晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーパンチ!

来年3月末に全米公開の映画「Sucker Punch」、トレーラーを何回も繰り替えして観てしまいました。もしかしてザック・スナイダー監督はジャパニメーション・ファン?と思ってしまうようなシーンの数々が見受けられます。あのジェームス・キャメロン監督だって次作では日本の漫画「銃夢」を作ろうとしているぐらいですからハリウッドにはたくさんのジャパニメーションのファンがいるのかも知れません。

スナイダー監督の得意なスローモーションの多用で非常にキャッチーな映像となっています。しかし、この絵コンテ、ザック・スナイダー監督が描いたんでしょうか?非常にユニーク(破茶滅茶)な世界観になっています。この「Sucker Punch」、日本では4月から公開だそうです。悪夢のような仮想現実の大冒険の末に手にする謎のアイテム、果たしてそのアイテムでベビードール達は現実世界での自由を手にすることが出来るのでしょうか? あぁ、早く観たい!


spunch-16.jpg
妹と自分を守るために継父を撃つベビードール


spunch-25.jpg
ベビードールが収容される怪しげな施設 ここからは一生出られないらしい


spunch-3.jpg
「仮想世界」でベビードールの案内人となるワイズマン


spunch-4.jpg
風林火山! ということはワイズマンは軍師?


spunch-11.jpg
立ちはだかる武者達 どうやら敵らしい


spunch-2.jpg
アイテムを獲得すべく戦地に到着したガールズ軍団


spunch-20.jpg
ヘリから敵陣へジャーンプ


spunch-5.jpg
着地したのは敵陣のど真ん中


spunch-13.jpg
もちろん撃ちまくる (左から)ベビードール、スイートピー、ロケット


spunch-10.jpg
焼け落ちた大聖堂をかすめて飛ぶ爆撃機


spunch-7.jpg
火炎放射しながら追ってくるドラゴン


spunch-19.jpg
こ、これはメックウォーリア! ペイントは干支に合わせたのか?ウサギちゃん!


spunch-23.jpg
ジェット噴射で上空に舞い上がるウサギちゃんメック


spunch-12.jpg
敵機を迎撃するウサギちゃんメック


spunch-18.jpg
アンバーが操縦するメック内部のコンソール 撃墜マークはドクロではなくウサギマーク


spunch-22.jpg
火炎ドラゴンに日本刀で勝負を挑むベビードール


spunch-15.jpg
この日本刀でないとドラゴンは倒せないらしい


spunch-8.jpg
おヘソに見とれていると・・・・


spunch-24.jpg
ジェットパックを背負ってで上昇するスイートピー


spunch-6.jpg
撃って撃って撃ちまくる(左から)ロケット、スイートピー、ブロンディー


spunch-14.jpg
敵はゾンビなドイツ兵?


spunch-9.jpg
巨大薙刀を華麗にかわすベビードール


spunch-21.jpg
ワイヤーアクションの撮影は重労働


なお、上記画像の順番、コメントなどは私の妄想ですので実際の映画内容とは著しく異なるかも知れません。










スポンサーサイト

クリスマスス・プレゼント!

25日に宅急便で荷物が届きました。送り主はと見ると、「ブリッツ・ギャラリー」。ということはアレかな?と思いながらいそいそと開封、出てきたのは清家富夫氏によるオリジナル・プリントでした。11月に開催されていた「Untitled」展で開催期間中のみエディション数制限無しで販売されていたプリントです。通常の展示作品はエディション数があってサイズも大きいので6万以上していましたが、これはサイズが小さいこともあって格安でした。とは言え、ちゃんとサイン入りの清家氏によるオリジナル・プリントです。

車のリアウィンドーから中を覗き込んだような構図の写真ですが、初めて観たときは「???」でした。ちょっと不思議な雰囲気の写真になっています。これがDP2とインクジェットプリンターで作られたとは思えません。もちろんRAWで撮ってそれをSigma Photo Proで現像したものですが、パラメーターはほとんどポン出しだとか。うーん、本当に?ポン出しでこんなの絵が出るのかしらん。まぁ何にしろタイミングの良いクリスマス・プレゼントとなりました。


