FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



妙楽寺であじさい三昧

新聞で近所にあじさい寺と言われるお寺があることを発見し、訪問してみました。場所はJR南部線の宿河原駅付近。早速南米号で出動です。機材はDMC-G1に今日届いたばかりのDallmeyer 25mm/F1.5、予備に軽量なWaiWai Wide 17mm。例によって直線番長で2度も通り越してしまいました。 orz

Google mapで見たときはそんな傾斜地には見えなかったのですが、実際にはかなりの蛇行坂道の連続。途中から道路両脇に綺麗にアジサイが咲いていて期待が高まります。ゼイゼイと息を切らせて登ったのですが、坂の途中で力尽きて自転車を降りてしまいましたが、実はこの時点で既に妙楽寺を通り越していたのでした。入り口は坂の途中だったのですね。ひとまず目の前に長尾神社というのがありましたので休憩しながらDallmeyerの試し撮りです。



20090612-1.jpg


こ、これは・・・・ 美しい!まるで貧血で気を失う寸前のようです(笑)。昔、ヒッチコックの映画で「めまい」というのがありましたが、まさにそんな感じがします。開放だといわゆるグルグルが出放題。レンズ構成が風変わりらしく、戦前のノンコーティングということもあって超個性的な絵になります。光学設計上はボツなのでしょうが、最近のレンズでは絶対にお目にかかれない描写をしてくれます。難点は極めてハロが出易いことで、逆光時は注意しなければなりません。もしくはそれをも織り込んで撮る必要があります。

辿り着いた妙楽寺はまさにあじさい寺という名にふさわしく、境内は紫陽花だらけ。種類はあまり多くないようですが、人も少なくて撮影が楽しめます。花の色づき具合からするとピークは来週あたりではないかと思います。鎌倉などもあじさい撮りには素敵なのですが人が多いのがどうも難点。その点、手近で人が少なく、拝観料も要らないとはここはなかなかの穴場です。

20090612-2.jpg


境内ですれ違い様に「それ、変わったレンズですね。」と話かけられた方がいました。その方もDMC-G1を持ってらっしゃってライカレンズをマウントして撮っているのだとか。思わぬ所で(浅草の)早田のオヤジがどうのこうのと話が盛り上がってしまいました。その方のコンデジには手製と思われる木製グリップが付いていましたのでなかなかの凝り性な方とお見受けしました。この方、きっとシネレンズの道に進むに違いありません(笑)。


20090612-3.jpg
1株だけあった珍しい花の紫陽花

スポンサーサイト