FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



R?それともY?

カメラマニアが自分の愛機に必ず付けるもの、まずはイの一番にストラップでしょう。なんせ愛おしいメカであり、レンズですから万が一ということがあったらいけません。故に結構ストラップにこだわる人は多いようです。そこで本革製とかハイテクな素材を使った高価なストラップとかを付けたりする人が多いです。さらに凝り性な人は完全自作したりもします。そんな事情で市販されているストラップは腐るほどありますが、不思議なことにこれはピッタリだというようなストラップはなかなか見つかりません。大概は妥協に妥協を重ねて「ま、これならいいか?」という線ではないでしょうか。

こうしてストラップ巡礼の旅が始まります(笑)。買っては外し、また買っては外し・・・。Nashも常に良いものはないかと探していますが、これは!というものはまだ見つかっていません。ところが最近気になるストラップが複数出現しました。

・UN フリーアジャスト ストラップ
 布製ベルトで長さ調整が自在に出来る。2点吊りで斜め掛け可能。

・Blackrapid Rストラップ
 カメラマンのRon Henry氏考案の斜め掛け専用ストラップ。1点吊り専用。世界最速(?)のストラップを謳っている。

・Yストラップ
 カメラマンのStephen Schaub氏考案の斜め掛け専用ストラップ。1点吊り専用。Rストラップとコンセプトは似ている。

UNのストラップはストラップの王道を行く2点吊りの標準的なストラップです。個人的に布ベルトが好みなのと長さ調整が簡単に出来るので使ってみようと思ってます。RストラップとYストラップはどちらも1点吊りが特徴です。違いはRストラップは三脚ネジ穴を使って吊り下げる方式、もう一方のYストラップは三脚ネジ穴は使わずに通常のストラップホールを使って吊り下げる方式。考え方は似ていますが、カメラやレンズの組み合わせによって得手不得手がありそうな気がします。Rストラップの動画を観ると確かに最速を謳うだけあって早撃ちガンマンのようにカメラを構えることが出来そうです。かたやYストラップの動画の方も負けず劣らずスムーズそうに見えます。








Rストラップは評判も良いようで同様品を自作している人もいます。Yストラップはまだ日本に入って来てないようで現状未知数です。が値段を調べてみると送料入れてもRストラップの半額以下。そこでYストラップを発注してみました。Yストラップを選んだ理由はもう一つあります。それはYストラップと同時に使用を勧めているStephen Schaub氏考案のThe No Pod Stabilizerというのがあったからです。

これが「マジですか?」と言いたくなるようなスタビライザーで、(スタビライザーと言っていいのどうか疑問ですが)要はカメラの三脚ネジ穴を使ってゴム紐をくくりつけ、その先をつま先とか腰のベルトに引っ掛けてカメラを構えた時にテンションをかけて安定させようとするものです。カメラはゴム紐によって下向きにテンションがかかり、そのカメラを両腕がテンションに逆らって引っ張って安定させるようにするというもので、ユーザーのレビューによると+1段絞ることが出来ましたとか書かれていますが・・・・「ホンマかいな?」というような製品、というよりヒモ(!)です。

どちらも使ってみないと結論は出せないと思いますが、Rストラップは三脚ネジ穴を利用して吊り下げるのでデジイチに比較的大きなズームレンズを付けた場合でも問題なさそうです。(長い望遠レンズならレンズ側の三脚ネジ穴も使えます。)Yストラップはどちらかというと比較的軽量な装備に向いているような気がするのでレンジファインダーとかマイクロフォーサーズならYストラップが向いているような気がしますが、果たしてどうでしょうか?



スポンサーサイト