FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



謎カメラ(2)

リチウムバッテリーを交換してみたら何の問題もなく動き始めたミノルタα-7xi、調べると1991年のデビューです。出来得る限りの自動化を果たしてマニアックなファンからは反感すら買ったようです。実はNashも昔はアナログ1眼を持っていましたが、確かにああいうマニュアル感覚とはかなり隔たりがあってびっくりです。(というか単にNashが遅れてるのか・・・)思いっきりカメラがサポートしてくれますからシロートでもある程度以上の絵が撮れます。それをうるさいと思うマニアの感覚もよーく分かります。「ここはこうしたいんだっ!」というのにカメラの方で勝手に解釈してしまうんですからねぇ。でもこれを成し遂げた技術は凄いもんです。

20080226InteliCard.jpg


さて謎のカード、ネットで調べたらインテリジェント・カードシステムというのだそうです。要は今風のデジカメで言えばシーン・セレクターですね。プログラム露光のロジックを切り出して外付けカードとして交換可能にしたもののようです。最近のように大容量のメモリーがなかったので苦肉の策ということなのでしょうか。でもなかなか遊び心がある仕掛けということが出来るかも知れません。このカード、最終的には25種類も作られたそうです。手元にあるのはポートレートというのとトラベルというものでそれぞれ想定した条件での優先項目が異なるようです。もちろんこれらのカードが入っていてもそのアシスト機能を殺して人間の判断だけで撮ることも出来るそうです。

しかしです、いろいろ調整が出来るようですが取扱説明書無しの状態ではチンプンカンプン、このダイヤルを回すとヘンテコなアイコンが表示されるのは分かりますが、果たしてそれが何を意味するのか?おまけにやたらとパラメータも多いことが拍車をかけて・・・
試行錯誤の末、「P」がプログラム露光モード、「S」がシャッター速度優先モード、「A」が絞り優先モードというのは分かってきましたが、その他の宇宙人の象形文字みたいなやつは??このボタンとあのボタンは??まだまだ謎カメラです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/305-eddc8276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)