20101225.jpg




ONWORD’11に選ばれました

今年の5月に受講したプラチナプリント・セミナー、そのときの講師だった伊藤さんは米在住でフィラデルフィアで写真啓蒙のための組織Project Basho(芭蕉?と思ったら日本語の場所ということのようです。)を運営しています。コンスタントにセミナーや実習コースを開催していますが、毎年新しい作家発掘の目的でONWARDという展示会を開催してます。そのONWARDの2011年度の公募締切りが11月末で、時間がなかったのですが何とか在庫品から4枚かき集めて応募してみたのですが、この内1枚が展示作品として選ばれました。選ばれた作品はProject Bashoで2月10日から展示されるそうです。残念ながらちょっと見には行けないなと思ったのですが、このONWARD’11がリコーがスポンサーとなって5月に日本にもやって来るとか。これはありがたいことです。

ONWORD'11は全体で614名が応募、選出されたのは63名で最も多いのはNY州からで、後はアメリカ各州、イギリスといった感じです。日本からは古田晃広(あきひろ)さんと、保坂昇寿(のりひさ)さん、そして私の3名が選ばれていました。お二人とも東京の人なので5月には会えるかも知れません。

今回選ばれたのはiPhone(1世代前の3GS)で撮ったものをiPhoneの中でアプリでゴニョゴニョと編集した写真です。投稿段階では撮影機材の情報は一切ないので純粋に写真だけで判断された訳です。うーん、iPhone恐るべし。やはりカメラは画素数うんぬんではないですね。でも他にもいろいろとカメラを持っている自分としては少々複雑な思いもあります。




パーティーで

2010コスモス展の後半が始まり、そのオープニングパーティーに出席しました。前半の時よりも盛況でプロ・アマごった煮で作品は50点以上展示されていました。オープニングトークはハービー山口さん。今回初めて生身を拝見しましたが、いつも雑誌で見かける写真よりも老けて見えました。きっと掲載されている写真が古いのでしょうか、道ですれ違っても分かりませんね。ひとまず展示作品を見て回って自分の写真を見つけました。きちんと額装されたものを観るとやはり違いますね。ちょっと感激しました。普段は全く意識してませんが、額装って人に見せるときは大事ですね。

ぼーっと眺めていると鼻眼鏡のおじいさんが話しかけてきました。話を聞いてみるとこのおじいさんはなんと今回作品に使ったピクトラン・メタルの開発者である簾田さんでした。メタルだけでなくピクトラン全シリーズを開発した方です。今回簾田さんも自作をメタルを使って展示していたので興味を持たれたようです。簾田さんの作品はヘアラインの入ったメタルを使った素敵な写真でした。こういう紙が欲しいと思えば作れてしまうのが開発者の強みです。写真の後ろからバックライトで照らしてみたいと言うとそれならピクトラン・クリスタルが一番適しているそうで、場合によっては2度刷りすると良いということでした。(最近のインクジェットならほとんどズレないそうです。それなら多重露光のような感じで濃度を薄くして2度、3度重ね刷りするのもありかも知れません。)

展示された作品で気になった写真は何点かありましたが、一番気になったのはモーガン・フィッシャーさんの写真というよりはイラストのような感じの作品でした。幸運なことに「モーガン・フィッシャー」という名札を付けた外人さんもパーティーに来ていましたのでちょっと話を聞いてみました。この人、本職はミュージシャン(元モット・ザ・フープル! 曲を聞いたことはないですが、バンド名は知っていました。)で趣味で撮っていた写真を本格的にやるようになったらしいです。日本は長いらしく、日本語で会話できるので助かりました。今回の作品は花火をカメラを手持ちで振りながら長時間露光して撮ったそうです。(いわゆるLight Printingです。)花火というと普通の人は三脚を使うところですが、それをカメラを振り回して撮るとは発想の逆転というか、すごく頭が柔らかいのですね。花火を光源にして美しい絵を描いてしまうとは恐れ入りました。とても気さくで知的な感じのする人で写真についていろいろと楽しく話をすることが出来て凄くインスパイアされました。今回の最大の収穫です。来年の1月には代々木上原でLight Printingの個展を開くそうで、これは必ず行こうと思います。(オープニングでは演奏するかも?)

