FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポートフォリオ反省点

20100831.jpg


昨日渋谷で開かれた「フォトグラファーズ・サミット」にポートフォリオ持参で参加しました。ポートフォリオはiPhone撮影に限定して40枚を2L判でペタペタとアルバムに両面テープで貼って作ったのですが、どれをピックアップするか、並びはどうするかでかなり悩みました。プリントするのが精一杯でタイトルを付ける時間はなく、半完成状態での持込みでしたが、作例集ということならこれでいいのかも知れません。今回、月光のモノクロ写真用のパールラベルという紙を使ってみたのですが、すごく良い絵もあればうまく合わない絵もあるようで作品を選ぶ傾向がありました。時間があれば無光沢マットと作品毎に分けてプリントすれば良かったと反省です。

「フォトグラファーズ・サミット」の会場はライブ・イベント用の会場らしく、DJブースもあるのですが、終止トランス・テクノが大音量で鳴っており、写真を鑑賞しようとするのに踊りながら観る訳じゃないですからちょっと考えて欲しいものです。(まあお祭りという面もあるのでしょうが、ギャラリーでトランス・テクノなんか鳴らないでしょう。)サミットのメインイベントはいろいろな写真家が一人5分ほどの時間でプロジェクターに自作を映しながらトークするのですが、これは楽しめました。知っている写真家は上原ゼンジ氏とうつさんだけでしたが、こんな写真を撮っている人もいるのかと驚かされる人もいました。

持ち込んだポートフォリオは専用スペースに置いて自由に閲覧してもらうのですが、このスペースは終止人だかりがしていました。皆さん、写真を撮る方の人ですから他人の作品には強い関心があるのでしょう。他人のポートフォリオを眺めながら自分のポートフォリオがどんな風に観られるのか横目でチラチラ観察していましたが、なかなかドキドキものでした(笑)。たくさんのポートフォリオを見せてもらって感じたことは、
・ポートフォリオは片手で持てるぐらいの重さにするべき
・どちらからめくるのか分かるようにするべき
・プリントのクオリティーに対してもっと注意をはらうべき
といった点でした。ほとんどがインクジェット出力だと思いますが、プリントに対する関心が低いように思えるのです。高いクオリティーのプリントは中身はともかくとしてそれだけで目を惹きつける力があると思うのですが、写真の中身ばかりに気を取られてしまって、そこまで気がいってないようです。せっかく人に観てもらうのなら観た人の目を吸い付けてしまうぐらいのクオリティーの高いプリントにしないともったいないと思うのです。本来ならプロ・プリンターに頼むべきでしょうが、ポートフォリオでそこまでコストを掛けるべきかは難しいところです。

大勢の人に自分のプリントを観てもらうというのは非常に貴重な体験でした。出来ればもっと落ち着いた雰囲気の場所でもっとたくさんのポートフォリオを観ることが出来るポートフォリオ図書館(?)のようなものがあれば面白いかも知れません。そこに行けばいつでも数千冊のポートフォリオが見放題、そして作り手側は一冊当たりの使用料を払って置かせてもらう、そんな場所があってもいいような気がします。

(このポートフォリオはギャラリー世田谷233のボックスに置いておきました。)



スポンサーサイト

ポートフォリオ?

8月30日(月)に渋谷で開かれる「フォトグラファーズ・サミット7」に行ってみることにしました。開催概要を読んでみると、参加者が自分のポートフォリオを持ち込んで展示出来るのだそうです。ポートフォリオって何?と思って調べると自分の作品集なのですね。つまり、お互いの作品を見せっこしましょう、ということなんでしょう。なかなか作品について批評してもらう機会というのはありませんし、いろいろな人のプリントを一同に観ることが出来るというのは楽しそうです。ということで、今週中にポートフォリオ仕上げなきゃと奮闘しています。ほとんどがiPhoneのものになると思うので、観てもらえるのか分かりませんが委細構わず虎穴に入ってみます。果たして虎児はいるのでしょうか(笑)。






ギャラリー世田谷233にプリント展示

いま写真はプリントしないという人が多いそうです。すっかりデジタル化されましたからネットで公開出来るし、携帯の画面もけっこう大きくて綺麗に写ります。プリントしたら費用もかかりますし、後でそれを整理しなければなりませんからプリントしないで経費と時間を節約するというのは分かります。でも液晶で観たものとプリントしたものが等価かというとそれは違うように思います。物理的に存在するかどうか以上に媒体(液晶画面か紙か)による違いが大きいです。液晶画面だと画面が発光していますが、紙は発光せずに光を反射するだけです。個人的には紙媒体の方が自然に見えます。どうも液晶画面だときれいに見えることも多いのですが、目にキツいような気がしてしまいます。紙のような反射媒体だとそういうことはありません。

これは人間の眼が今までずっと反射媒体の映像を見てきた訳ですから当然なのかも知れません。発光する媒体というのはごく最近出てきたものですからそう簡単には眼は対応しないでしょう。あと保存性も大きく違います。磁気媒体にしまった写真の保存はやっかいです。必要性があるかどうかは別にして100年保存することは出来るのかなと思ってしまいます。その点、紙媒体は退色はするでしょうが物理的に破損しなければかなり持ちますから有利です。

