらなく思えてしまうのが罪作りなところです。これらの素敵なレンズ達はもう生産されることはありません。ということはコンディション良好で残存しているものを探すしかないのです。しかし、相手はレンズ、実物を覗いてみないことには好みの描写をしてくれるかどうか、分かりません。昔のレンズですから同じ品種でも個体差も大きいかも知れません。一発で好みのレンズが手に入れば何も苦労は無いのですが、世の中、そう甘くはありません。こうして人はレンズ沼と呼ばれる煩悩の沼にズブズブとはまってしまうのです。

この集まりはそんな沼にはまらぬことの無いようにお互いのレンズを見せ合って情報交換をしましょう、というところに意味があると思ったのですが、単に煩悩を刺激しただけ、のような気がしてきました(笑)。


20090620-2.jpg
帰り道、酔っ払って歩道橋からパシャッ うつくしい?

鎌倉のあじさい

20090620-kamakura-2.jpg
明月院境内のお地蔵さん仏さん


梅雨の合い間、天気も良く時間も取れたので鎌倉へ行ってきました。鎌倉のあじさいと言えば超メジャーな明月院、平日なので空いているかなと淡い期待を胸に抱きながら向かいました。が、途中の道から既にオバさん軍団がゾロゾロと行列状態、平日でこれですから土日はゆっくりあじさい鑑賞どころではなさそうです。撮影も人が入らないように忍耐が必要ですし、人の邪魔にならないように注意も必要です。

さて、肝心のあじさいの方はどうなのかと言うと、まさに花の洪水とでも言うか、もうゲップが出そうなくらい咲きまくっていました。人がいなかったらワイドレンズで撮りたいところですが、どうしても寄り構図になってしまいます。今日のメイン機材はDMC-G1+Dallmeyer 25mm、これだと最短25cmmまで寄れるので助かります。

20090620-kamakura-1.jpg
境内中がこんな感じ


この後は鎌倉駅まで戻って江ノ電で長谷駅へ。ぶらぶらと歩いていると前に来たことがある御霊神社に着きました。ここもボリュームは少ないですが、色々な種類のあじさいが楽しめます。

20090620-kamakura-3.jpg
踏切から見た長谷駅方向 単線が素敵 (WaiWai Wide 17mm)


ここは神社の鳥居のまん前を江ノ電が通っているので絶好の撮影ポイントとなっているようです。特にあじさいの季節の週末にはカメラの砲列がズラリと並ぶのだとか。踏切の警報機が鳴りだすとカメラを持った人達がいっせいに走り寄って来るのでびっくりしました。

20090620-kamakura-4.jpg
電車めがけてカメラマンが殺到 (WaiWai Wide 17mm)


御霊神社の右側から裏手に抜けて少し歩くと長谷寺です。こちらも大規模なあじさいが楽しめるようですが、バスで観光客がじゃかじゃか入ってくるので今日はパスしました。

時間をみると休憩無しで既に4時間も歩いていたので燃料切れ、手近な店に入ってビールとカレーを頼んで一人反省会をしました。今日は計150ショット、RAW+JPEGなので2GB強。最近はギガ単位でデータが増えるのでデータの安全な保存方法を考え直す必要がありそうです。

20090620-kamakura-5.jpg

気になる写真家 George DeWolfe

偶然ネットで見つけた写真家、George DeWolfeが気になります。経歴を読むと1964年に写真家となり、あのアンセル・アダムスなどと一緒に活動していたようです。緻密なモノクロが得意なようですが、それだけではなくカラーやデジタルも守備範囲としています。作品を拝見するとどれも見事なトーンが感じられ、写真家の教育にも熱心に活動しているようです。

最初この写真家に気が付いたのはPercep Toolというモノクロ用のフォトショップ・プラグインの存在からでした。このツールの使用前/使用後の例があったのですが、ちらっと観ると違いが分かりません。が、しげしげと観ると使用後の方がはるかにグラデーションが生きていて被写体が立体的に見えます。このツールを辿ってこの人のサイトに辿り着きました。モノクロの魅力ってトーンをどう造型するかにかかってますからこれは非常に興味深いツールです。最近デジタルではやっているHDR写真とちょっと似ていますが、発想はまた別のようです。

また良いモノクロを造るためには良質なオリジナル作品を知ることが必要ということで、自分自身のオリジナル作品5点を手頃な値段で販売もしています。作品として飾ってもいいですし、なによりトーンの参考になるのでこれは買ってみようかなと思っています。(150ドル、オリジナル・プリントで1作品30ドルは安い!)

