FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



ハブダイナモ テスト中

ただいま測定中


せっかくの良い天気なのに松本から妹の家族が来襲して来たので出かけられません。なので庭で実験したりしてます。とりあえずダイオード・ブリッジとコンデンサ(470μ/50V)をハブ・ダイナモに直結して測ってみました。

一番悩んだのはハブ・ダイナモ側のコネクタ部分。車輪の取り外しが前提なので簡単に外れるようになっていますが、そのコネクタに線を固定する方法が「?」でした。実は至極単純で、コネクタの灰色部分と黒い部分を分離してから灰色の方に皮膜をむいて半田メッキした線材を差し込んで折り曲げておき、黒い部分を被せるだけでOK。テスターを接続して手で前輪を回しただけで意外にも25V以上も出ます。

25.36V


ということは急な下りでスイッチでLEDランプを点灯しようとすると瞬間的に40?50V程度の電圧がかかるかも知れません。ハブ・ダイナモの定格電流は500mAだから電流値としてはSF-501に対しては足りない位なのでOKと思いますが、瞬間的な電圧オーバーはまずそう。SF-501自体3Vx3のバッテリー動作が前提なのでそのような保護対策はないでしょうし。

ならLED点灯前に放電しておけば良いということになるので、消灯時はショート・スイッチで短絡しておき、点灯が必要になったらショート・スイッチを解除すれば・・・良いのかな?
あれ?、ダイナモをショートさせるとコイルに電流が流れて電磁ブレーキか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/10-7ccb46ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)