そんなことを考えてどうせ観てもらうならやはり紙媒体でも観てもらうべきだと思い、物理的なギャラリーを開設することにしました。場所はギャラリー世田谷233という所で、借りた広さは35cmx35cm(狭)。レンタルボックスというやつです。いろいろな人達のユニークな作品を観ることが出来て面白いスペースです。狭いながらも一国一城の主なのですが、まだ中身があまりありません。プリントしてみるとなかなか思ったようにトーンが出ないので微調整したり、紙を変えたりで悩んでいます。それから使っているのがキャノンの10色顔料インクジェットのせいでインク代が1枚刷るのに約100円かかったりしてビックリです。

試行錯誤しながらやっていますのでまだ置いてあるのはポストカードサイズのものだけですが、もし近くを通るようなことがありましたらご笑覧ください。

ギャラリー世田谷233 (世田谷線若林駅下車して環七越えた線路脇です)


ソルト

J氏に誘われてソルトを観てきました。ソルト?塩ですか?って感じで観に行ったのですが、ソルトは主人公の名前エヴリン・ソルトの名前だったのですね。日本だったら題名「塩田」とかそんなノリでしょうか。ほとんど予備知識無しで行ったのですが、CMなどからおおよそスパイものか謀略ものらしいという感じはしていました。主役がアンジェリーナ・ジョリーとくれば、ララ・クロフトというイメージがあるのですが、今回はあのような空想的な役柄とは異なったかなりリアリティーのある役で今までのララのイメージが吹っ飛びました。

えぇ?っ?というような展開に次ぐ展開で最後まで充分に楽しむことが出来たのは大収穫です。役者良し、脚本良し、アクション良し、カメラ良し、音楽良し、と隙がありません。監督フィリップ・ノイスの名前は記憶になかったので調べてみると、「パトリオットゲーム」、「セイント」、「ボーンコレクター」などを撮った人でオーストラリア生まれのベテランです。今回だいぶ株を上げたと思います。脚本のカート・ウィマーは「ウルトラバイオレット」、「リクルート」なんかを書いた人で次作は「トータルリコール」(エェッ!)の予定だそうです。

謀略物、アクション物が好きな人には大いにオススメです。観終わって得た教訓「女は怖い」。どこまでも追ってきますから。地下8階までも(謎)。



Plastic Bulletがバージョンアップ

20100813-1.png


すこし前から試していたiPhone用の写真加工アプリ、PlasticBulletがバージョンアップしました。Plastic Bulletは特にパラメータの指定はなく一切おまかせ型の画像加工アプリで、人間に出来るのは処理結果を選択するだけです。なのでコントロールは全く出来ないのですが、人間には出来ないような大胆な加工をしてくれたり、意外性があったりで行き詰まった時などに特に重宝するアプリとなっています。

早速チェックしてみると、IOS4対応以外にフルサイズ出力がサポートされていました!これはありがたいです。この手の画像加工アプリですと、処理時間を短縮するためにかiPhoneのフルサイズをサポートしないのが割と多いです。メールに添付する程度なら解像度が低目のファイルサイズが小さいものでも構わないのですが、写真として残したいものは少々困ってしまいます。Plastic Bulletも前のバージョンでは600x800のファイル出力だったのが、「設定」からオプションを選択すれば1536x2048が出力されるようになりました。ただし、フルサイズを選択するとファイルセーブ時にちょっと待たされますが、それでもCool fxに比較すれば1/3程度の時間ですから全然問題ありません。

これで他のフルサイズをサポートする加工アプリと自由に連携することが出来るようになったので画像加工の自由度が上がります。万能の画像加工アプリというのはないのでそれぞれの画像加工アプリの特徴を活かしながら使うことになるのですが、これからは解像度をフルサイズに維持したまま、
 Cool fx ---> Plastic Bullet ---> Picture Show
などということが出来ます。ちょっとアクの強い性格のPlastic Bulletですが、今後出番が増えそうな感じです。


20100813-2.png
Plastic Bulletの選択画面(アジサイの葉っぱを加工中)



英作文

ベルリンのEYE'EMスタッフ、Saraさんからメールが来ました。ベルリンからと言っても英文ですから読むのに特に問題は・・・えーと、なになに、「あなたの作品を展覧会を記念して出版される本に載せるから作品のバックグラウンドについて語りなさい」ですって?!これはとても嬉しいことですが、当然英語でということですね。英作文せよということですか・・・・ orz

学生の頃から英作文は大の苦手、これは困りました。ウェブに載るくらいなら長く残ることはないでしょうが、出版物となると何十年も残る可能性があります。そこにひどい英語の文章が載ったりすると・・・これは末代までの恥晒しになるやも知れません。刻々と迫り来る提出期限、そこで発想の大転換をしました。どうせネイティブじゃないんだし間違えたって当然、ましてや極東の島国の人間だしと開き直ってウェブの翻訳サービスを利用して悪戦苦闘すること1日半、なんとか書き上げてSaraさんには、If you find misstake in my story, fix it please.と無茶なお願いをしてメールを送りました。出版は9月だそうです。

