FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



インタビュー

銀座リングキューブでのONWARD展は今日で終わりましたが、実は先週ONWARDに入選した日本人3名のインタビューがリングキューブで行われ、その内容がIT LifeHackというサイトに掲載されました。インタビューなんて生まれて初めてだし、写真も撮られるので緊張して笑顔が引きつってしまいました。内容は主にiPhoneで作品をどう作ったのかについて。iPhoneでの写真で応募するってのは無謀ですが、今回色々な面でそれが良い方向に作用したように思います。とは言ってももう作品は過去のもの。今は別の方向へ興味を持っているのでiPhoneでの作品製作はしばらく凍結になるでしょう。(とは言いつつiPhoneでも撮っていますが。)来週からはレジスト塾が始まりますので、あの森山大道氏に会えるはずです。楽しみです。

IT LifeHack




スポンサーサイト



ONWARD展 @銀座リングキューブ

5月4日からいよいよ銀座4丁目のリコー・リングキューブにてONWARD展が始まりました。2月に米フィラデルフィアのProject Bashoで開催されていたものがそのまま銀座にやって来たのです。これで自分の写真が展示されているところをこの目で観ることが出来るということで早速初日に行ってきました。銀座は歩行者天国で凄い混み方でしたが、リングキューブ内はスカスカ。ほとんど自分だけの貸切状態かと思ったら、後からボチボチと人は入ってきていました。

今回は審査員となった写真家のラリー・フィンク氏による選抜で全部で70点ほど展示されており、うち3点が日本からの作品(古田さん、保坂さん、そして私)。やはりアメリカ,特にNYからが多いようです。目立つのはポートレート作品が多いのと、女性写真家のものが多いようでした。選ぶか、選ばないかはフィンク氏の感性いかんですから自分のような静的な花のモノクロ作品が入ったのはかなりラッキーじゃないかと思います。なるべくエキゾチックなものは出さないつもりだったのですが、アメリカ人の作品にはあまりない要素が受けたのかも知れません。フィンク氏自身の作風が社会派的な作風なのでそういう傾向の作品が多めなのはしかたがないのですが、やはり私のは浮いてますね(笑)。展示サイズが小さくて何が写っているのかよく分からない、という指摘もあってもっと大きくプリントすれば良かったと反省です。

今回の展示を観て注目した作品は5、6点ありました。どれも機をてらった作品ではなく、正攻法で撮った写真です。審査員の好みもあるのでしょうが、日本でのコンペの場合と比べて大人の選択という感じがします。興味深く思ったのは、女性写真家の作風が日本とはかなり違うこと。クレジットを見るまで男が撮ったのか、女が撮ったのかなんて全く分かりません。これも日本の場合と状況が異なるように感じました。確かに作品から性差を感じるというのは少々問題ではありますね。

震災の影響でフィンク氏の来日とオープニング・パーティーが中止になってしまったのが残念ですが、いずれまた機会があることでしょう。写真展示としてもいろいろな作品があって楽しめるものだと思います。海外の新進写真作家のプリントをまとめて観ることが出来る機会ですので、もし興味がありましたら是非銀座リングキューブまで脚をお運びください。

Project Bashoフォトコンペ受賞作品展 ONWARD
5/4 --- 5/22(Sun) 11:00 - 20:00
火曜日定休、最終日は17:00まで
詳細はこちら