FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



グランテック・テストラン (リベンジ編)

思った通りチェーン・テンションの調整で失敗しましたが、設定を変えて再チャレンジです。フロント側は38Tからより大きい48TのBiopaceへ変更しました。それに応じてリア・スプロケットも16Tへ交換、今度は半コマのリンクを使うつもりで厚歯用としました。チェーンも厚歯用を買い直しました。KMCの710SLというやつですがBMX用チェーンのようです。結果として歯数は違いますがドライブ・トレインの構成はBianchi Pistaと同じような構成になってしまいました。違うのは半コマのリンクを使う点だけです。

エンドのドロップ最奥にシャフトをセットした状態でまずはギアにチェーンをあてて長さを決めます。シマノの小さいチェーンカッターでカットしてから半コマを挿入、それから付属のリンク・プレートでチェーンを接続しました。今度は割りと良い感じでテンションは弱すぎず、強すぎずという感じになりました。この程度なら充分いけそうな予感です。問題はチェーンラインが真っ直ぐでない点ですが回した感触ではギリギリなんとかなりそうです。これを直す為にはより軸長が短いBBへの交換が必要ですが、そうするとチェーン・テンションにも影響がでるのでちょっとやっかいです。

20070509gr-27-2.jpg
ディレーラーがなくなったのでリアエンドはすっきり


この状態で再び家の周りを1周してみます。ペダルは前より重くなりました。(ギア比3.0)坂道発進はきついかも知れません。まず下り坂は問題なく通過、そして前回ダメだった登りです。今度はなんの問題もなく登れます。途中からはダンシングしてみましたがフレームも問題なく充分な剛性と感じられました。折畳みとは思えないほどです。ただハンドル位置が手前過ぎてドロップハンドルの様に力をうまく入れられません。これはブルホーンあたりに変えれば解決できそうです。

あとはフロントだけでもブレーキを装着すれば何とか走れる状態になります。これで700Cのミキスト・フレームで折畳み式で固定ギア車でしかも非円形ギアでチューブラータイヤというちょっと変態な自転車に目処がつきました。

20070509gr-27-1.jpg
あとはブレーキを装着すれば走行可能


20070509gr-27-3.jpg



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/207-3a58f457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)