晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菩薩への道

拝御さんの企画で青梅方面ポタ行きますという呼び声を聞いて行くことにしました。立川駅前に9時集合というのが遅刻常習者としては難関でしたが幸い目覚まし猫がいつもより1時間も早く起こしてくれたお陰で予定通り出発することが出来、ルートもしっかり暗譜しておいたので無事予定時刻に駅前に到着出来ました。駅前にいたのはtoMoさんと愛車のAntだけ。コンビニで買い物をしたところで真紅のBD-1にまたがったKIMIさん到着、最後に拝御さんがBSモールトンで登場して全員集合しました。

出発前に我々は今日どこに行くことになるのかで話合いがあり、それじゃひとまず梅うどんでも食してから様子を見て決めましょうかと目的地不明のまま出発。コース選択には、
・極楽コース (文字通り楽チン・ポタコース)
・菩薩コース (ヒルクライムで昇天して菩薩を見るかもコース)
と二通りのコースがあったのですがNashは今日は極楽コースかなと軽く考えていました。(菩薩コースは先週の拝御さんのブログ読んでビビッてましたから。)

まずは多摩川CR->吉野街道を走って約1時間半で拝御さんお勧めの日向和田の「美よしの園」へ。吉野梅郷ということもあって店内は梅尽くしです。梅に関する食材は梅干から梅パスタまで全てありました。麺に梅を織り込んだ梅パスタには惹かれましたがどんなソースをかけたらいいのか想定外の食材でまた今度ということに。昼には少し早い時間だったので店内貸し切り状態で早速梅うどんを注文してみました。

1014misuzu.jpg
美すずの園


1014udon.jpg
ピンクの梅やまかけうどん(ちょっとピンボケ)


頼んだのは「梅やまかけうどん」。蕎麦のような太さのピンクのうどんがダシのような透明な汁に浸かってます。知らずに出されたらちょっと引いてしまうかも知れませんね。で食べてみるとうどんにかすかに梅の酸味があり、ダシは結構濃厚です。毎日食べたくなるようなものではないですが食の気分転換には非常によさげです。他の人が食べていた「梅ざるうどん」も味の作りは同じようでした。最後に店のサービスで振舞われた梅の御新香が出てきてこれはカレーの付け合せに合うということで全員の意見が一致。少し酸味があってパリパリしていてピクルスみたいでこれはいけます。

満腹状態で次は吉野街道->青梅街道をひた走って奥多摩湖駅->小河内ダムへ。前回来た時はNebulaさん、GaoYanさんと一緒でしたがあの時は「もえぎの湯」につかってダムまでは走らなかったのでした。ダムまではトンネルがたくさんあるのが走り辛いですがそれほどの難坂でもなくダムに到着。休憩所のあたりにはモーター・バイクが多数いましたがヒューマンパワード・バイクは我々以外Dahonに乗った人を一人見かけただけでした。

1014damu.jpg


しばしダムを散策してからさてこれからどうするかということに。なんだかだんだん風向きは怪しい方向に向かっているようで、結論:「のめこい湯」を目指すぜ!とかいうことになってしまいました。心中密かにやべ?と思いつつも最悪押せば7kmで何とかなるさ!という囁きもあって出発進行。ダム沿いの道はほとんど平坦で車両も少なく快適でしたが山梨県に入った頃からお約束どおり心肺限界とのせめぎ合いが続きます。決して激坂などではないのですが脚が喰われる喰われる、おまけに酸素供給が間に合わないので辛いこと。それにNash以外の3名は小径車なのでケイデンスが低くてこちらとペースが合いません。低いケイデンスがあまりに辛いので途中でダッシュして先に出ますがエンジンが持たず湯気を噴いて停車。こうして追いつ抜かれつしてようやく「のめこい湯」に到着しました。今の季節だからいいもののこれが夏だったら途中から押しだったと思います。

1014ogamio.jpg
「のみこい湯」へ到着(BSモールトンの拝御さんリベンジ達成!)


