FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



くものすがた

20090815-1.jpg


久しぶりの快晴、頭上を飛び去るUFOヘリを撮ってみました。小さ過ぎてまるで蜘蛛のようですが、問題は背景の雲の方です。分かりにくいと思いますが、上半分と下半分の雲の姿に注目です。
スポンサーサイト



センサーよ、動け

最近のデジカメのCCDというか、センサーはブレ防止ということでセンサーが動いてカメラ・ブレを補正してくれるものが多くなりました。確かにこれは素晴らしいアイデアだと思います。特に液晶を覗きながら撮るスタイルでは確実に助かります。でもNashとしてはもう一つ要求したいっ!、ことがあります。

まずブレ防止は置いといて、センサー部分にもっと自由度を与えたいのです。ヒントは中判カメラのマミヤ6。マミヤ6とは言っても昔の蛇腹の方です。このフォールディング・カメラ、レンズは固定されていて焦点調整出来ません。代わりにボディー内でフィルム面が前後に移動して焦点調整をします。これがレンジ・ファインダーと連動する訳です。フィルムの平面性維持という問題はあるかも知れませんが、間宮さん、頭いいですね。この考えをデジカメのセンサーに応用して欲しいのです。

何がやりたいかというと、センサーを傾けたいということです。最近流行りのティルト撮影がこれで出来るようになるはずです。通常は蛇腹カメラでない限り、高価なティルト・シフト対応のレンズを買うしか方法がありませんが、センサーを傾けることが出来ればレンズを選ばずにティルト撮影が出来ます。(レンズ側のイメージサークルの大きさの問題がありますけれど。)

ここまで書いてはたと思いついたのは撮像素子とファインダーの関係。普通はセンサーの前にシャッターがあって、ファインダーから覗いているのは撮像素子からの映像ではないのでした。このままではセンサーが動いてもその効果をファインダーで確認することが出来ません。うーむ、だめかな?それじゃEVFにしてEVF用のセンサーも連動して動かすとか。う?ん・・・

追記:
既に1999年に旭光学からこの方法による特許申請が出されていたようです。認定されたかどうかは分かりませんが、もしかしたらHOYAが特許を持っているのかも知れません。
アオリ撮影機能を有するデジタルスチルカメラ