FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



MC-1 スプロケット検討

最近ちょっと遠ざかっているMC-1ですが暖かくなってきたこともあるのでそろそろメンテナンスしようと思ってます。で一番気になるのは例によってスプロケットです。小さな16インチ・ホイールにDeoleLXの34Tという巨大なスプロケット。以前はデカければデカい程いいんだと思い込んでいましたからなんの迷いもなく付けましたが、BikeEの場合と同様にあまり大きなロー・ギアは使い道があまりありません。脚の使い方を間違えればいくら大きなギアが付いていても無駄なことで疲労した脚をギアが助けてくれることはありません。そこでBikeEの時と同じようにもう少しクロスレシオなスプロケットを探すことにしました。

MC-1の場合は折り畳み機構の都合から9速のスプロケットからトップの1枚を外して8速として利用しています。(一部トップギアと干渉してしまう)8速もあれば実用上全く問題はないので同じように9速のTiagraから探すと11T-25Tのセットがあります。
 (11)-12-13-15-17-19-21-23-25
とりあえず12-25が使えますのでこれでもOKですがもっと良いものがありました。9速と言えばMTB系は今も変速システムは9速中心ですのでその中で探すとDeoleLXのスプロケットが使えそうです。DeoleLXにはローが32Tのものと34Tのものがあるのですが歯数の構成はかなり違います。
 (11)-12-14-16-18-21-24-28-32
 (11)-13-15-17-20-23-26-30-34
で、この2種類をバラバラにして2個イチ化すると、
 (11)-12-13-14-16-18-20-23-26
トップ側はクロスレシオっぽくなり、ロー側は26Tとちょうどいい感じの組み合わせが出来ます。ローの26は28にしても良いかも知れません。組み合わせとしては先のTiagraよりずっと良さそうです。既に手元にはBikeEで使っていた34Tのスプロケットがあるので32Tのセットを買い増しすればこれは出来ます。手持ちの34Tを確認するとトップ3枚はバラバラになり、残り6枚は一体化されてますが良く見ると六角ねじで留められているだけなので2個イチ化は問題ないでしょう。巨大な30T、34Tのギアが無くなって多少軽くなりますし、飛び飛びのギアも少なくなりますから今よりもっと走り易くなるはずです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/193-e09d2199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)