FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



最強のシートポスト

グランテックGR-27がやって来たその日の内にバラして各部別にレストアしようとしていましたが、どうにもこうにも動かないのがシートポストの固着。毎日オイル注入して日向にさらしてはひっぱたく、これを繰り返してみましたがコンマ1mmも動きません。これが動いてくれないことにはポジション調整が出来ませんから困りました。かくなる上はプロに依頼するしかないという結論に達して今日の午後、新宿都庁の裏手にある「サイクルメンテナンス」までPistaで走ってシートポストを持ち込みました。ここは自転車のメンテナンスを主な業務としている変わったお店で完成車販売は1台もしたことがないそうです。

店長のIさんから、まずはやってみないと分かりませんが料金が発生するという認識はよろしいですかと確認されて、OKということでその場でやってもらえることになりました。一時預かりかなと思っていたので意外です。早速始まった作業の様子を見守ることにしました。まずシートポストのヘッド部分をハンドソーで切り落とします。そして切断面に見えた空洞部分をドリルで広げます。ここからが凄いところで圧縮空気を利用するエアソー(今回初めて見ました。)に金鋸用の歯をつけて穴から鋸を入れてアルミ・シートポストを内側から切っていきます。つまり二重になって密着したパイプの内側から内側のパイプだけを切る訳です。見ているだけでもドキドキする作業でやり過ぎればシートチューブも切ってしまう非常に神経を使う作業です。30分ほどで切れ目が入り、今度はパイプレンチで先端を掴んでポストを回そうとしますがガンとして回りません。大きな万力に固定して回そうとしてもだめ。通常はこの段階でシートポストが動いて外れることが多いようなのですが。

仕方なくもう一ヶ所にも切れ目を入れることになりました。再びエアソーで慎重に切断作業を行います。このスギノ製シートポストはかなり肉厚のようで切断にも時間がかかるそうです。切れ込みが入ってあと皮一枚といったところからは手作業で感触頼りの作業。なんせパイプの中のパイプだけを切らなければならないのに鋸の刃先が見えないのですから難しい作業です。2本目の切れ込みも入り、再びパイプレンチでこじるとシートポストの1部、約四分の一が外れました!思わず安堵の溜息。これでなんとかなるかも。再び万力にシートピラーを固定して注油しながらパイプレンチでシートポストを掴んで回します。が、全然回りません。Iさんも「いやぁ?、こりゃ頑固だなぁ。」と少々焦りの色が浮かびます。しかしここまで来れば絶対動くはずと満身の力を込めて何度もトライするIさん、すると、
「ギッ」
と音が。ひょっとして動いた?見た限り動いたようには見えませんがIさんは「よし!」と言って作業を続けます。そのうちはっきりシートポストが回ったのが分かるようになり、とうとうズポッとアルミ製シートポストが抜けました!は?っと溜息が出ます。驚いたのはこのシートポスト、意外に短いことで長さと固着の度合いとは関係ないようです。Iさん曰く「15年間やってますがこんなに手強いのは初めてですよ。いやぁ、いい勉強させていただきました。」とのこと。こりゃ自分でいくらやっても外れない訳です。プロに頼んで正解でした。結局作業時間は全部でなんと3時間。えらい大変な作業を頼んでしまったものです。でもこれでなんとかグランテック修復に目処が立ちました。Iさん、本当にお疲れ様でした。

20070504seatpost.jpg
見事に切断されたシートポスト 固着って凄い

コメント

へぇ~

そ、そうだったんですか(^^;)
実は行った時にこちらで製作したホイール組のDVDを買いました。
まだ観てませんが果たしてどうかな?

  • 2007/05/05(土) 08:29:07 |
  • URL |
  • Nash #Dg7UdZ/w
  • [ 編集 ]

その道のプロ

レストアもやるぐらいだから特殊な工具も揃ってますね。
以前サイクルメンテナンスのメンテ本を買ってみましたが、写真はいっぱい使ってあるけどわかりにくい。(^^;
整備の技術力があるのはわかるけど、メンテ本の監修はその道のプロに任せた方がいいかも。

  • 2007/05/04(金) 20:14:05 |
  • URL |
  • nekono #EBUSheBA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/204-f43809c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)