George DeWolfe



白山神社あじさい祭り

文京区の白山神社であじさいがきれいとの噂を聞いて行ってきました。滅多に乗らない南北線に乗って本駒込で降りて徒歩5分で到着。着いたのは午後3時過ぎでこの時点で本日が最終のあじさい祭りの撤収作業が始まったところで境内は祭りの後片付けでバタバタしている最中なのでした。

20090614-1.jpg


20090614-3.jpg


20090614-2.jpg


境内はそう広くはありませんが、アジサイはあちこちで満開です。まずDallmeyer 25mmで一通り撮影し、途中でWaiWai Wide 17mmに交換してさらに撮り続けます。こういう狭い場所ではWaiWai Wideの方が撮り易く、Dallmeyerより良いショットが撮れたような気がします。(今回の写真は4枚ともWaiWai Wideのもの)しかし曇天の夕方となるとF8のWaiWai Wideでは手持ち撮影の限界でこちらもそうそうに撤収とあいなりました。


20090614-4.jpg
黒猫君は居合の達人だった

帰り際に見つけた黒猫君、指先をひょこひょこ動かしてからかっていたらいきなり猫パ?ンチを喰らってしまいびっくり。迂闊でした。猫族は自分が相手よりも高いポジションにいると気が強くなるのを忘れていました。猫は手の先に伸縮自在のカッターナイフを隠し持っています。が、こちらもダテに猫4匹と暮している訳ではありません。危ういところでカッターナイフ攻撃をかわして怪我はせずに済んだのでした。

妙楽寺であじさい三昧

新聞で近所にあじさい寺と言われるお寺があることを発見し、訪問してみました。場所はJR南部線の宿河原駅付近。早速南米号で出動です。機材はDMC-G1に今日届いたばかりのDallmeyer 25mm/F1.5、予備に軽量なWaiWai Wide 17mm。例によって直線番長で2度も通り越してしまいました。 orz

Google mapで見たときはそんな傾斜地には見えなかったのですが、実際にはかなりの蛇行坂道の連続。途中から道路両脇に綺麗にアジサイが咲いていて期待が高まります。ゼイゼイと息を切らせて登ったのですが、坂の途中で力尽きて自転車を降りてしまいましたが、実はこの時点で既に妙楽寺を通り越していたのでした。入り口は坂の途中だったのですね。ひとまず目の前に長尾神社というのがありましたので休憩しながらDallmeyerの試し撮りです。



20090612-1.jpg


こ、これは・・・・ 美しい!まるで貧血で気を失う寸前のようです(笑)。昔、ヒッチコックの映画で「めまい」というのがありましたが、まさにそんな感じがします。開放だといわゆるグルグルが出放題。レンズ構成が風変わりらしく、戦前のノンコーティングということもあって超個性的な絵になります。光学設計上はボツなのでしょうが、最近のレンズでは絶対にお目にかかれない描写をしてくれます。難点は極めてハロが出易いことで、逆光時は注意しなければなりません。もしくはそれをも織り込んで撮る必要があります。

辿り着いた妙楽寺はまさにあじさい寺という名にふさわしく、境内は紫陽花だらけ。種類はあまり多くないようですが、人も少なくて撮影が楽しめます。花の色づき具合からするとピークは来週あたりではないかと思います。鎌倉などもあじさい撮りには素敵なのですが人が多いのがどうも難点。その点、手近で人が少なく、拝観料も要らないとはここはなかなかの穴場です。

20090612-2.jpg


境内ですれ違い様に「それ、変わったレンズですね。」と話かけられた方がいました。その方もDMC-G1を持ってらっしゃってライカレンズをマウントして撮っているのだとか。思わぬ所で(浅草の)早田のオヤジがどうのこうのと話が盛り上がってしまいました。その方のコンデジには手製と思われる木製グリップが付いていましたのでなかなかの凝り性な方とお見受けしました。この方、きっとシネレンズの道に進むに違いありません(笑)。


20090612-3.jpg
1株だけあった珍しい花の紫陽花

南米号復活

ロードバイクを盗まれて以来のロード無し生活、やはりどこかにちょっと走るというのが出来ないのは不便です。で、ベランダに放置してあった南米号を復活させました。南米号の生れは福岡の南米商会で、誰かがツーリング用にオーダーした車体のようです。めぐりめぐってNashの所にやって来たのですが、フレームサイズが2cmほど大き過ぎでVeneziaが有った時はほとんど乗りませんでした。なので2年以上は乗っていませんので各部をチェックしました。

