FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



気になる現像ソフト

RAWでの撮影などまだやったことはありませんがいつかは挑戦するつもりでいます。となるとどうしても必要となるのが無加工のRAWデータを処理する現像用ソフトです。一番良く耳にするのは市川ラボ製のSilky Picsでしょうか。意欲的に開発がされているようでバージョンアップも頻繁なようです。で気になったのは今回新たに市川ラボから発売されたJPEG画像用の現像ソフト、「SILKYPIX JPEG Photography」というもの。今までの現像ソフトとは違ってJPEG画像から一時的に疑似RAWデータを生成して現像(調整)を行い、再びJPEGへ戻すというソフトです。これなら過去に撮り溜めたJPEG画像もこれで現像して微妙なレタッチをすることが可能になります。本格的なRAW現像ソフトに比べて価格が安いのも魅力です。

もう一つの現像ソフトは「RAW Studio v0.5」というものでLinux用のオープンソースで開発が行われている現像ソフトです。ベースはコマンドラインのdcraw(Digital Camera Rawかな)というソフトでそれに対するGUIという構成になっています。Linux+GTK2.0という縛りはありますがこれなら無料で使用出来ます。Linuxのデスクトップ環境が必要になりますが最近はブラウザー環境も整ってきたしOpenOfficeもあるしでLinuxデスクトップ環境はあってもいいかなと思います。デジタルフォト用のファイルサーバーとして構築すれば便利かもしれません。

それより前に今までの写真データをうまく管理する方法を考えなければならないです。いろんな所にデータが散在していてどこにいつの何が入っているのか分からない状態で新しい写真がどんどん増えるのに一向に整理が出来ていません。

コメント

RAWはこれから

一時期500万画素のデジカメでRAWでも撮影していましたが、ファイルがでかくてメモリへの書き込みに時間がかかり、撮影枚数も少なくなるので余程でないとRAWでは撮らなくなりました。
あとで画像を加工して出力することが想定されるならRAWで撮っておく必要があると思いますが、それ相当の環境も整っていなければ意味がないし..。
WindowsVistaではOS自体がRAWデータをサポートするそうてすが、まだ試してません。(^^;

  • 2007/02/13(火) 02:32:12 |
  • URL |
  • nekono #EBUSheBA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/165-7f8d1ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)