FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



iPhoneカメラアプリで試行錯誤

ようやくツルツルと滑り易いiPhoneにジャケットを着せて掴み易いようになりました。ものはSwitchEasyという製品でシリコンっぽくなく、割とさらさらした手触りで気に入りました。縦構図はともかく、ホールドし難かった横構図もこれで安定して構えることができます。多数あるカメラアプリの内、現在使っているのは、アップル標準のカメラ、Darkroom(無料版)、Slow Shutter(115円)、Slow Shutter Cam(115円)の4つ。他にもエフェクトやフィルター効果を内蔵したカメラアプリが色々ありますが、それらはまだ試していません。

一番頼りになるのはアップルの標準カメラ。画面をタップしてフォーカスを調整出来るのがありがたいです。これである程度露出補正も出来るので、他のカメラアプリでもこの仕組みはサポートして欲しいものです。(フォーカシングは3GSカメラのハード依存なので難しいのかも?)Darkroomは手振れ補正が効くのですが,状況によってはなかなかシャッターが切れません。こちらの意図したタイミングでシャッターが切れないので使い難いと感じてしまいます。(特に被写体が動いている場合とか。)でも、手振れが止まった時に撮れるので確実にブレない絵が撮れます。

Slow ShutterとSlow Shutter Camは名前から分かるようにスローッシャターで撮ったように撮れるカメラアプリです。どちらも低速シャッターとなりますから手持ちではブレますが、それが妙に面白かったりします。残念なのはSlow Shutterではシャッター速度が2秒まで、画像の保存サイズが320x426と小さいことです。絵としてはいい感じなのですが。(特にモノクロの場合。)一方のSlow Shutter Camは786x1024(XGA)まで可能で、シャッター速度も最長25秒まであるのでどうしてもこちらを使うことが多くなります。


20100331-1.jpg
3GSの標準カメラ


20100331-2.jpg
Slow Shutter Camで手持ち4秒露出してからプラスの露出補正処理


20100331-3.jpg
Slow Shutter Camで手持ち8秒露出(レンギョウの花)


20100331-4.jpg
Slow Shutterで手持ち2秒露出のスージー



20100331-5.jpg
同じく手持ち2秒でスージーが首振りしたのでダブルイメージ風


iPhoneだとボケうんぬんと言うのは少々無理がありますから、こういう方面に走ってしまします(笑)。


スポンサーサイト