まず前輪、これはVeneziaのオリジナル・ホイールがあったのでそれと交換です。タイヤはパナレーサーCloserで今回初めて20mm幅を使ってみることにしました。重さ190gで値段も安かったので採用です。チューブはミシュランのラテックス・チューブ。ラテックス・チューブは値段高めですが、空気圧をうまく調整するとモチモチ感(?)が出ます。細めの前輪で走行抵抗を低めにしてエアボリュームが少ない分の振動吸収をラテックス・チューブで補えないか、という作戦です。

後輪はエアーを入れてみるとスローパンク状態。パナレーサーのVariant(23mm幅)自体は問題なさそうなのでリムテープ、チューブだけ交換して続投としました。若干振れがありましたので初めて自分で調整してみましたが15分ほどやって何とか実用上問題のないレベルに抑えることが出来ました。

この状態で近所をちょこっと試走してみると、どうもポジションが前のめり過ぎのようです。これではリラックスした姿勢で走行が出来ませんので要調整です。幸いLOOKの可変ステムなので調整はレンチ1本で自由に調整出来ます。この車体、フレームサイズが大き過ぎなのですが、乗ってみると一種の安定感を感じます。この安定感というのはクロモリのフレームから来る特性なのかも知れません。逆に言えばとんがった特性が無いとも言えます。でもレースに出る訳でもないのでこの特性の方が望ましそうです。これでもっと軽ければ理想的なのですが。

猿と遭遇

今日は盗まれてしまったロードバイクに代わって南米号を復活させるべくパーツの買出しに出かけました。南米号はうちに来た時点で既に17歳、今は20歳の鉄ロードです。引っ越してからというものずーっとベランダに放置されていましたからいろいろメンテが必要だろうと思ってチェックしてみるとドライブ周りは全然問題無し、ブレーキやワイヤーもOKでした。ただタイヤはヒビだらけで交換した方がよさげと判断しました。それから前輪はハブ・ダイナモだったのですが、重くて回転抵抗のあるホイールは丘陵地帯では辛いので普通のホイールに履き替える予定です。

買出しの途中、鳩森八幡神社に寄ってみましたが何やら建物の建て替え工事中で境内は慌しい雰囲気でしたが、ガクアジサイが綺麗に咲いていました。

20090606-4.jpg



20090606-3.jpg



神社を出て少し歩いたところで猿に遭遇!なんでこんな所でお猿さんが合掌を?

20090606-1.jpg


20090606-2.jpg
DMC-G1+Kern Switer 25mm/F1.4


これは庚申塚だったのですね。最近作り直されたばかりのようです。よく見ると屋根の前側だけでなく、後ろ側にも一匹います。立て札の説明によると庚申塚は道教と関係があるようで、庶民の信仰対象だったようです。今でもあちらこちらに地名となって残っていたりしますから幅広く信仰されていたのでしょう。よく道端のお地蔵さんの社がぼろぼろになっていたりするのを見かけますが、町の文化財として守っていくという意識がだんだん薄くなっているんじゃないかと思います。次世代にこういったものが伝わらないとしたら、未来の人達から「何をやっていたんですか?」と言われてしまうかも知れません。

スタートレック

スタートレックはその当時テレビ放送をいつも楽しみに観ていました。大体一話完結のストーリーは毎回意外性に富み、メインの登場人物のアクの強さもあって強いインパクトがありました。トレッキーと呼ばれる熱狂的ファンが生まれるのも無理ありません。そんなスタートレックの新作映画がタイトルも「Star Trek」とオリジナル・タイトルを掲げて封切られたので観てきました。

今までさんざん演じられてきたキャラクターを全く新しい俳優を使ってやろうというのですからこれは製作者にとってはすごく怖いことでしょう。ここで観客の心を掴めなかったらいくら他が良くても評価されないと思います。でもエイブラハム監督はこれをやり遂げたようです。印象的なのは子供時代のカークとスポックがなかなか可愛らしかったこと。この子供時代のエピソードに将来が暗示されていたりします。今回意外だったのはスポックが感情を積極的に出すシーンが多くあったことです。(スポックって純粋なバルカン人ではなかったのですね。)

ストーリーは結構複雑で、なんでスポックが?とか、どうしてスコットがここに?と見終わってからもよく分からなかったりすることろがあります(笑)。キャップテン・カークの文字通り誕生から艦長就任までを2時間でまとめようというのですから詰め込み過ぎの嫌いがありますが、とはいえ近年のスタートレック物の中では良い出来ではないかと思いました。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。