1014nomekoi-1.jpg
川の向こう側にある建物が入浴場


「のめこい湯」はなかなか趣のある温泉で道路から川を釣り橋で渡って温泉施設にはいります。「もえぎの湯」よりもこじんまりしてますが土曜日の午後なのにそれほど混んでないのでゆったり出来るのが良いですね。(前回の「もえぎの湯」は順番待ちでした。)ゆったりお湯に浸かって売り切れた脚も充電されたようです。しかし到着したのが遅かったのですぐに日が暮れ始め、おまけに曇天なので帰路が心配になってきて4時半に「のめこいの湯」を出発。幸い雲が薄くなり多少夕陽が射すようになったので助かりました。とりあえず奥多摩湖駅を目指します。

往きとは反対に脚は楽ですが下りでの落車トラウマもあって怖いこと怖いこと。後ろから車両がほとんど来ないので良かったのですが徐々に暗くなる空とワインディング・ロードとトンネル。心中「ウヒ?」という感じでなるべく早く明るい安全な場所に出たい気持ちで先を急ぎます。特に怖かったのが路面が水浸しになった長いトンネルで下っているものですから何時の間にかスピードが上がリ過ぎていたり出口直後で急カーブしていたりとハラハラでした。ブレーキかけ過ぎればスリップしてしまいそうでこの辺りはパナレーサーのヴァリアント(ウェットでもグリップが落ちない)に助けられたのかもしれません。それと南米号の強力LEDライトのありがたさを思い知りました。登りではハブ・ダイナモは単なるお荷物ですがこういう状況ではほんと助かります。

無事全員が奥多摩湖駅前に到着するともう真っ暗で冷え込んできました。燃料補給ということになって以前に行ったことのある釜飯屋を目指して走りましたがあいにく営業終了で入れず。プランBということで以前に拝御さんとKIMIさんが行ったことのある山城屋という店に入りました。鴨鍋を頼んでみるとこれがけっこうなボリュームで最後にご飯と卵をいれておじやにして大満足。(卵は2回に分けて入れたほうが良いと他のお客さんから教わりました。)これで体もすっかり温まり充電完了です。

1014nabe.jpg
鴨鍋+おじやで大満足 (またちょっとピンボケ)


店を出ると8時半ですがまだ青梅の手前です。青梅駅まで走って14インチ車のAntで板橋から自走で来たtoMoさんは青梅駅から輪行するということになりこちらでお別れしました。Antの輪行時スタイルは初めてみましたがなんともスマートです。走行性能を考えると凄いバイクだなと思います。(そうそうエンジンも凄い。)

残り3名は立川まで戻りKIMIさんとお別れ、その後東八道路まで出て拝御さんとお別れとなりました。一人になった後で曲がる所を間違えて調布に出てしまい甲州街道経由で23時40分に帰宅となりました。久しぶりの遠乗りで疲労しましたが意外に脚やお尻は大丈夫、でも両手や背中の方がかなり疲労した感じです。

走行距離:178km
走行時間:8時間20分
平均時速:21.3km

コメント

そういえば、これが新しくなっておりました。

http://video.google.com/videoplay?docid=-274981837129821058

  • 2006/11/01(水) 13:34:10 |
  • URL |
  • Nebula #-
  • [ 編集 ]

Antは

輪行しないといけないバイクですよ。
往復自走なんて論外(笑)

  • 2006/10/18(水) 02:24:32 |
  • URL |
  • Nash #Dg7UdZ/w
  • [ 編集 ]

ケイデンスか!

なるほど、ケイデンスがかなり違う事を、走っている最中はすっかり失念しておりました。というよりも、必死に上っていたので考える余裕が無かったのが正しいです(笑

青梅駅でantを畳んだとき、皆さんの反応が良くてちょっと嬉しかったのは秘密です(笑

  • 2006/10/17(火) 21:17:31 |
  • URL |
  • toMo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/131-195732b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

48Tx26T

本日は、拝御さんに便乗して青梅方面にGoです。 立川に9時集合、この時点での予定...

  • 2006/10/17(火) 21:11:38 |
  • まんぼう通信局

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。