FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



赤外線江ノ島

DMC-G1で赤外線撮影が出来るようになったので例によって江ノ島へ出撃しました。きれいな夕日を期待して午後2時半に出発。が、到着してみると西の水平線上には厚目の雲海がたなびいており、日没を拝むには難しそうな状況。でも、上空は青く晴れ渡っているので赤外線光量には不足はないだろうと思ったのですが、残念ながらそうは問屋が下ろしませんでした。AEによる露出では曇天時とほとんど変わりません。開放にしても1/15秒までいきません。止むを得ずISO=1600としてみました。ノイズは後処理でなんとかしましょう。

EVF経由だとライブで赤外線画像を確認できるので実に面白いです。別にどうってことはない景色が赤外線画像ではとんでもなくシュールな絵になったりします。赤外線反射率が高めの植物がやはり目を引きます。建築物などは特にモノクロで撮ったのと大きな違いはありませんから、なるべく植物といっしょに撮りたくなります。もう一つの問題はピント合わせ。EVFでMFアシストを使いますが、とにかく暗いので慎重にフォーカシングしなければなりません。G1はモノクロのフィルムモードにスタンダード、ダイナミック、スムーズとありますが、スタンダードでは少し眠い感触なのでダイナミックで撮影です。

2009087-1-enoshima.jpg



2009087-2-enoshima.jpg



2009087-3-enoshima.jpg
全てDMC-G1+Kern Switer 25mm/F1.4 (@F1.4)



一通り撮影し終わってからいつもの富士見亭のベランダで休憩 一人反省会。潮騒の音をBGMに、すぐそばまで飛んでくるトンビのグライディングに驚嘆しつつ、大空と大海原を肴にして飲むビールは格別です。


2009087-4-enoshima.jpg
プハァ?!(笑)


スポンサーサイト