FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



期待の映画

B級映画が好きです。予算の都合で大スターは呼べないけれど知恵と勇気と根性(?)でヒット作を目指した映画、そんな映画に惚れてしまいます。とは言ってもほとんどは興行成績も優れず、B級映画の腐海へと沈んでいってしまうのですが。でもそんなB級映画の中にもB級の枠を超えてしまう超B級映画も稀にあります。文字通りB級を超えてますからA級映画と互角に渡り合ったりします。中身で勝負すればそういうことも有り得るのが映画の面白いところだと思います。

今密かにこれは超B級ではないかと期待している映画があります。それはザック・シュナイダー監督の「Sucker Punch」。訳せば不意打ちとか、予期せぬ攻撃といった感じでしょうか。監督は「300」、「Watchmen」、「Dawn of The Dead」を作った人。まだ若い人ですが、そのスローモーションを多用した映像の作り込みは素晴らしいと思います。この「Sucker Punch」ですが、スチールを見て目が丸くなり、トレーラーを観てさらに目が点になりました(笑)。

時代設定は50年代。母親を亡くした主人公は継父に虐待され、妹と自分を守るため継父の頭をフッ飛ばそうとしますがあえなく失敗。治療が必要と判断されてロボトミー手術を受けるべく怪しげな施設に収容されてしまいます。ところがこれがとんでも施設で・・・・と、ここまでがイントロダクション。そしてその後は、セーラー服、売春宿、マシンガン、日本刀、サムライ、重爆撃機、火を吐くドラゴン、ロボット兵、イギリス軍、ドイツ軍、飛行船、巨大ロボ、未来都市・・・・という訳です。もういったい何がなんだかです。トレーラーを観るとやけに日本をモチーフにした背景が色々と登場します。もしかしたら日本市場を意識しているのかも知れません。

全米公開が来年3月25日ですからもうすぐです。日本でもそう時間差なく観れることを期待しています。
トレーラーはこちらがきれいです。ギャラリーを見ると分かるように戦隊物っぽいですね。

Sucker Punch Official Site



スポンサーサイト