FC2ブログ

晴れのち自転車時々猫

チェリー、スミレ、スパッツ、スージー、それに自転車とかカメラ類と戯れる日々を綴ります。



針穴初現像あがり

ようやく先週川崎で撮ったPinhole Blenderのリバーサル現像があがったので受け取ってきました。店員さんいわく「これ、切れないのでそのままですよ。」そうそう、いいんです、それで。店頭でチラッと見たところ何か写っているようです!ドキドキッ。早速家に持ち帰ってチェックしてみると・・・・

確かに写ってますが、痛いのは各コマとも一定間隔でカブってしまってます。これはフィルムローディング時にフィルムロールが緩んでしまったのが原因。まぁ40年ぶりのブローニーですから仕方ないかもです。さてさて、各コマはどうか?

写ってました!かぶりがあるので絵の下部がかなり白く飛んでますが露出はそんなにひどくなかった様子です。さすがに本堂の中で撮ったのは真っ暗で明かりの部分しか写っていませんでした。多分10分以上の露光が必要だったのでしょう。

境内の焼きそば屋台のおばさんのショットはフィルム巻き上げに失敗していて五重の塔とダブルイメージとなっていました。そのため残念ながらおばさんの顔がよく分かりません。横の拝御さんの姿は微かに識別できます。あとファインダーがないのでフレーミングがずれてねらった木が中央から外れていたり、なんだか分からないショットだったりでまともに写っているのは4コマほど。ま、1枚でも写って入れば成功ですから今回は大成功ってことにしましょう。(かぶりを除いて・・・)

露出はあの晴天下で10秒程度でしたが(ISO64)、もう少し延ばしても良かったようです。影に入ったショットはかなりアンダーで多分30秒以上必要だった感じです。次はちゃんと露出計で確認しながら撮らなければと反省。あとフィルム巻上げミスが3回もあり、せっかくの傑作(?)がダブルイメージとなってしまっていました。撮ったら必ず次に備えて巻き上げるとか習慣づけしないとダメですね。

もう一つの大問題。せっかく写っていたのですからここに載せたいのですが、リバーサルなのでスキャナーで取り込まないといけません。が肝心の透過型スキャナーがありません。フィルムスキャナーを新たに買うか、小型のライトボックスでごにゃごにゃするか、少々悩みます。ひとまずメモ帳でなんとかしましょう。

20080312-1.jpg
フィルム下側が被っているのが分かります


20080312-3.jpg
大師の境内で熟睡中の白猫君


20080312-2.jpg
これが今回のベストショットかも


コメント

うーん、それは

難しいかも。
露出がマニュアルでなくてプログラム式だと絞り値F200とかF300ってのは想定外ということでシャッターが切れないかも知れないですよ。

  • 2008/03/15(土) 15:46:59 |
  • URL |
  • Nash #Dg7UdZ/w
  • [ 編集 ]

走行写真?

なるほど!
フィルム面が湾曲しているので、超広角のような糸巻き収差で映るのですね?
これはなかなか面白い。
まるで、ダッシュしながら撮ったように見えますw
フィルム管理を考えるとちゃんとした針穴写真機にはすぐに手が出ませんが、T9君の余生を
なんちゃってピンホールにするってのも・・・・・、あーダメだ、マニュアル対応じゃねぇ(爆。

  • 2008/03/15(土) 07:09:30 |
  • URL |
  • DFR.@XRF #0WSlQOM6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haretokidoki.blog63.fc2.com/tb.php/317-8f813cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)