簾田勝俊さんのインタビュー
Morgan Fisherさんのオンラインギャラリー


The Coveに思う

国内での公開に際して色々と物議を醸した映画「The Cove」、国際的にも強い反響を呼んだようです。この映画の是非について述べるつもりはありませんが、イルカの追い込み漁については個人的に思うところがあります。食糧難の戦中ならともかく、今の時代にタンパク源としてあえてイルカを獲る必要はないでしょう。また伝統だから続けなければならないという主張もその伝統が始まったときの必要性が現代ではもうないと思うので頷けないものがあります。逆に獲るのではなく、「イルカの来る入り江」として観光資源として利用するくらいの柔軟なやり方を取って世間を味方に付けるような町の活性化案を出せなければならないのでは?と思ってしまいます。

まあ、それは置いといて、イルカについて気になる話を見つけました。ソースはエササニ星のバシャールによる公開セッションです。バシャールがチャネルのダリル・アンカ氏と繋がって英語で話された内容を日本語に同時通訳したものです。

『もし宇宙人と会いたいと思っているのなら、私たちの目から見て地球上には既によそものがいます。地球上にいるよそものの第一は、あなた達です。第二はイルカで、第三はクジラです。外見は違いますがあなた達と同じタイプの魂です。よく夢の中でイルカやクジラと話し合います。人によっては形を変えて生まれ変わる人もいます。ですからこの地球上には2つのよそから来た種族がいます。今こうした地球の変革の時代で、そういった二つの違う種族が一緒になれるとき、よその世界とも交流できるようになります。

イルカというのは非常によくテレパシーを使っています。そして何千年もの間、他の惑星達とコンタクトしています。ですから彼らの夢の現実を、あなた方と分かち合ってください。みなさんの夢の中で、夢の現実の中で彼らはさらにコミュニケーションを深めています。それによってそういったことに慣れるように。皆さんがお産をするときには非常にそばにいて助けてくれています。彼らの愛情とエネルギーをもう少し頼ってあげてください。彼らが皆さんに与えてくれている贈り物というのは、いかに遊ぶかということです。』
(1987年5月14日の公開セッションより。VOICE刊 バシャール(1)より引用。)

『ちょっと話しは変わりますが、よその星から来た生物が二種類います。ひとつは人間と呼ばれる種族です。もうひとつは、クジラとイルカです。彼らは皆さんが言うような「動物」ではありません。皆さんと同じ様な意識が、違った形で存在しているだけです。他の星に自分と似たようなものを探しに行くとき、だいたい裏庭に一匹はいるのです。(笑)

輪廻転生という話しからすると、たくさんのイルカ達がもと人間であって、たくさんの人間達がもとイルカであったりします。ちょうどこれはアトランティスと呼ばれる、皆さんの時間で三万年から五万年昔の時代によく起きました。太平洋に存在したレムリアもそうです。その頃から地球上にいる人類が変化してきました。』
(1988年3月5日の公開セッションより。VOICE刊 バシャール(4)より引用。)

話の前後がありませんのでちょっと分かり難いかもしれませんが、バシャールによればイルカ・クジラ類は特別な存在だということのようです。人間ーイルカ間での転生なんて考えたこともありませんでした。それから異なる種族との交流ということでは映画「アバター」のことが頭に浮かんできます。政治的な意図でどうのこうのと色々批判されましたが、キャメロン監督のメッセージは全く別のところにあったのではないかと思います。

The Cove(Wikipediaによる解説)
バシャール(Wikipediaによる解説)





2010コスモス展後半用作品納品

12月14日から26日までのコスモス展用作品、結局1点選ぶことが出来ず、昨日急遽鎌倉まで行って撮ってきました。そして今日A3にプリントしギャラリーコスモスに行ってオーナーの新山さんに渡すことが出来ました。

新山氏「お、きれいじゃないですか。えーと鯉・・・かな? それとも雲?」
Nash 「な、何に見えますか?」
新山氏「水かなぁ、それとも雲? うーん?」
Nash 「逆にすると確かに雲に見えますけど、それじゃ逆さまなので。実は○○なんです。」
新山氏「○○?・・・・」

稲村ヶ崎の海岸でDP2で撮ったものをSigma Photo Proで現像してパラメーターをちょっといじっただけですが、○○は全く別の表情になってしまいました。たぶん、こういう写真を出す人はいないでしょう。でも1枚くらいヘンテコな写真があった方がメリハリがついて良いかも?ということで、どんな写真かは会場でご確認ください(笑)。

追記
上記の作品は差し替えました。実は新山さんから旧バージョンのピクトリコ・メタルをいただいてしまったのでメタルでプリントし直したのですが、どうもしっくりきません。で、試しに他のモノクロをプリントしてみるとこれが凄く良かったのでこちらに差し替えることになりました。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。