そして新たにまたモバイルフォトのコンペを9月に行うということなのでiPhoneで撮り溜めた写真を整理しています。携帯で撮るのは気軽なので良いのですが、ともかく数が多くてやっかいです。一見使えなさそうな写真でもトリートメントすると化けることがあるので消すに消せず、どんどこと溜まってしまいます。後から「あれってどこだったかな?」と探そうとしてもなかなか見つからなかったりで時間を無駄にしてしまうことがよくあります。画像のビュアーソフトとしてFastStone Image Viewerというのを使っていてこれは動作も早くてとても使い易いソフトなのですが、これでも追っつきません。写真を自動的に分析してタギングしてくれるソフトなんてあったら助かるんですがねぇ。


Kern Switar 13mm F0.9 テストシュート

KernのSwitar 13mm F0.9を近所に連れ出して試し打ちしてみました。


20100804-1.jpg
ボタンクサギの蕾



20100804-2.jpg
このツルには蜘蛛がいてツルの産毛も分かります。 背景は新宿副都心のビル郡。



20100804-3.jpg
正体不明のの木の実。背景の光のボケが特徴的です。



20100804-4.jpg
カシワバアジサイ



20100804-5.jpg
今回の中で一番のお気に入りで質感がよく出ています。



レンズ鏡銅が重くDマウントレンズとしてはかさばりますが、フォーカシングし易くて撮影は比較的楽でした。ただ明るい条件で絞りを開けるとシャッター速度が上限値でも露出オーバーとなってしまうようで、対策としてNDフィルターが欲しいところです。絞るとビグネッティングが左側に目立つようになりますが、これは恐らくこのカメラのマウント部分が少し傾いていることに問題があるようです。とは言っても中心部はとてもシャープでブレなければ草の産毛が分かるくらいです。またボケも個人的に大好物のグルグルが出ていい感じです。レンズとしては非常に優秀なのですが、残念ながらボディー側に足を引っ張られてしまっています。


Kern Switer 13mm F0.9

先日電子湾で拾った超高速なレンズ、Kern Switer 13mm F0.9がテキサスから到着しました。Switerとは言っても8mmムービー用のDマウントですからスチールで使っている人はあまりいないでしょう。コンディションは悪くありません。多少ヘリコイドが重いくらいで、年代物ですからこれはしょうがありません。F0.9というだけあって13mmレンズとしては巨大でどっしりとした量感があります。早速ケンコーOGOB-01改に付けて絞り全開にしてみると・・・・

あれ?ピントが掴みやすい?なぜかスムーズにフォーカスが合うような気がします。撮った写真を観てみると確かにピントは合ってます。ヘリコイドの移動量のせいか、レンズの明るさのせいか、よく分かりませんが今までいらいらしながらやっていたフォーカシングがかなり楽です。まずは手近に転がっていた猫のスパッツを絞り全開で撮ってみました。


20100803-1.jpg


こりゃなかなかいい感じです。いろいろ撮ってみないと何とも言えませんが、期待大です。




iPhone用DOFアダプター

昨日このページを見て軽いショックを受けました。テスト動画が実にいい感じでフィルム風味バリバリではないですか。この映像の肝はごく浅い被写界深度にあります。DOF(Depth Of Field)アダプターというものをiPhoneに付けて撮ったのだそうです。映画の世界では特に珍しいものではなく、高価な機材が使えない場合はよく使われているようです。その方法というのは、
1. 明るい一眼レフ用のレンズを使い、その像をまずスクリーンに写します。
2. ムービーカメラの方でこのスクリーンに写った被写界深度の浅い映像をマクロ撮影して録画するのです。

これで何万ドルもする高価なムービーカメラでなくとも映画で使われるような浅い被写界深度のショットが撮れるので、フォーカシングを利用した印象的なシーンが撮影出来るようになります。スクリーンには一眼レフカメラのフォーカシングスクリーンを使うのですが、面白いのはこのスクリーン部分に振動モーターを取り付けてスクリーンを水平方向に揺らすとより画質が良くなるそうです。(スクリーン自体の質感が見えるのでそれを見えないようにします)

これをiPhoneでやろうとすると、最大の問題はDOFアダプターとiPhone本体をどうやって繋ぐかです。DOFアダプターは言わば一眼レフの外付けレンズ、iPhoneのカメラはそのような外付けを想定していません。思い浮かんだのはOWLE BuboというiPhone用のホルダー。これは標準でマクロレンズが付いていて、標準的なフィルターが使えるようにネジも切ってあります。これを使えば割りと簡単にDOFアダプターが出来るような気がしてきました。

さらに調べてみると、次なる問題点はレンズを付けた中間リングとスクリーン部分をどうやって接続するかです。ここがクリア出来れば、あとは比較的簡単に出来そうなんですが。うーん・・・・





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。