晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるカメラ 2010

フォトキナも終わっていろいろな新製品情報が入りました。そこで今のところ個人的に気になっているカメラが3機種。どれもカメラメーカーとしてはマイナーですが、いずれもユニークなカメラです。

No.1はシグマのSD-1。Foveonセンサー搭載の一眼レフSDシリーズ・フラグシップとしての登場です。現在SD-14を持っていますが、画素数は1406万画素、一方SD-1は4,600万画素と超大盛(?)です。Foveonセンサーは高解像度な描写をしますからSD-1の描写は期待が持てます。ひょっとしたら中判デジタルはSD-1で置き換えられてしまうかも知れません。心配なのはシグマなこと(笑)で、カメラメーカーとしては大きな所帯ではないですからちゃんとリリース出来るのかなという点が気にかかります。あまり遅くなると他のメーカーに先を越されて遅れを取ることも考えられます。

No.2はこれもシグマですが、レンズ交換式のDPシリーズ。ただこれはまだ海外発の噂レベルです。しかしミラーレス一眼のソニーNEXの販売が好調なこと、DPシリーズもNEXと同じセンサーサイズであること考えれば、DPXとしてNEXが切り開いた市場に追従していく可能性は充分にあるのではないかと思います。そういえばソニーはEマウントの規格を公開をすると言ってますね。Eマウントはフランジバックが短めなのでいろいろなレンズがFoveonセンサーで楽しめるように・・・なればいいな!と期待です。

No.3はケンコー(!)のデジカメです。フォトキナ閉会間近になって1台のカメラを出品したそうで(輸送上のトラブルで展示が間に合わなかった)、なんとCマウントのコンデジ。画素数は1400万画素だそうです。こんなカメラが出たら欲しいけど今さらCマウントなんてまず無理だろうなぁ、と以前言っていたカメラなので非常に気になります。ケンコー自体はカメラ生産はしていませんから恐らく中国メーカーのOEMではないかと思います。今までCマウントと言えばマイクロフォーサーズ+マウントアダプターが常識でしたが、このカメラが出ればCマウント・レンズがまっとうに使える初めてのデジカメということになります。Cマウントはもともと16mmムービー・フィルム用の規格ですからフォーサーズ規格のセンサーサイズでは無理をして使っていました。それ故イメージサークルがセンサー領域をサポートしきれず画像周辺が流れたり、欠けたりすることがよく発生します。もともとCマウント用に設計されていればこのような問題は発生せずにCマウントレンズ本来の描写が味わえるはずです。(特に広角系レンズ)このカメラ、2011年2月に発売予定で標準レンズ付で価格は3万円程度だそうです。ニッチ狙いのカメラですが、Cマウントは面白いレンズが多いのでマニア層には受けそうな気がします。


スポンサーサイト

DP1テストシュート

20101016.jpg
恵比寿上空


DP1でのテストシュートです。まだ馴染めてないので「あれ?」とか「おぉ?」とか呟きながら撮っています。でも撮った絵はポテンシャル高いですね。まだ名機なのか、迷機なのかよく分かりません。上のはReDynaMixというプラグインでいじってみたものです。







DP1到着

思うところがあって久しぶりにシグマSD14を取り出し、レンズを交換した時にマウント内部のプロテクト兼赤外線カットフィルターを粉砕してしまいました。 orz SD14はほとんどM42専用機となっているので、大好きな40mmのKilfitt Makro-Kilerを装着したのですが、このレンズのマウント部は少し飛び出していたのですね。カメラを振ると何か音がするので変だなと思ってレンズを外してみたらマウント内側のプロテクトフィルターがコナゴナとなっていました。これでSD14はめでたく(?)赤外線撮影が可能になったのですが、パーツ交換にいくらかかるか?と考えていたらドアベルが鳴ってクロネコさんがDP1を届けてくれました。ナイス・タイミング!ちょっと前にあまりに安く出品されているので思わず落としてしまったものです。DP1が発売されたのは2年半前。DPシリーズの第一号であったのでその使い勝手が問題視されてさんざん叩かれたためにあまり評判は良くなく、改良版DP1sが出て、最近はDP1xが出たばかりです。

思うにDP1の評価についてはかなり誤解があったのではないかと思います。その形がコンデジそっくりだったので一般的な普通のコンデジと同様に受け止められ、さあ使ってみたら、あらとんでもない何この使い難いカメラは!となってしまったケースが多いのではないかと思います。なのでヤフオクを見ると使いこなせなかったと思われるユーザーが出品したDP1が格安で出ているのをいくつも確認できます。実はDP1は中判画質のカメラを超小型化したデジカメ、というのが正しい言い方なのだと思います。だから中判カメラのごとく扱う分には超ちっちゃいという以外に何の問題もありません。

Nashとしては35mm判で28mm相当の画角なら目測でいけますから特にAFは必要ありませんし、連写することもありません。だから書込処理に時間が多少かかろうが問題ありません。コンデジの形態なので機動力がありますし、なんと言ってもFoveonセンサー搭載なのに格安です。まさに願ったり叶ったりなデジカメです。早速持ち出してテストしてみたのですが、確かに普通のコンデジ・ユーザーからは受け入れがたいカメラだということは確認出来ました。問題だと思ったのは寄って撮る場合にEVFがないので液晶でピントを見なければならないのですが、老眼だとキツいです。カメラを目に近づけると液晶画面がボヤけますし、見えるように目から離すと今度はカメラ保持が不安定になってブレ易くなってしまいます。次期DP3(?)には是非高精細なEVFファインダーを付けて欲しいものです。

ちょうど在庫でアベノン製の黒い28mm光学ファインダーがあったのでこれをDP1で使うことにしました。本体といっしょについて来たフードとフードアダプタは常時つけたままにしようと思います。距離3m以上だったら目測+ファインダーで、3m未満なら液晶+MFという感じで使うつもりです。DP1で最も意外だったのはその重さです。ほとんどプラカメか?と思ってしまうような軽さ。でも質感はそれなりにありますから悪くありません。機動力に貢献するのでこの軽さはありがたいくらいです。今このDP1で考えているのはモノクロの撮影です。撮影後にモノクロに変換するだけですが、プリントでどれだけの質感が出せるかチャレンジしてみたいと思っています。




カフェノール

誰が名付けたのか分かりませんが、カフェノールはいわゆるコーヒー現像の俗称です。コーヒーに含まれるカフェインに還元作用があることに注目してこれで銀塩モノクロフィルムを現像してしまおうというものです。なんでわざわざそんなもので現像しようとするのかというと、通常使われる現像液よりも豊かな階調が得られる可能性があることが第一の理由としてあります。別にコーヒーを使わずにそのような現像作用がある処方はありますが、薬品の入手性という点ではコーヒーには絶対敵いません。なんせコンビニでインスタントコーヒーは必ず買えるのですからね。手近なもので通常以上の結果が得られるかも、ということで世界のあちこちでカフェノールは盛り上がっているようです。

実はNashも昔々は写真部員、自分で調合して現像液を作っていました。以来んん十年ぶりに自家現像に挑戦してみることにしました。薬品は簡単に手に入りますから、その他の現像タンク、ポリタンク、定着液、などをヨドバシで購入。インスタントコーヒーに次いで重要なのが炭酸ナトリウム。これは家庭用の掃除などに使う重曹で代用出来るということで、家にあった台所用のものを使用しましたが、実はここに落とし穴が・・・・

重曹の役割はpH値の調整で現像液としてはpH9-pH10の強アルカリであることが必要なのですが、重曹ではかなり投入しないとそのような値になりません。おまけに水にすんなりと溶けてくれません。今回pHメーターとして秋月電子でデジタルpHペンというpHメーターを購入して確認しましたが、重曹ではpH8以上には上がりませんでした。これの解決方法をネットで教えてもらったのですが、それは焼き重曹!フライパンで重曹の粉末を焼くのです。約10分ほど中火で焼いたことで100gの重曹が70gになりました。失った30gは水分と二酸化炭素なのだそうです。これで重曹 ---> 無水炭酸ナトリウムになりました。焼いた重曹を加えると軽くpH9を超えて現像液が完成です。

早速バルナックライカにコダックTmax100を詰めて近所を撮影、現像してみました。撹拌無しの静止現像で60分、水道水で停止して定着・水洗、最後はドライウェルに漬けてから乾燥へ。像は出てました!しかし像が薄過ぎ。2?3段露出不足のような感じです。どうもコーヒー現像液を作ってから2日ほ経ってから現像したのですが、これが良くなかったのでは?と思います。(還元薬品ですから放置すると酸化してしまう?)

何とかスキャナーで読取ることは出来ましたが、写真としては失敗作、でもまだ1本目ですから気にしません。出来ることは分かりましたから、あとは手順を改良するのみです。35mmでうまく行くようになったら順次ブローニーでも試してみるつもりです。まあともかくカフェノールって未知の部分があるのでハラハラそしてドキドキしますが、これは実に楽しいです。

caffenol-1-small.jpg
1本目を無理やりスキャンした結果 (ハナミズキの影 Skopar 21mm/F4)







FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。